大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

野間大坊(1)源義朝の墓

野間大坊は、愛知県知多郡美浜町にある真言宗の寺院で、正式には鶴林山無量寿院大御堂寺(かくりんざん むりょうじゅいん おおみどうじ)と称し、源義朝ゆかりの寺として有名です。

img_3552_b.jpg

白河天皇の勅願によって承暦年間(1077~1081)に建立したと伝えられていますが、義朝を弔うために平康頼が小堂を建てたことに始まるという説が有力で、頼朝が墓参に訪れた際に堂塔伽藍を再建したともいわれています。

大門はその時建立されたものです。

大門

img_3594_b.jpg

img_3595_b.jpg
 

以後、豊臣秀吉、徳川家康の庇護を受けて発展しました。

本堂

img_3567_b.jpg

img_3569_b.jpg

野間大坊(由来)

天武天皇(673~686)の時、役の行者が草創、聖武天皇(723~749)の時行基菩薩が再び開基し、弥陀三尊を守置し阿弥陀寺と称した。
弘法大師は当寺に留錫、一千座の護摩供養を修し庶民の幸福を祈った。
白河天皇の承暦年間(1077~1081)一山を再建して勅願寺とし大御堂寺と命名された。
親筆の金字の妙典八軸を納められた。
源義朝公憤死の地で境内に墓地がある。
又、縁結びの弁財天が良縁を授ける。
建久元年(1190)源頼朝公により、守本尊開運延命地蔵菩薩が奉安された。
守本尊は定期佛師作ではじめ平清盛の母の池の禅尼念持仏であった。
頼朝十三の時平治の乱に敗れてとらえられたが、池の禅尼の命乞いによって助けられ、後天下を治めることが出来た。
その時禅尼地蔵尊を頼朝公に与え、公は父の廟参の時当寺に納めた。
尚、頼朝公相伝の延寿の秘法が当寺に伝わっている。(案内板より)


本堂向かって左側には、鎌倉幕府五代将軍・藤原頼嗣寄進の梵鐘がある鐘楼堂があります。

鐘楼堂

img_3580_b.jpg

img_3581_b.jpg
 

平康頼の墓

img_3570_b.jpg

img_3572_b.jpg


平治の乱に敗れた義朝は、野間内海荘の荘司で、政清の舅である長田忠至の館にたどり着きましたが、恩賞目当ての忠致・景至父子の裏切りに遭い、義朝は風呂場で殺害され、政清は酒を飲まされて騙し討ちに遭い、殺されてしまいました。(「平治物語」)

しかし、「愚管抄」によれば長田父子の陰謀を察知した義朝が、政清に自らの首を打つよう命じ、斬首した後に政清は自害したとされています。

義朝の墓には、義朝の最期の言葉「木太刀一本でもあらばかかる不覚はとらじ」と悔やんだという故事にちなみ、今でも多くの木太刀が奉納されています。

IMG_3553 B

IMG_3555 B

IMG_3556 B

F2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。



スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

おはようございます。
源氏は義朝にしろ、頼朝にしろ、その子たちにしろ、皆普通の亡くなり方ではないんですよね。
  • posted by YUMI 
  • URL 
  • 2012.07/16 08:27分 
  • [Edit]

YUMIさんへ 

お忙しい中、コメントありがとうございます!

一族がこのような状況にあって、後に源氏決起する頼朝は改めて凄かったのだと思いました。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2012.07/16 10:12分 
  • [Edit]

尾張・三河の旅 

野間大坊は見たいです!見事な廟ですね。
12月上旬で検討してますがね!4泊5日車旅でしょうかね!
列車、定期バス、電車等では中々見て回れません。

四方さんへ 

野間では、義朝の打たれたという湯殿を見逃してしまいました。
また野間の近くまで行くことがあれば、見逃したところを回りたいと思っています。
車なら無駄な時間がありませんね。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2012.07/16 14:34分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
103位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
18位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析