大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

紅葉の鞍馬寺(2) 牛若丸の史跡 

ここより奥の院参道に入ります。

img_5149_b 1

img_5150_b 2

与謝野晶子・鉄幹の歌碑と、 東京から移築した与謝野晶子の書斎冬柏亭

img_5151_b 3

img_5152_b 4

img_5153_b 6

ここから先に、牛若丸(義経さま)の史跡が点在しています。

img_5154_b 7

義経公息つぎの水・・・牛若丸が東光坊から奥の院へ兵法の修行に通う途中、この清水を汲んで喉の渇きを潤したと伝えられています。

img_5157_b 8

img_5155_b 9

義経公背比べ石・・・奥州に下る牛若丸が名残を惜しんで背を比べたと言われる石

img_5161_b 10

img_5160_b 11

img_5163_b 12

木の根道

img_5164_b 13

img_5165_b 13

僧正が谷不動堂・・・牛若丸が鞍馬天狗より兵法を学んだ舞台がこのあたりであるといいます。

img_5168_b 1

img_5169_b 2

義経堂・・・ 義経公を遮那王尊として祀る。

img_5171_b 3

img_5172_b 4

img_5174_b 5

img_5175_b_2 6

奥の院魔王殿・・・650万年前、金星から来た護法魔王尊が降臨したところと伝えられ、石灰岩が重なる柵内は、日本庭園の源流になったといわれています。

67_c_b.jpg

69_c_b 8

F2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。



スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

鞍馬は京都でも大好きなところです。
天狗?とは思いますが、でも天狗がでてきてもおかしくないような…
しかし山道きついです。
  • posted by YUMI 
  • URL 
  • 2012.10/02 12:22分 
  • [Edit]

YUMIさんへ 

ここは、京都の中でも独特な雰囲気のあるところですね。
たしかに天狗がいてもおかしくないような昼でも薄暗いところです。
この山道もう歩けそうにありません(^_^;)
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2012.10/02 13:56分 
  • [Edit]

鞍馬寺から清滝への道!へのハイキング! 

貴船神社、清滝からJR保津峡への道に思い出があります!
清滝は「瘴気払い」で2回一杯会を遣っています!
 6回目の恋わずらいを降りきるため一日歩き通した鞍馬から、貴船、JR保津峡駅一人で歩くのは問題ないでしょうが、女性の皆さんは危険ですね!
 男一人でもやっぱり身震いします!ここがそういった京都の八瀬童子の里にも近いですね!

四方さんへ 

鞍馬~貴船へ抜ける道、「クマ、ハチに注意!」という看板があり、びびりながら、山を越えたのを覚えています。
ここは、なるべく一人歩きは避けたいですえ。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2012.10/03 01:04分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
103位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
18位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析