大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

源内塚

滋賀県守山市の中心市街地に、石仏の薬師如来を祀る小さなお堂があります。
地元では、「お薬師さん」と呼ばれ、病気治癒を願う人々が毎日参拝に訪れているそうです。この薬師堂は、平安末期の地侍の首塚に建てられたものといわれ、その地侍の名が「源内兵衛真弘(げんないひょうえまさひろ)ということから「源内塚」とも呼ばれています。

img_0911_b.jpg

img_0908_c.jpg

img_0907_c.jpg

平治元年(1159年)の十二月二十七日、当時十三歳の源頼朝は、平治の乱に敗れて、京から東国へ敗走する途中、仲間とはぐれて一騎で守山宿に入りました。
馬上で居眠りしながら進んでいると、宿場にいた源内兵衛真弘が落人である頼朝の首を獲ろうと襲いかかりましたが、頼朝は「髭切り」と呼ばれる名刀で源内を両断にしました。
村人は、源内を哀れんで埋葬し、塚をつくったのがこの首塚です。塚の正面に向かって、左側の石仏が「首塚」と言われ、今日まで守り継がれています。
また塚の前にある丸い石は、探し物などに霊験があり、軽く持ち上がると願いが叶うと言われていて、現在も参拝者が絶えません。(守山市教育委員会)

こちらの史跡へは、滋賀県在住のブロガーさんに連れて行っていただきました。
ガイドブックには紹介されていない地元の方にしかわからないような史跡です。

F2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。



スポンサーサイト

コメント

源内塚! 

 何処でどの本で読んだのか忘れましたがこの記事を読んで、この「源内塚」のこと覚えがあります。
 頼朝は「髭切り」と呼ばれる名刀で源内を両断にしました。とのことで、思い出しました。
 
 

四方さんへ 

ここは、京都新聞にも紹介されています。
私は、滋賀県に旅行した時にmerryさんに案内していただきました。民家の裏手の方にあるので、地元も方の助けがないと、見つけにくいところです。
  • しずか 
  • URL 
  • 2012年07月27日 13時50分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
122位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
23位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

右サイドメニュー