fc2ブログ

大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「光る君へ」「どうする家康」「鎌倉殿の13人」「青天を衝け」「麒麟がくる」「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

北条政子ゆかりの安養院

鎌倉市大町にある浄土宗の寺院・安養院

この寺の歴史には、長楽寺・善導寺・田代寺という3つの前身寺院が関係しているそうです。
もとこの地には、尊観が開いた浄土宗の善導寺がありました。

長楽寺は、1225年(嘉禄元年)北条政子が、源頼朝の菩提を弔うため、長谷笹目ヶ谷(鎌倉文学館付近)に創建した寺でした。

政子の死後、北条泰時が伽藍を整備し、政子の法名から「安養院」と名付けました。

1333年(元弘元年)兵火により焼失したため、この地にあった善導寺に統合され、安養院長楽寺と号し、その際、政子の墓も移されたといいます。

また、田代寺は、1192年(建久3年)田代信綱が尊乗を開山として比企ヶ谷(ひきがやつ)に建立したのに始まると伝えられ、江戸時代になって安養院に統合されました。千手観音は田代寺にあったもので、田代観音とも称されています。

本堂には北条政子の像などが安置されており、本堂裏手には、北条政子の墓といわれる石塔があります。

IMG_5531 安養院

山門の向こうからは、撮影禁止なので、ここまでの画像しかありません。

IMG_5532 安養院

 尼将軍と称される北条政子が、夫である源頼朝の冥福を祈るために佐々目ガ谷に建立した祇園山長楽寺が前身であると伝えられます。その後、鎌倉時代末期に善導寺の跡(現在地)に移って安養院になったといいます。安養院は北条政子の法名です。
 延宝八年(1860)に全焼したため、頼朝に仕えていた田代信綱がかつて建立した田代寺の観音堂を移します。こうして「祇園山安養院田代寺」となりました。


にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記ランキング




スポンサーサイト



Comment

NoTitle 

こんにちは。
お寒うございます。
なんか大河もここに来て自分としては、
なにかモノだらないように感じてしまいました。
もう残り2回となりましたから、
見はいたしますが結末が気になるところです。
そう思いながらのきょうの記事楽しく拝見です・・。🤩
  • posted by マーチャン 
  • URL 
  • 2022.12/05 10:37分 
  • [Edit]

NoTitle 

私は今回の大河ドラマは
途中で断念してしまいました。

次は徳川家康だったでしょうか。
次回の作品は最後まで見たいですねぇ。

応援ぽち
  • posted by よっちん 
  • URL 
  • 2022.12/05 20:52分 
  • [Edit]

こんばんは 

こんばんは。
大町ですね。
この辺りは何度も行きました。
この近くの安国論寺に仕事で行きました。
ずいぶん昔ですけどね。
鎌倉から少し外れたエリアと言う感じですかね。
  • posted by 自転車親父 
  • URL 
  • 2022.12/05 21:44分 
  • [Edit]

NoTitle 

こちらのお寺の名前も法名からだったのですね。
応援ぽち3.
  • posted by みかん農家 
  • URL 
  • 2022.12/05 22:23分 
  • [Edit]

皆様へ 

こんばんは😃🌃
今日は朝から冷え込んで、今季初めてストーブを入れました。

鎌倉殿の13人も残すところ後二回となりました。
今年まわったところをどのようにまとめていこうか四苦八苦しています😅
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2022.12/05 22:32分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

大河ドラマに恋して - にほんブログ村

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
41位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
12位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析