fc2ブログ

大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」「青天を衝け」「麒麟がくる」「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

頼朝の富士の巻狩りと曽我兄弟仇討ち(7)玉渡神社

富士市厚原に鎮座する玉渡神社

玉渡神社1

曽我兄弟の兄の曽我十郎の恋人、虎御前が、兄弟の供養のため、終焉の地・井出の里に向かう途中、この祠で休んでいたところ、夜中にふと目をさますと、曽我寺の辺りから、二つの火の玉が飛んできて、虎御前の前まで来ると消えてしまいました。それが、兄弟の魂だと確信した彼女は、その夜から七日七晩、この祠で念仏を唱え、兄弟の冥福を祈りました。

そのけなげな姿を見た地元の人々が、虎御前の死後、当社を建立し、虎御前の冥福を祈ったといいます。

玉渡神社2

玉渡神社3

国貞筆「美人東海道 大礒之図」 虎が雨の中の虎御前を描いた錦絵
Kunisada,_Oiso_From_the_series_Fifty-Three_Stations_of_the_Tokaido_with_Beauties,_1848

虎御前(とらごぜん、安元元年(1175年) - ?)は、鎌倉時代初期の遊女。曾我祐成の妾。お虎さん、虎女(とらじょ)とも呼ばれる。富士の巻狩りの際に起こった曾我兄弟の仇討ちを描いた『曽我物語』で、この物語を色づけ深みを持たせる役割をしている。『吾妻鏡』にも出てくることから実在した女性とされる。 江戸期に制作された多数の曾我物にも登場し、虎御前の名は広く知られることとなった。
(Wikipediaより)

にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記ランキング
スポンサーサイト



Comment

NoTitle 

きっと火の玉を見て
気が動転しただろうな
必死に冥福を祈る気持ちも理解できる。
応援!
  • posted by 清多 
  • URL 
  • 2022.06/11 05:13分 
  • [Edit]

NoTitle 

「頼朝の富士の巻狩りと曽我兄弟仇討ち(7)玉渡神社」の見事な記事です!

NoTitle 

こんにちは。
あららぁ虎御前様とはこれいかに。
富士山麓の狩りの様子の話。
BSでやってくれてて楽しんで知ったしだい。
十郎さんはきっと当時もてたことでしょうから・・。
🤩
  • posted by マーチャン 
  • URL 
  • 2022.06/11 10:25分 
  • [Edit]

NoTitle 

虎女という言葉は
関西では「阪神タイガース好きな女子」という意味で
現代の世で使われております。

虎御前もまさかそうなるとは
思わなかったでしょうなぁ。

応援ぽち
  • posted by よっちん 
  • URL 
  • 2022.06/11 16:23分 
  • [Edit]

こんばんは 

こんばんは。
虎御前とは凄い名前ですね。
あまり女性には可哀想な名前かな。
私の母方の祖母は「とら」と言います。
平仮名ですけどね。
昔はそういう名前を付けたのでしょうかね。
  • posted by 自転車親父 
  • URL 
  • 2022.06/11 22:12分 
  • [Edit]

NoTitle 

物語ではなく実在の方だったのですね。
応援ぽち2.
  • posted by みかん農家 
  • URL 
  • 2022.06/11 22:53分 
  • [Edit]

皆様へ 

こんばんは!
今日もコメントありがとうございましたm(__)m

虎御前までは今回の大河ドラマに登場しないでしょうが、過去には「草燃える」で出てきていましたね。
曽我兄弟の仇討ち、いよいよ明日の放送に迫ってきました。楽しみですね。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2022.06/11 23:04分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

大河ドラマに恋して - にほんブログ村

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
76位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
24位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析