大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

神戸の源平史跡を訪ねて(26)源平勇士の碑

次回8月12日の「平清盛」の放送がお休みなので、その間に神戸の源平史跡の記事を進めていきます。

寿永三年(1184年)源平一ノ谷合戦で、平通盛は、この付近で、源氏方の木村源吾重章と相討ちで亡くなり、また平盛俊と討ち取った猪俣小平六則綱もこの付近で戦死したため、彼らを供養する碑が源平仲良く祀られています。

平道盛は、平教盛の嫡男で、平教経らの兄。妻は小宰相。
父の教盛は平清盛の弟にあたり、「門脇中納言」と呼ばれ、嫡男の通盛も幼くして従五位下・蔵人に任じられました。
越前国の知行国主は清盛の嫡男の平重盛であり、甥の通盛は国司となりましたが、重盛が死去すると、後白河法皇は越前国を取り上げ、通盛も国司を解任されてしまいました。清盛はこれに怒り、やがて治承三年の政変が起こり、この政変によって通盛は越前守に復帰しました。(Wikipedia参照)

img_5374_b.jpg

これらの碑はもと西国街道沿いにありましたが、道路の拡幅工事によって現在の地に移築されました。

また、明泉寺付近で討ち死にした平知章の碑をここに移し、敵味方の隔てなく、源平勇士の墓として、あわせ弔ったといわれています。

img_5373.jpg

高速・地下鉄長田駅から西に約200m、3分ほど歩くと、湊川の東川沿いにあります。
東隣りは村野高等学校グランドになっています。

F2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。



スポンサーサイト

コメント

神戸! 

 Jazz City Kobe! & Rock!
アメリカのSFO=サンフランシスコで初めてJazz聴き感動!その後、NYC=ニューヨークでRockを見に行き感動した20代末から30代、SFO駐在の友人のムスタングで真夜中坂道をブリットばりにぶっ飛ばし、道の尾根では車は宙に浮かびます!これ本当です!
青春の残骸は神戸のJazzと大坂南のアメリカ村のRockです!
ここ数年というか、胆嚢摘出から昨年の10月まで養生で行っていません!
若い女性の綾部市議会が頑張ってくれた7月のあやべ水無月(みなつき)祭りの「由良川Rock Fesutival」も今年8回目で終わり、誠に残念!
また、神戸へと!






四方さんへ 

四方さんは、アメリカでの思い出がたくさんあるのですね。
そこで聴いた生の音楽は忘れられないでしょう。
外国旅行はもう久しくしていません。
今は国内旅行で満足しています。
神戸も好きな街なので、何度でも行きたいです。
  • しずか 
  • URL 
  • 2012年08月09日 10時41分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
135位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
23位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

右サイドメニュー