fc2ブログ

大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」「青天を衝け」「麒麟がくる」「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

修善寺の旅(1)源範頼、頼家が幽閉された修禅寺

修善寺温泉街の中心にある修禅寺

IMG_6954 修禅寺

地名は「修善寺」、ですが、寺名は「修禅寺」、表記が異なります。

807年(大同2年)に空海が創建したと伝えられています。

IMG_6956 修禅寺

当時は周辺の地名が桂谷であったことから、桂谷山寺と言われていましたが、鎌倉時代初期には修禅寺の名称が定着し、寺領も修禅寺と呼ばれるようになりました。

手水舎から出ているのは温泉です。

IMG_6958 修禅寺

IMG_6960 修禅寺

現在の本堂は1883年(明治16年)に再建したもの。

IMG_6961 修禅寺

岡本綺堂の「修禅寺物語」の舞台、また、源頼朝の弟の源範頼と、頼朝の息子で鎌倉幕府2代将軍の源頼家が当寺に幽閉され、その後この地で殺害された寺としても知られています。

但し、範頼に関しては殺害を裏付ける史料が残っていないことや子孫が御家人として残っているということから生存説が伝わっています。

IMG_6953 修禅寺

修禅寺
 修善寺温泉発祥の寺で、平安初期の大同2年(807年)弘法大師が開基したもので、当時は地名が桂谷と呼ばれていたところから「桂谷山寺」と言われ、伊豆国禅院一千束と正史に記されたほどの格式の高い寺であった。
 鎌倉初期になって建長年間(1250年頃)に蘭渓道隆(臨済宗鎌倉建長寺開山の宋禅僧)が住し、桂谷の風致が支那の廬山に似ていることから「肖廬山」と号した。
 南北朝時代の康安元年(1361年)に畠山国清と足利基氏との戦禍を受け、応永9年(1401年)には火災を蒙り、伽藍を全焼して寺は荒廃し衰退した。
 その後、延徳元年(1489年)に至り、韮山城主の北条早雲が再興し、叔父の隆渓繁紹禅師が住して曹洞宗に改宗だれ山号も「福地山」と改められ今日に至っている。
   伊豆市


IMG_6955 修禅寺

4月下旬、美しい新緑に包まれた境内が出迎えてくれました。

IMG_6959 修禅寺

IMG_6963 修禅寺


にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記ランキング

スポンサーサイト



Comment

NoTitle 

何時も見事な記事に感嘆していますよ!

NoTitle 

こんにちは。
ここの温泉は何度となく。
ところがこの修善寺はたった一度だけで、
くわしいことは知らなくて、
なんだか恥ずかしい話です。
いつもいろいろ教えていただいて、
ありがとうございます。🤩
  • posted by マーチャン 
  • URL 
  • 2022.06/17 15:48分 
  • [Edit]

NoTitle 

重厚な建造物
目の前に見ると迫力と歴史の重みと
境内の自然とが混ざり合って
癒し空間に溢れているのでしょう。
応援!
  • posted by 清多 
  • URL 
  • 2022.06/17 19:40分 
  • [Edit]

NoTitle 

源頼朝、源範頼、源頼家
こうして並べると誰が誰だかわからなくなります。

緑が映えてる季節ですね。
  • posted by ラメール 
  • URL 
  • 2022.06/17 19:44分 
  • [Edit]

NoTitle 

数年前、年末年始に伊豆を旅したのですが
静岡県が東西に長いということを
つくづく実感しました。

伊豆は想像以上に関西からは遠かった。

応援ぽち
  • posted by よっちん 
  • URL 
  • 2022.06/17 21:03分 
  • [Edit]

こんばんは 

こんばんは。
なんと手水が温泉とは。
ビックリしました。
禅宗の寺なのですね。
ここは何度も行ったというか通りましたよ。
虹の郷と言う施設があり二回くらい行きましたね。
  • posted by 自転車親父 
  • URL 
  • 2022.06/17 22:08分 
  • [Edit]

NoTitle 

温泉が出ているなんて、素晴らしいですね。
それだけでも行ってみたいです。
応援ぽち2.
  • posted by みかん農家 
  • URL 
  • 2022.06/17 22:24分 
  • [Edit]

皆様へ 

こんばんは!
今日もコメントありがとうございましたm(__)m
今日は鎌倉に出かけてきて、今さっき戻ったところす。
手水が温泉とは、温泉街の中心にあるお寺ならではのサービスですね。
昔の印象がかなり薄れていたので、新鮮な気持ちで見学できました。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2022.06/17 23:10分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

大河ドラマに恋して - にほんブログ村

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
76位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
24位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析