fc2ブログ

大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」「青天を衝け」「麒麟がくる」「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

修善寺の旅(3)源範頼の墓

源範頼は、義経とは対照的に、常に頼朝に従順な態度を示していましたが、建久4(1193)年、曾我兄弟の仇討ち事件への対処方が疑われ、伊豆修禅寺八塔司(はったす)の一つ信功院にに幽閉されました。

IMG_6977 源範頼の墓

IMG_6970 源範頼の墓

その後、梶原景時の不意打ちに会い、防戦の末自刃したといわれています。


修禅寺から西の小山地区の山腹に、源範頼の墓と伝わる祠があり、明治12年に骨壺が掘り出されたのこと。

現在の範頼墓は、昭和7年に、日本画家・安田靫彦のデザインにより建立されたものです。

IMG_6971 源範頼の墓

IMG_6972 源範頼の墓

IMG_6973 源範頼の墓

IMG_6969 源範頼の墓

 範頼は鎌倉初期の武将。義朝の第六子で、蒲冠者と呼ばれた。
 治承4年(1180年)に兄頼朝と義仲が対立したとき、弟義経とともに義仲を倒し、次いで一ノ谷の合戦で平家を破り、功によって三河守に任じられた。
 その後頼朝と義経の仲が険悪化し、頼朝が範頼に義経を殺すよう命じたが、断ると、 範頼も背くようになると疑われるようになった。
 建久4年(1193年)の曽我兄弟仇討ちのとき、鎌倉へは頼朝も殺されたと誤って伝え られ、 悲しむ政子を慰さめて「範頼あるかぎりご安心下さい」といったことから、幕府横領の疑いを招いた。
 範頼は百方陳弁につとめたが、ついに修禅寺に幽閉され、さらに梶原景時に攻められ、 日枝神社下にあった信功院で自刃したと伝えられている。


範頼の死去には異説があり、範頼は修禅寺では死なず、越前へ落ち延びてそこで生涯を終えた説や武蔵国横見郡吉見(現埼玉県比企郡吉見町)の吉見観音に隠れ住んだという説などがある。吉見観音周辺は現在、吉見町大字御所という地名であり、吉見御所と尊称された範頼にちなむと伝えられている。『尊卑分脈』『吉見系図』などによると、範頼の妻の祖母で、頼朝の乳母でもある比企尼の嘆願により、子の範圓・源昭は助命され、その子孫が吉見氏として続いたとされる。

神奈川県横須賀市にある追浜という地名の由来は鎌倉方から追われた範頼がここに上陸した為と言われておりその際に現地の者たちに匿ってもらった礼に自分の蒲の字を与え蒲谷と名乗らせたという言い伝えがある。

このほかに武蔵国足立郡石戸宿(現埼玉県北本市石戸宿)には、範頼は殺されずに石戸に逃れたという伝説がある。範頼の伝説に由来する蒲ザクラは大正時代に日本五大桜の天然記念物に指定され、日本五大桜と呼ばれる。

また伊予国の上吾川(現愛媛県伊予市)の称名寺と隣接する鎌倉神社にはこの地へ逃れてきたとされる範頼の伝説と墓所が存在している。(Wikipediaより)

IMG_6975 源範頼の墓

お墓のある高台からは、修善寺の街が一望できます。


にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記ランキング


スポンサーサイト



Comment

NoTitle 

[修善寺の旅 源範頼の墓]の見事な記事です!

NoTitle 

こんにちは。
いよいよ鎌倉ドラマも佳境に入って来て、
今夜が愉しみではりませんか。
筋書きはだいたいわかってきましたから、
あとはどんなふうに映像見せてくれるかでしょう。
いつも、しずかさんには感謝でしょう・・。🤩
  • posted by マーチャン 
  • URL 
  • 2022.06/19 10:01分 
  • [Edit]

NoTitle 

従順な家臣であったとしても
嫌疑をかけなければならない。

この時代の権力者って
たとえ身内であっても
常に疑心暗鬼だったのでしょうね。

応援ぽち
  • posted by よっちん 
  • URL 
  • 2022.06/19 14:11分 
  • [Edit]

こんばんは 

こんばんは。
身内すらも嫌疑をかけて抹殺していくのですね。
少し怖いかな字がします。
でもずっとそんなことの繰り返しですよね。
現代でも似たようなものなのかな。
  • posted by 自転車親父 
  • URL 
  • 2022.06/19 21:57分 
  • [Edit]

NoTitle 

一度疑われてなかなか元には
戻れなかったのですね。
応援ぽち2.
  • posted by みかん農家 
  • URL 
  • 2022.06/19 22:00分 
  • [Edit]

皆様へ 

こんばんは!
今日もコメントありがとうございましたm(__)m

今夜の蒲殿の死は、三谷脚本による暗殺者「善児」によるものでした。生存説や諸説る死は、すべて善児にお任せしちゃうのかな?
しかし、頼朝の疑いある者は、身内でも容赦しないという考え方怖いですね。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2022.06/19 23:27分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

大河ドラマに恋して - にほんブログ村

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
76位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
24位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析