fc2ブログ

大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「光る君へ」「どうする家康」「鎌倉殿の13人」「青天を衝け」「麒麟がくる」「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

修復後の竹生島宝厳寺

8月29日に「秀吉時代の遺構が残る竹生島の宝厳寺」の記事を掲載しましたが、社殿修復前の2011年訪問時の褪せた色の社殿の画像でした。

先日、滋賀県在住の友人が、竹生島を訪問し、宝厳寺の修復後の画像を送ってくれましたので、改めて鮮やかな色彩の宝厳寺の記事をアップします。

竹生島宝厳寺は、神亀元年(724年)聖武天皇が、夢枕に立った天照皇大神より、「江州の湖中に小島がある。その島は弁才天の聖地であるから、寺院を建立せよ。すれば、国家泰平、五穀豊穣、万民豊楽となるであろう」というお告げを受け、僧行基を勅使としてつかわし、堂塔を開基させたのが始まりです。

貞永元年(1232年)、享徳3年(1454年)、永禄元年(1558年)などに大火があり社殿が焼失しましたが、その都度復興されてきました。

当山は、豊臣秀吉との関係も強く、多くの書状、多くの宝物が寄贈されています。

永禄元年の大火後、慶長7年(1602年)には、秀吉の遺命により、豊臣秀頼が豊国廟より桃山時代の代表的遺稿である観音堂や唐門などを移築させ、片桐且元に命じて伽藍を復興しており、この際復興されたのが唐門、観音堂、渡り廊下、その渡り廊下と繋がっている本堂(現・都久夫須麻神社本殿)です。

39414 唐門

唐門
39416 唐門

唐門は観音堂の西側に建ち、背面は観音堂に繋がっています。

39415 唐門

豊国廟(京都の東山にあった豊臣秀吉の霊廟)の唐門(極楽門ともいい、元は大坂城の極楽橋の唐破風造部分である)を移築したものと伝わり、秀吉時代の大坂城の唯一の建物と考えられています。

39417 唐門

慶長期の島内諸建築復興時に移築され、慶長8年(1603)に建立されました。

建物全体は黒漆塗を主とし、飾金具や極彩色の彫刻などで飾った華麗な門で、豪華絢爛な桃山時代の建築を代表する唐門です。

観音堂
39419 観音堂

入母屋造檜皮葺き。

唐門の東側に建ち、更に東側に渡廊が連なります。

柱などの木部は総漆塗りで、天井には極彩色で菊、桐などの文様を描いています。

39420 観音堂

柱が床下部分まで漆塗りであるなど、各所に移築の痕跡があり、唐門と共に豊国廟から移されたと伝えられ、慶長8年(1603)に建立されたと考えられています。

傾斜地に建てられているため、床下に長い柱を立てて支える部分的な懸造となっています。

39421 観音堂からの舟廊下

本尊の千手千眼観音立像(鎌倉時代)を安置しています。

39418 観音堂

渡廊 
39422 舟廊下

豊臣秀頼によって豊国廟から移築されたものと伝わり、唐門などと同様に、慶長8年(1603)の建立であると考えられています。

39424 舟廊下

宝厳寺観音堂と都久夫須麻神社本殿を結ぶ屋根付きの幅一間の廊下で、桁行八間の低屋根と桁行二間の高屋根に分かれています。

豊臣秀吉の御座船「日本丸」の船櫓の用材を用いて建てたという伝承から「船廊下」とも呼ばれています。

39423 舟廊下

都久夫須麻神社本殿 (※現在、内陣の拝観は中止)
39425 都久夫須麻神社

豊国廟あるいは伏見城の日暮御殿を移築したものとされています。

天井画は狩野永徳光信の作。

本殿内部は桃山時代を代表する、優雅できらびやかな装飾が施されています。

39426 都久夫須麻神社

明治時代の廃仏毀釈により、大津県庁は宝厳寺を廃寺にして神社としたうえで、社名を『延喜式神名帳』から採った「都久夫須麻神社」に改めるよう命じましたが、宝厳寺は日本全国の崇敬者の強い要望によって廃寺を免れ、寺院と神社が並存することとなりました。

1874年(明治7年)に都久夫須麻神社と宝厳寺の境界が決められ、これまでの本堂が都久夫須麻神社の本殿に。

39427 都久夫須麻神社

宝厳寺と都久夫須麻神社は別法人ですが、宝厳寺観音堂と都久夫須麻神社本殿は渡り廊下で直接連絡しています。

(画像提供:めりい)

鮮やかに修復された画像を見て、私もまたの機会に訪ねてみたくなりました。


にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記ランキング
スポンサーサイト



Comment

NoTitle 

おはようございます。
ここはいつもツアーで募集してて、
いつか参加したいと思っててとうとう今日まで行けずじまいです。
こんな立派なお寺さんがあるんですね。
ここ、あるていどは由緒等々は調べて知ってましたが、
あらためてまたよく今わかりました・・。ありがとうございます🤩
  • posted by マーチャン 
  • URL 
  • 2023.09/09 05:43分 
  • [Edit]

NoTitle 

長浜から竹生島までの
船旅が好きです。

伊吹山を眺めながらの短い船旅ですが
琵琶湖の雄大さを実感できますね。

応援ぽち
  • posted by よっちん 
  • URL 
  • 2023.09/09 16:46分 
  • [Edit]

こんばんは 

こんばんは。
鮮やかですね。
修復をすると蘇りますね。
こう言う作業も大変でしょうね。
でも職業としてしている人がいるのですからね。
素晴らしい仕事だと思います。
  • posted by 自転車親父 
  • URL 
  • 2023.09/09 21:58分 
  • [Edit]

NoTitle 

これは鮮やかですごくきれいですね。
他も立派で、行ってみたいです。
応援ぽち2.
  • posted by みかん農家 
  • URL 
  • 2023.09/09 22:10分 
  • [Edit]

皆様へ 

こんばんは!
今日もコメントありがとうございました。

友人の画像を見せてもらって、私も再度行きたくなりました。
やはり自分の目で鮮やかな色を感じてみたいし、長浜から竹生島までのクルーズもまた楽しみたいです。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2023.09/10 01:16分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

大河ドラマに恋して - にほんブログ村

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
13位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析