大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

伊豆韮山(1)真珠院 頼朝と八重姫

源頼朝が伊豆に流され、後の妻、北条政子と出会う前のことです。

伊東祐親は、清盛から伊豆に配流されてきた源頼朝の監視を任されました。
しかし祐親が上洛している間に、娘の八重姫が頼朝と通じ、千鶴丸を儲けるまでの仲になってしまいます。平家を恐れた祐親は二人の仲を引き裂こうと、千鶴丸を柴漬にして松川に沈めてしまいました。

柴漬とは、お漬物ではありません。(^_^;)処刑方法の一種で、罪人を柴で包んで縛り上げ、重りをつけて水底に沈めるそうです。なんとも残酷な(;O;)あ~怖い・・・

頼朝も襲撃されそうになりましたが、頼朝の乳母・比企尼の三女を妻としていた次男の祐清が頼朝に知らせ、頼朝は夜間馬に乗って熱海の伊豆山神社に逃げ込み、北条時政のもとに身を寄せました。時政のもとで暮らすようになった頼朝は、北条政子と結ばれることになります。 

一方、八重姫は、頼朝が忘れられず、侍女6人を連れて北条氏の館を訪れました。
しかし、すでに頼朝は、北条政子と結婚しており、絶望した八重姫は真珠ヶ淵に入水しました。(八重姫のその後については諸説あり)

数年前のことですが、伊豆韮山の真珠院を訪ねました。

shinjyuin1 B

真珠院は、八重姫を悼んで建てられたお寺です。八重姫と共に死んだ侍女のことを哀れんで、村人たちが建てたと
も、また頼朝が建てたともいわれています。

真珠院の境内には、八重姫の供養塔があるそうなのですが、見落としてしまったようです(/_;)

それにしても、流人の身でありながら、次々と彼女ができる頼朝様
かなりのイケメンだったのでしょう(#^.^#)

F2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。





スポンサーサイト

コメント

伊豆韮山の真珠院 ! 

 昨年12月伊豆下田に宿泊し翌日この韮山を通過しました。時間の都合でまたしても韮山城址も見れず残念でした。
 しずかさんの記事期待しています。
 ありがとうございました!

NoTitle 

伊豆編ですか。
こちらなら行かれそう。
頼朝は貴種流離譚だからでしょうか。
もてますね。
お目にかかってみたいものです。
  • YUMI 
  • URL 
  • 2012年08月19日 08時47分 
  • [編集]
  • [返信]

四方さんへ 

私も時間の都合ですべてを見たわけでなく、韮山城址はまだです。
いつかまた韮山に行きたいですよ。
  • しずか 
  • URL 
  • 2012年08月21日 02時32分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
93位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
20位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

右サイドメニュー