大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

六波羅を歩いて(3)西福寺

あの世とこの世の分かれ目とされる六道の辻

IMG_6970 B

この六道の辻の角にあるのが西福寺です。

IMG_6971 B

IMG_6973 B

平安時代、空海が地蔵堂を建て、自作の地蔵尊を祀ったのがはじまりとされています。
嵯峨天皇の后である檀林皇后が、息子・正良親王の病気平癒を祈願してから子育て地蔵としても信仰されています。

IMG_6979 B

IMG_6976 B

IMG_6974 B

IMG_6975 B

お盆の時期だけ本堂に「六道十界図」や「壇林皇后九相図絵」などが展示されるそうです。
「檀林皇后九相図」は、絶世の美女として有名った檀林皇后は、彼女は仏教に深く帰依していたため、自分のからだを生き物に与えるために、死後は遺体を風葬にすることを望んだといわれ、その遺体が朽ち果てていく様子がリアルに描かれた絵です。
機会があれば、いつかそれらの絵を見てみたいです。

F2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。


スポンサーサイト

Comment

六道の辻! 

松原通大和大路東入にあるのですね!
ここ歩いていて全然知らなかった、六道の辻の意味は解っていたのですがね!

四方さんへ 

私も六波羅蜜寺までは何度も行っているのですが、ここに寄ったのは初めてですよ。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2012.09/22 08:48分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
167位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
33位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析