大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

源為義の墓(権現寺)

京都の市バス「七条千本下車」で下車し、商店街の間の道を入っていくと、権現寺の前に、源為義の墓があります。

IMG_6909 B

権現寺

IMG_6917 B

源為義の墓

左が顕彰碑、右が供養塔
IMG_6910 B

IMG_6911 B

IMG_6912 B

IMG_6916 B

「保元物語」によると、源為義は、保元の乱後、七条朱雀(現在の千本七条辺り)で斬首され、首実検の後、北白河の円覚寺に葬られたとされています。

案内板によると、

「保元の乱において崇徳上皇方の主力として戦うが敗北し、後白河天皇方についた長男義朝の手で処刑された。
保元物語では、義朝の部下鎌田正清と波多野義通によって七条朱雀で切られ、圓覚寺に埋葬されたとある。
この供養塔は、寺伝によれば当山中興(1596年)のはるか昔より、丹波街道(七条通り)を挟んだ北側に源為義公の墓があった。五輪塔は貞享3年(1686)の為義公の年忌法要に際し、再整備したものである。
明治45年(1912)京都駅操作場の拡張工事に伴って、現在の中央卸売市場から現在地に移設した。その際に、五輪塔の下から水輪などの石塔の一部が見つかり水輪を積み重ねるなど現在のような姿にしたとのことである。」

ということで、この権現寺の為義の墓は、「保元物語」によるものだということになります。

しかし、為義の斬られた場所については諸説あり、「愚管抄」には、東寺西側の羅生門のあたりの「四塚」という説もあります。

また「兵範記によると、為義は5人のこどもたちとともにに船岡山の辺りで斬られたとされ、史実ではこの説が有力視されています。

船岡山の記事はコチラ

F2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。


スポンサーサイト

コメント

下京のまちんの源氏ゆかりの地! 

なるほど良くこまめに京都を見ておられるのわかります!
良い本持っておられますね!良い本を見つけるのは綾部市では難しく注文取り寄せが多いです。

NoTitle 

義朝、為義とくれば、為朝。
大島にも行きたくなりますね。
琉球にも?

四方さんへ 

ここも調べていかないと、偶然発見できるところではありませんね。
一般的な京都の観光ルートから外れていますからね。
私は書店に出向いて買うのが好きですが、ネットで大量に注文することもあります(*^_^*)
  • しずか 
  • URL 
  • 2012年09月29日 15時50分 
  • [編集]
  • [返信]

YUMIさんへ 

2005年から本格的に史跡めぐりをスタートしたのですが、回れば回るほど行きたいところが増えてきます。
まさに終わりのない旅です。
  • しずか 
  • URL 
  • 2012年09月29日 15時53分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
23位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

右サイドメニュー