fc2ブログ

大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「光る君へ」「どうする家康」「鎌倉殿の13人」「青天を衝け」「麒麟がくる」「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

一言坂の戦い 一言坂の碑~一言観音~挑燈野

一言坂の戦いは、武田信玄の西上作戦の過程で行われた戦いであり、三方ヶ原の戦いの前哨戦です。

元亀3年(1572年)、武田信玄は信長包囲網に応える形で西上作戦を発動。信玄は軍を3つに分け、山県昌景率いる5,000の兵を三河国へ、秋山虎繁率いる伊那衆を美濃へと先行させ、自ら率いる本隊2万5000を信濃国の青崩峠から徳川氏領の遠江へと侵攻させました。

別働隊を率いた馬場信春は、徳川方の只来城を落とすことに成功、信玄の本隊と目指したのは、二俣城。

二俣城は、徳川氏の本城・浜松城だけでなく、その支城・掛川城、高天神城にも繋がる要所で、徳川氏にとって遠江支配の要でした。

一方、山県昌景隊は、すでに降伏していた奥三河の山家三方衆を加えて、三河から遠江への援兵を阻んだため、家康は8,000人余しか動員できず、さらに織田氏からの援軍も望めない状況でした。

それでも天竜川を渡らせたくない徳川家康は、本多忠勝・内藤信成を偵察に先行させ、自身も3,000の軍勢を率いて出陣し、天竜川を渡河しました。

しかし、この時、武田軍は家康の予想よりも早く進軍していました。


先行していた本多・内藤率いる偵察隊は武田の先発隊と遭遇。

偵察隊はすぐに退却するも、武田軍は素早い動きで徳川軍を追撃し始め、太田川の支流・三箇野川や一言坂(静岡県磐田市一言)で思わぬ形で、前哨戦が始まってしまうのでした。

その際に家臣、殿を務めた本多忠勝の奮闘により、徳川軍は味方を無事に浜松に退却させることに成功。

敵である武田軍の小杉左近に「家康に過ぎたるものが二つあり、唐(から)の頭に本多平八」と言わしめました。


磐田市豊田町一言に、「一言坂の戦いの碑」があります。

IMG_2836 一言坂の戦い

IMG_2837 一言坂の戦い

IMG_2838 一言坂の戦い

IMG_5261 一言坂

IMG_5266 一言坂

IMG_5268 一言坂

一言坂の戦い
この坂を「一言坂」といいます。元亀3年(1572)甲斐国(山梨県)から攻め込んできた武田信玄と遠江国(静岡県西部)の領主であった徳川家康との間に戦いが起こりました。袋井市の三箇野川の戦いで敗れた徳川軍は、浜松城を目指して敗走しましたが、一言坂で追いつかれ、再び合戦となりました。これが「一言坂の戦い」です。この時に敗走する徳川軍を救ったのが、家康の重臣の「本多平八郎忠勝」でした。平八郎は「とんぼ切り」といわれた大槍を振り回しながら一人奮戦し、枯れ草に火をかけ、その煙の中、見事に味方の軍を退却させたと伝えられます。敵の武田軍も、この時の武勇をたたえ、「家康に過ぎたるものがふたつある。唐の頭(兜)に本多平八」と書いた札を磐田市国府台に立てたといわれます。  

IMG_5271一言坂
      
姫街道
この道は、古くより「池田近道」とも呼ばれ、多くの旅人に利用されました。それは、東海道が見附宿から中泉代官所の方ヘ南下し、さらに豊田町森下付近から池田の渡船場まで北上する遠回りな道であったため、見附宿からまっすぐ西に出て一言坂を通り、池田渡船場まで斜めに直線に行けるこの道が好まれたのは当然かもしれません。しかし、この道は「かち」(徒歩)の人しか通ることのできない細い道で、馬や荷物は東海道を行くしかありませんでした。「姫街道」の名の由来はいくつかありますが、東海道の通行障害をさけた女性の通行者が多かったためという説が多いようです。姫街道は磐田市見付(西坂町)から愛知県豊川市御油町まで15里14丁(約60.4キロ)ありました。
(案内板より)


一言坂古戦場の碑から歩いて10分ほどのところの知恩斎の門前に安置されている一言観音は、一生に一度だけ願いを聞くといわれています。

一言坂の戦いで、武田軍に追いつかれ、敗走の途中、徳川家康はここへ立ち寄り、戦勝を祈願したと伝えられています。

知恩斎
IMG_2839 一言観音

IMG_2845 一言観音

IMG_2841 一言観音

徳川軍は戦いには敗れましたが、家康は、無事天竜川を渡り、退却に成功したことから、この観音様は「一言観音」と呼ばれるようになったそうです。

IMG_2842 一言観音


IMG_2840 一言観音

辺りは畑や田んぼに囲まれ、のどかな雰囲気に包まれています。



 中遠昔話 一言観音(豊田町)

豊田町一言にある智恩斎というお寺の山門脇に安置されている観音様には次のような言い伝えがあります。
 今から430年程昔、京を目指す甲斐国(現在の山梨県)の武田信玄の軍勢と、浜松城を出てこれを迎え討つ徳川家康の軍勢との激しい戦いが遠江国各地でありました。
 戦力に勝る武田軍に追われた徳川軍は、ついに磐田原台地の西のはずれで追いつかれました。戦況不利とみた家康は、近くにあった一生に一度一言だけ願いを聞いてくださるという観音様のところに急いで行き「どうかこの戦いに勝たせてください」とお願いしたところ、敗走する軍の最後尾を守っていた本多平八郎忠勝の大奮戦などもあり、無事浜松城に軍を撤退させることができました。
 その後、この観音様は「一言観音」と言われるようになり、この観音様のある村を一言村と呼ぶようになったということです。
(豊田町誌 別編 民俗文化史)


一言坂より西に約1キロ、磐田市上万能のパチンコ屋の駐車場に挑燈野(ちょうちんの)の石碑が建っています。

IMG_5276 挑燈野

この辺りは、「ゆるぎ」と言われた沼地でした。

一言坂の戦いから退却する際、徳川軍が川にかかる橋を壊して布をかけ、提灯をたくさん掲げて、そこに向かってくる武田軍を落として攻撃したとされています。

IMG_5274 挑燈野

IMG_5273 挑燈野

挑燈野の戦(豊田町)
 これは、今からおよそ400年前のできごとです。挑燈野の戦いは、武田信玄と徳川家康の戦でした。それは家康の負け戦で、うまい退却戦のひとつでもありました。

武田軍に追われた徳川軍は、浜松城に退却する途中、一言坂より西1キロの所(現在の豊田町上万能地区)で急追する武田軍を迎えて布陣を敷きました。

 当時この地域は石動といわれた沼地で川がありました。家康は、橋をこわして布橋にし、武装したわら人形を多数置き、松林にはたくさんの挑燈やのぼりを掲げて大軍がいる様に見せかけました。
 
武田軍は、この陣を目指してなだれの様に突撃しましたが、布橋の為に次々と石動に落ち、多くの戦死者を出したといわれています。
 こうして戦に勝った家康は、池田の渡し舟を利用し天竜川を渡ると、無事浜松城に退却することができました。

 当時の村人たちは、この戦での戦死者を弔い、この地を挑燈野と名付けました。昔は、「万能蛍」という大きな蛍がたくさん飛んだところで、武田軍戦死者の霊魂だと伝えられています。(「ふるさと豊田改訂版」より)


にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記ランキング




スポンサーサイト



Comment

NoTitle 

おはようございます。
きょうはこれから出かけますので、
帰ってきてから記事ごゆるりと拝見します。
夕べは浜松城、城スペシャルでやってて、
見ました。とっても勉強になりました。
有り難うございました‥。🤩
  • posted by マーチャン 
  • URL 
  • 2023.05/03 05:25分 
  • [Edit]

こんばんは 

こんばんは。
一言坂の戦いですか。
初めて知りました。
三方が原の戦いの前哨戦だったのですね。
一言観音って凄いな。
一回だけ望みをかなえてくれるのか。
  • posted by 自転車親父 
  • URL 
  • 2023.05/03 20:41分 
  • [Edit]

マーチャンさんへ 

こんばんは!
お出かけ前にもかかわらず、訪問ありがとうございました。

昨日の番組、予約したはずなのに録画いなくて(..;)
浜松城も登場したのですね!
それは見なくては!再放送を狙います(^0^;)
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2023.05/03 22:18分 
  • [Edit]

自転車親父さんへ 

こんばんは!
今日もお仕事でしたか。
G.W中もお疲れ様です。
三方ヶ原の戦いについては、伝承も多いのですが、それも含めて紹介していきます。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2023.05/03 22:19分 
  • [Edit]

NoTitle 

歴史的な場所を、一度は見に行きたいです。
応援ぽち2.
  • posted by みかん農家 
  • URL 
  • 2023.05/03 22:56分 
  • [Edit]

みかん農家さんへ 

こんばんは!
今日もコメントありがとうございました。

浜松は、三方ヶ原の戦いゆかりの地がたくさんあります。
是非また機会があれば、お越しくださいね。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2023.05/04 00:59分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

大河ドラマに恋して - にほんブログ村

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
13位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析