fc2ブログ

大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「光る君へ」「どうする家康」「鎌倉殿の13人」「青天を衝け」「麒麟がくる」「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

幸田町明善寺と岡崎法蔵寺の夏目吉信(広次)の墓所

以前、岡崎市の法蔵寺の夏目吉信(広次)の墓について書きましたが、愛知県額田郡幸田町六栗の明善寺にも吉信の墓があります。

IMG_4068 夏目吉信の墓

IMG_4069 夏目吉信の墓

夏目氏三代の墓
IMG_4064 夏目吉信の墓


右から、夏目吉信、夏目吉久、夏目吉為の墓


夏目氏は信濃国伊那郡夏目村の地頭職が起こりである。中先代の乱に敗れ、吉良荘に逃れ、六栗村の中屋敷台地に夏目屋敷城(六栗城)を構え、古くから松平氏(徳川氏)に仕える譜代衆であった。


夏目吉信
IMG_4065 夏目吉信の墓

永正15年(1518年)、夏目吉久の長子として、三河国幡豆郡六栗村(現在の愛知県額田郡幸田町)で生まれた。

三河一向一揆では、大津半右衛門・乙部八兵衛・久留正勝らの門徒家臣とともに一揆側に加担し、野場城(六栗城との説も)に籠って松平家康(後の徳川家康)に敵対した。しかし乙部八兵衛は砦は長く持たないと判断し久留正勝等と密かに計り攻め手の松平伊忠と内通し、砦が陥落すると、松平伊忠に捕らわれたが、乙部の助命嘆願によって許され伊忠の附属となった。後に忠義の士であるとして、伊忠が家康に嘆願して正式に帰参を許された。

元亀3年(1573年)の三方ヶ原の戦いの時、吉信は浜松城の留守居だったが、櫓に登って戦場を遠望して味方が敗色濃厚なのを知って家康の救援に向かう。退却を進言するが、止めるのも聞かず家康が決死の突撃をしようとするので、説得を諦めて、強引に乗馬の向きを変えて、刀のみねで打って奔らせた。家康を逃がすために、自らを家康と称し、十文字の槍を持ち、25騎を率いて武田勢の追手に突入して奮戦。身代わりとなって戦死した。享年55。後に、家康は本宿の法蔵寺に三方ヶ原戦死者の慰霊碑を建てさせ、吉信の忠烈に感じて「信誉徹忠居士」と刻んだ吉信の墓を建てた。(Wikipediaより)

夏目吉久
吉信の父。通称九郎左衛門。六栗城(夏目屋敷)を築いた。
夏目吉秀の子として生まれ、松平清康、広忠に歴仕した。

夏目吉為(吉忠)
吉信の長男。はじめ夏目吉為と名乗った。父・吉信の討死後、跡を継ぎ家康に仕えた。慶長5年関ヶ原の戦いに供奉し、慶長7年父が戦死した伊豆国1万石および韮山城を吉忠に授けるとの恩命を受けたが、実際に賜ることは無かったという。(Wikipediaより)

IMG_4062 夏目吉信の墓

夏目吉信は、徳川家康配下の武将として活躍し、三方ヶ原の戦いにおいて、家康の身代わりとなって戦死した武将である。

三河一向一揆の際は反家康側に付き、野場城に立て籠もり、家康側の深溝松平伊忠と戦ったことが「深溝世紀」に記載されている。

現在見ることのできる吉久・吉信・吉爲の墓石は幕末頃に整備されたものであり、明善寺に残る資料によれば、それ以前は、「大松三本是ハ右御三人廟所ノ松」と記録されている。

吉信の墓石には、台命(家康の命)により、法蔵寺(岡崎市)に石碑を建立したことと、明善寺に私葬(一族葬)と刻まれている。
(駒札より)


なお、夏目吉久が城主だった六栗城(夏目屋敷)は、明善寺の北西にあったといいます。

「六栗城は、六栗を支配していた夏目氏の居城地内にある。城跡内には、夏目家の私葬(一族としての墓)がある。
この2つの城は、永禄6年(1563年)の三河一向一揆の時には、夏目吉信や大津土左衛門、大津半右衛門、乙部八兵衛らが、立て籠もり、これを松平伊忠が攻めたと言われ、どちらが正しいかははっきりしないが、2023年(令和5年)現在残る野場西城の土塁を見ると野場城で立て籠もったと考えた方が現実的である。」(Wikipediaより)


岡崎市本宿町にある法蔵寺は、徳川家康(幼名・竹千代)が幼少期に、伯父である教翁上人に就いて、読書きや漢籍などの学問を習ったといい、硯箱・硯石・手本・机・墨付小袖・破魔弓などが残されています。

IMG_0242 法蔵寺

IMG_0235 法蔵寺

飛鳥時代、行基が観音菩薩像を安置し、出生寺を創建。

南北朝時代、二村山法蔵寺と改称。

その後、松平親氏が伽藍を建立して、松平家の菩提寺としました。

IMG_0237 法蔵寺

桶狭間の合戦後、家康は当寺に守護不入の特権を与えるなどして優遇しました。

IMG_0236 法蔵寺

本堂
IMG_0240 法蔵寺

三方ヶ原の合戦忠死者の墓
IMG_0253 法蔵寺

こちらは、吉信の忠節を讃えて家康が建立させた墓です。

家康は吉信に信誉徹忠の号を与えて、寺に月拝供養を命じたといいます。

夏目次郎左衛門吉信と鳥井四郎左衛門の墓

IMG_0260 夏目次郎左衛門吉信の墓


にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記ランキング


スポンサーサイト



Comment

NoTitle 

お墓のお花は誰が飾っているのかな?!
  • posted by シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2023.07/28 02:23分 
  • [Edit]

NoTitle 

おはようございます。
幸田にこんなところあるんでしたか。
その筋が詳しい者にはこんなところ朝飯前。
たぶんそんな感じなんでしょう。
おかげでまた知らない事教えられて感謝でしょうから。
それにしても暑いですね。
カラダがとにかくおかしくなってきますから、
いつまで続くのかそれは気がかかりです。
お気をつけていただきましょう・・。🤩
  • posted by マーチャン 
  • URL 
  • 2023.07/28 06:58分 
  • [Edit]

NoTitle 

長野県から愛知県に逃れた…

と書くと、随分長い距離を逃げたように思いますが
考えてみたら伊那と三河だったら
隣接してますものねぇ^^

応援ぽち
  • posted by よっちん 
  • URL 
  • 2023.07/28 12:14分 
  • [Edit]

こんばんは 

こんばんは。
家康の所縁の寺なのですね。
家康のお気に入りの家来だったでしょう。
しかしこの暑さは何とかならないでしょうか。
今日の午後などは表に出るとめまいがしました。
  • posted by 自転車親父 
  • URL 
  • 2023.07/28 21:45分 
  • [Edit]

NoTitle 

立派に家康を逃がして身代わりとなるべく戦ったのも
すごいです。
応援ぽち2.
  • posted by みかん農家 
  • URL 
  • 2023.07/28 22:53分 
  • [Edit]

皆様へ 

こんばんは😃🌃
今日も暑かったですね。
こんなに暑いと、しばらく史跡巡りには行けそうにありません。
熱中症が怖いですからね。

幸田町の夏目殿のお墓は、明善寺で管理されている上、お参りの方も絶えないと思います。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2023.07/28 23:38分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

大河ドラマに恋して - にほんブログ村

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
13位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析