大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

安井金刀比羅宮 

安井金比羅宮は京都市東山区にある神社で、「安井のこんぴらさん」で知られています。

yasui1 B

安井金刀比羅宮の略縁起

第38代天智天皇の御代(668~671)に藤原鎌足が一堂を創建し、紫色の藤を植え藤寺と号して、家門の隆昌と子孫の長久を祈ったことに始まります。
第75代崇徳天皇(1123~41)は特にこの藤を好まれ、久安2年(1146)に堂塔を修造して、寵妃烏丸殿(からすまどの)を住まわされました。
崇徳上皇が保元の乱(1156)に敗れて讃岐(香川県)で崩じられた時に、烏丸殿は寺中の観音堂に上皇より賜った自筆の御尊影をお祀りされました。
下って治承元年(1177)、大円法師が御堂にご参拝されましたときに、崇徳上皇がお姿を現わされ往時の盛況をお示しになられました。
このことを直ちに後白河法王にお伝えし、詔によって建治年間(1275~77)に建立された、光明院観勝寺が当社の起こりといわれています。
光明院観勝寺は応仁の乱(1467~77)の兵火により荒廃してしまいましたが、元禄8年(1695)に太秦安井(京都市右京区)にあった蓮華光院が当地に移建されました時に、その鎮守として崇徳天皇に加えて、讃岐金刀比羅宮より勧請した大物主神と、源頼政を祀ったことから安井の金比羅さんの名で知られるようになりました。
明治維新の後、院を廃して安井神社と改称しましたが、第二次大戦後安井金比羅宮となり現在に至っています。


この烏丸殿こそが信西の娘とされる阿波内侍のことです。

崇徳天皇は藤寺の藤を愛し、寵愛した阿波内侍を住まわせて、たびたび御幸しました。
崇徳上皇が保元の乱後、讃岐に配流された後、阿波内侍に自筆の尊影を下賜しました。
崇徳上皇が讃岐国で崩御すると、失意のもとに阿波内侍は出家して尼になり、崇徳上皇の自筆の尊影を藤寺観音堂に奉納しました。
平家滅亡後は、建礼門院徳子に付き添い、大原寂光院で余生を送りました。

源頼政が合祀されたのは、蓮華光院(安井門跡)の初代・道尊僧正が高倉宮・以仁王の遺児であったためと考えられています。

yasui2 B

安井金比羅宮

祭神として崇徳(すとく)天皇、大物主神(おおものぬしのかみ)、源頼政(みなもとのよりまさ)の三神を祀る。
社伝によれば、保元の乱(1156)に敗れて讃岐(香川県)で崩じた崇徳上皇の霊を慰めるため、建治年間(1275~1277)に大円(だいえん)法師が建立した光明院観勝寺(かんしょうじ)が当社の起こりといわれている。その後、観勝寺は応仁の乱の兵火により荒廃し、元禄8年(1695)太秦安井(右京区)にあった蓮華光院が当地に移建され、その鎮守として、崇徳天皇に加えて、讃岐金刀比羅宮より勧請した大物主神と源頼政を祀ったことから、安井の金比羅さんの名で知られるようになった。
本殿東の絵馬館には、奉納された大小様々な絵馬が陳列されており、江戸時代の画家山口素絢(そけん)等の作品も含まれている。
また、境内にある「久志塚」は、古い櫛の供養のために築かれた塚で、毎年9月の第四月曜日に櫛祭が行われる。
(案内板)


境内にある石碑(写真右)は縁切り・縁切り石といい、高さ1.5m、幅3mもの巨石で、中央の穴を右から左にくぐると縁切り、逆は縁結びとなります。

yasui3 B

また境内に奉納され絵馬を集めた絵馬館もあります。

縁切りは男女の縁、タバコ、酒、病気などにもいいとのこと。

あなたなら何の縁を切りたいですか?


F2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。


スポンサーサイト

Comment

安井金比羅宮! 

この神社は建仁寺の横ですね。知っていましたが、参拝したことがありません。このように詳しく知ると見たくなります。次回の京都行きで見ることにします。
ありがとうございました。

四方さんへ 

ここは祇園から近いので、参拝しやすいところにありますね。
しばらく行っていないので、次回の京都行きでまた参拝しに行ってみます。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2012.06/08 12:01分 
  • [Edit]

初めまして♪ 

すごく勉強されてるんですね。
すばらしいブログです。
ぽちしました。
私のサイト良かったら見てください。
ご迷惑だったらごめんなさい。
  • posted by なおなお 
  • URL 
  • 2012.06/08 13:41分 
  • [Edit]

なおなおさんへ 

訪問ありがとうござます(*^_^*)

ぽちありがとうございました!

後でサイトを拝見させていただきますね。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2012.06/09 00:36分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
119位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
23位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析