fc2ブログ

大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「光る君へ」「どうする家康」「鎌倉殿の13人」「青天を衝け」「麒麟がくる」「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

後鳥羽上皇の邸宅跡の鳥羽離宮跡公園


城南宮から徒歩数分のところに鳥羽離宮跡公園があります。

IMG_8333 鳥羽離宮跡公園

伏見区竹田・中島・下鳥羽一帯は、平安時代後期に白河・鳥羽上皇が造営の離宮があり院政を行ったところです。

院政のシンボルである鳥羽離宮は、白河天皇の御所として建てられましたが、すべてが完成したのは、鳥羽上皇の時代になってからのことで、鳥羽殿とも呼ばれました。

平清盛による後白河法皇の幽閉場所や、後鳥羽上皇の拠点の一つとしても用いられました。

後鳥羽上皇は、承久の乱に敗れた後、この地にあった邸宅から隠岐島へと流されました。

当時は、東西1キロ、南北1.2キロの広大な敷地に苑池・各殿舎・堂塔が建ち並んでいましたが、今は安楽寿院、白河・鳥羽・近衛各天皇陵、城南宮、秋の山(築山)を残すのみです。

IMG_8330 鳥羽離宮跡公園

IMG_8331 鳥羽離宮跡公園

鳥羽離宮南殿跡

この遺跡は、白河天皇が退位後に、院政の拠点として、11世紀の末、応徳3年(1086)に造営されたものを、

昭和38年から42年にかけて調査し、建物と庭園の跡を確認したものである。

南殿は鳥羽離宮で最初に造営された宮殿であり、建物跡は公園の南方にある。

なお、公園内の「秋の山」は当時の庭園の築山にあたる。

元来、鳥羽離宮というのは、この南殿と別に離れて、北殿・東殿・田中殿・馬場殿等があった。それは淀川につながる大きな池沼の岸辺に配置されていたものである。

北殿は、名神高速道路京都南インターチェンジにあり、その遺跡は近くの鴨川の氾濫のためこわされていた。

東殿は、いまの安楽寿院附近で、白河・鳥羽・近衛天皇の陵も含まれる。

田中殿は遺跡がみつかっている。

馬場殿は、城南宮の北と考えられるがあきらかでない。

城南宮も鳥羽離宮の一部と考えられ、流鏑馬に事よせて、後鳥羽上皇が13世紀のはじめ、北条氏討滅をはかったことで有名である。

これらの御所に付属する仏殿として、

南殿に証金剛院、

北殿には勝光明院、

東殿には安楽寿院と成善提院・不動堂があり、

田中殿には金剛心院があった。

南殿の御所は、西南から東北へと順次に雁行形に配置された和風建築である。

寝殿・小寝殿・御堂・金剛院は、遺跡で確認され、池にのぞんで風雅に配置されていた。

なお、大門・中門・中門廊・西対跡は、鴨川の堤防の下に埋もれている。

鳥羽離宮について記された文献は多いが

「平家物語」巻3に見る「秋の山の春風に白波瀬に折懸 紫鴛白鴎逍遥す」

この歌は、当時の鳥羽離宮の環境を示して最も印象的である。(案内板より)


IMG_8335 鳥羽離宮跡公園

この公園の秋の山と呼ばれる小高い丘の上に鳥羽伏見の戦いの開戦地の石碑が建っています。

IMG_8338 鳥羽離宮跡公園

そしてこの丘が鳥羽離宮の庭園の築山であったことが、1960年の名神高速道路の建設に伴う発掘調査により判明しました。

その後の調査でも、池のみぎわの石積みや建物の跡も見つかり、現在は国指定史跡鳥羽離宮公園として整備されています。

ここは、最初に作られた御所の南殿跡にあたり、新しく作られた新御所は北殿と呼ばれました。


ちょうどこの時、碑の周辺の草刈りをしていました。

これから訪ねる人を見越して?(^0^;)

IMG_8336 鳥羽離宮跡公園

IMG_8329 鳥羽離宮跡公園

IMG_8328 鳥羽離宮跡公園

鳥羽伏見の戦い(戊辰戦争)勃発の地

 小枝橋は、慶応4年(1868年)正月3日に京都を目指す幕府軍とそれを阻止しようとする新政府軍が衝突し、翌年の夏まで続いた戊辰戦争の発端となった鳥羽伏見の戦いが始まったところです。

 大政奉還し大阪城にいた徳川十五代将軍慶喜は薩摩を討つため上洛を決意します。

大阪から淀川を上って竹田街道の京橋で上陸した先遣隊に続き、幕府軍本隊が鳥羽街道と伏見街道に分かれて京都に進軍しようとします。

これを阻止しようとする新政府軍は、竹田、城南宮周辺に布陣し、鳥羽街道を北上する幕府軍とここ小枝橋で衝突します。

 「将軍様が勅命で京に上がるのだから通せ」

という幕府軍と、

 「勅命ありとは聞いていない、通せない」

という新政府軍の押し問答が続き、幕府軍が強行突破しようとすると、薩摩藩がア-ムストロング砲を発射、この砲声を合図に幕府軍1万5千人と新政府軍6千人の激しい戦いが始まります。

 こうして始まった戊辰戦争は、翌年の函館五稜郭の戦いまで続いて新政府軍が勝利します。

新しい時代「明治」、ここ伏見から始まったともいえます。
(案内板より)



ここからほど近いところにある小枝橋は戊辰戦争勃発の地です。

IMG_8327 鳥羽離宮跡公園


にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記ランキング




スポンサーサイト



Comment

NoTitle 

こんにちは。
それにしてもの寒さ。
こんな時期からの寒さは、
ちょっと最近にはありませんから困りました。
そんなこと思いながら記事拝見。
今夜の為の予備知識になりました。
ありがとうございました。🤩
  • posted by  
  • URL 
  • 2022.12/18 11:00分 
  • [Edit]

こんばんは 

こんばんは。
戊辰戦争発祥の地ですか。
ここから時代が動いたのですね。
歴史的ですね。
  • posted by 自転車親父 
  • URL 
  • 2022.12/18 20:06分 
  • [Edit]

NoTitle 

今日は撮影に出かけて
先ほど帰ってきました。

本日は訪問だけで失礼します。
申し訳ありません。

応援ぽち
  • posted by よっちん 
  • URL 
  • 2022.12/18 20:21分 
  • [Edit]

NoTitle 

上皇の敷地も建物も庭もすごかったのですね。
応援ぽち3.
  • posted by みかん農家 
  • URL 
  • 2022.12/18 22:50分 
  • [Edit]

皆様へ 

おはようございます。
昨日もコメントありがとうございました。

今年取材した承久の乱関連の記事がもう少しあります。
鎌倉殿の13人は、昨夜で最終回を迎えましたが、年内は、紹介仕切れなかった記事を掲載していきます。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2022.12/19 06:59分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

大河ドラマに恋して - にほんブログ村

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
13位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析