大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

高松殿と信西邸

高松殿址(高松神明社)は、 醍醐天皇の皇子・源高明(たかあきら)の邸宅で、高明の娘・明子が住んでいたことから高松殿と呼ばれました。(後に明子は藤原道長の妻となる)

takamatu1.jpg

その後、後白河天皇の内裏となり、保元の乱では後白河天皇の本拠地となり、源義朝平清盛らがここに参集して白河の地へ攻め込みました。

平治の乱で全焼してしまいましたが、鎮守社の高松神明神社が今も残っています。

takamatu2.jpg

高松殿址の由緒 C

高松殿は、醍醐天皇の皇子、西宮左大臣とよばれた源高明(914~982)の邸宅で、「拾芥抄」に「姉小路北 西洞院東 高明親王家」と記す。
 高明の女明子は、当所に住して高松殿と称され、後に藤原道長の室となった。その後、三条天皇の皇子小一条院の御所ともなったが、文献では治安元年(1021)と、さらに100年後の保安元年(1120)に焼亡記事が見える。
 院政期の久安2年(1146)には、鳥羽上皇の命により新造され、造営には、後に大蔵卿となった長門守源師行があたっている。久寿2年(1155)には、後白河天皇が当所で即位し、保元2年(1157)まで内裏となり高松内裏とも称された。
 保元の乱(1156)の際には、崇徳上皇方の白河北殿に対して、後白河天皇の本拠地となり、源義朝や平清盛らの軍勢がここに参集して、白河の地へ攻め込んだことはあまりにも有名である。
 その後、平治の乱(1159)に御所は焼失するが、邸内にまつられていた鎮守社高松明神は、現在も高松神明神社として残る。 (案内板より)

「平治物語」によると信西入道こと藤原通憲の邸宅は、高松殿の西側、左京三条二坊十四町(姉小路西洞院)にあったとされています。

平治の乱で、高松殿に加え、信西の屋敷も襲撃されましたが、信西はそれを察知して事前に逃亡。

義朝は、信西が女装して逃亡することを阻止するため、女、子どもの区別なく殺したといいます。

F2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。


スポンサーサイト

コメント

NoTitle 

「義朝は、信西が女装して逃亡することを阻止するため、女、子どもの区別なく殺したといいます」なんか、ひどい話ですね。

源高明 明子なんて名前が出てくると平安時代を思い出します。
自分の方のブログが鎌倉末まできたもので、平安時代、はるか昔という感じなんで。

高松殿! 

 姉小路北、西洞院東!今の中京区のど真ん中のごちゃごちゃした所にあったのですね!
 リュックサックでトレキングシューズでこの近辺を歩かないと見つかりませんね!
 7月の旅行が終わったら、飛騨・信濃車一人旅をも計画中で、その間に入れたいと思っています。
 暑い京都を歩くのも一興です!

YUMIさんへ 

いつの時代も、罪のない人が争いに巻き込まれて命を落とすということが繰り返されていますね。

私は平安と鎌倉を行ったり来たりで、なかなか他の時代に進めません(^_^;)
  • しずか 
  • URL 
  • 2012年06月26日 10時42分 
  • [編集]
  • [返信]

四方さんへ 

四方さんはもう次の旅を計画中なのですか!

早いですね~(^_^;)

私なんてまだこの前の旅の写真が整理できない状態で・・・

夏は名古屋、京都、大阪に行きますが、暑い中あまり歩き回る自信はありません。
  • しずか 
  • URL 
  • 2012年06月26日 10時47分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

源氏は田舎者なんで、戦争も礼儀もないし、義経のように戦略家ではあるけれど,当時の戦い方なんかは、全部無視したために、平氏は恐れたんですね。 アウトローにはルール無しで戦わないとね!
  • 源平合戦 
  • URL 
  • 2017年05月11日 22時27分 
  • [編集]
  • [返信]

源平合戦さんへ 

初めまして!
コメントありがとうございます。

私は義経きっかけで、歴史が好きになりました。
源氏平家問わず、ゆかりの地を訪ねていくうちに、どちら派でもなくなってきましたけどね😄
  • しずか 
  • URL 
  • 2017年05月11日 22時37分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
135位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
23位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

右サイドメニュー