fc2ブログ

大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「光る君へ」「どうする家康」「鎌倉殿の13人」「青天を衝け」「麒麟がくる」「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

小田原巡り(1)北条氏康ゆかりの吉兆の大亀

数年前、小田原の町を散策しました。

小田原駅
20140917_857377.jpg

小田原駅の前には、北条早雲像が立っています。

20140917_857383.jpg

北条早雲
後北条氏の祖。伊勢新九郎長氏と称したが,入道して宗瑞と号した。出自は不明で,室町幕府政所執事伊勢氏の一族とも,鎌倉幕府執権北条氏の子孫ともいい,出身地も伊勢,京,備中などの諸説がある。応仁年間 (1467~69) 今川義忠を頼って駿河に下向し,義忠の死後国内が乱れたときにこれを平定し,興国寺城主となった。延徳3 (91) 年堀越公方足利政知の遺児茶々丸を殺して伊豆を領し,明応4 (95) 年相模小田原城主大森藤頼を追出して同城を奪った。永正9 (1512) 年相模岡崎城の三浦義同 (よしあつ) を破り,同 13年同国新井城に三浦氏を滅ぼし,相模を手中に収め後北条氏の基礎を築いた。(コトバンクより)


標柱を見ながら小田原の町を歩いて行きます。

本町
1 20140828_833818 本町

2 20140828_833819 honmati

小田原北条氏時代、この町は通小路といわれていたが、江戸時代前期にこの町を基準にして城下の町人町を左右に町割りしたとき本町と改められた。隣の宮前町とともに小田原宿の中心で江戸時代末期には本陣ニ、脇本陣二に旅籠が二十六軒ほどあった。

本町交差点そばにある小田原宿なりわい交流館

3 20140828_833820

この建物は、関東大震災で被害を受けた建物を、昭和7年に再建したもので、小田原の典型的な商屋の造りである「出桁造り」という建築方法が用いられています。また、2階正面は出格子窓になっており、昔の旅籠の雰囲気を醸し出しています。

現在、1階は市民や観光客の「お休み処」として、2階のイベントスペースでは、地場産業の情報発信や、生涯学習、文化活動などの各種イベント会場として利用されています。

5 20140828_833822

私もこちらで、冷たいお茶(無料サービス)をいただき、疲れた足を休ませていただきました。
こういうサービス助かりますね。
観光案内もしてくれますよ。
パンフレットや地図をもらって次のところを目指します!

▶住所 〒250-0012 小田原市本町3-6-23
▶電話 0465-20-0515
▶観光案内・お休み処(1階)(入館料無料、飲食物持ち込み可)
   (4〜10月)午前10時00分〜午後7時00分
   (11〜3月)午前10時00分〜午後6時00分
▶イベントスペース(2階)
    午前10時00分〜午後10時00分(事前予約制)
▶休館日
    12月31日(そのほか臨時休館あり)
▶その他
    トイレ利用可
    Wi-Fi利用可
    駐車場なし


小田原宿のなりわい交流館から近くの松原神社へ。

1 20140904_842629

2 20140904_842630

4 20140904_842632

松原神社の創建年代は不詳ですが、かつては、鶴の森明神、松原大明神などと呼ばれ、後北条氏が社領1万石を寄進するなどして崇敬しました。

小田原宿の総鎮守とされ、明治2年(1869年)松原神社と改称しました。

3 20140904_842631

こちらには、北条氏康ゆかりの吉兆の大亀があります。

天文14年(1545年)3月、小田原海岸に現われた大亀を土地の者が当社の池に持参したところ、北条氏康は吉兆として参詣し、舞を奉納。

翌天文15年の河越夜戦では、上杉軍8万の兵にわずか8千の兵で見事に破ることができました。この石亀像は、その話に由来して造られたものと思われ、大亀の甲羅を撫でると、社運隆昌、心願成就、開運招福、勝運、学業・受験合格に御利益があるとされています。

5 20140904_842633

6 20140904_842634



にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記ランキング

スポンサーサイト



Comment

NoTitle 

おはようございます。
小田原というところはいつもすり抜けてて、
訪れたこともなければ、
降り立ったこともないところで恥ずかしい話です。
歴史があり素敵なところですから、
この絵のようなところ散策してみたてものですね・・。
ありがとうございます。🤩
  • posted by マーチャン 
  • URL 
  • 2023.09/28 06:09分 
  • [Edit]

NoTitle 

今日も外に出ています。
旅籠の雰囲気も味わえるのは嬉しいですね。
応援ポチ2。
  • posted by みかん農家 
  • URL 
  • 2023.09/28 19:48分 
  • [Edit]

こんばんは 

こんばんは。
北條早雲は何となく胡散臭いイメージです。
良くは知らないのですけど。(笑)
小田原は何度か行ってますが。
新幹線の乗り換えとかですね。
ほとんどは自動車で通るだけになってます。
  • posted by 自転車親父 
  • URL 
  • 2023.09/28 20:22分 
  • [Edit]

皆様へ 

こんばんは!
今日もコメントありがとうございました。

「北条」を名乗るようになったのは2代・氏綱の時代からで、北条早雲の存命中には「伊勢」の姓を名乗っていたといいますね。生前の文の署名も伊勢新九郎や伊勢宗瑞などがあり、出自についても謎の多い人物ですね。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2023.09/28 22:36分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

大河ドラマに恋して - にほんブログ村

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
41位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
12位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析