fc2ブログ

大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「光る君へ」「どうする家康」「鎌倉殿の13人」「青天を衝け」「麒麟がくる」「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

洞雲院の於大の方の遺髪墓

愛知県知多郡阿久比町の洞雲院は、徳川家康の生母である於大の方の菩提寺です。

IMG_6041 洞雲院

948年(天暦2年)、菅原道真の孫である菅原雅規が開基となり、洞雲院の前身となる久松寺を創建したと伝わります。

1494年(明應3年)、雅規の後裔である久松定益が曹洞宗の洞雲院として再建しました。

IMG_6042 洞雲院

IMG_6044 洞雲院

1547年(天文16年)、久松俊勝のもとに於大の方が再嫁され、坂部城に在城の15年間に三男四女の子女が出生しています。

IMG_6045 洞雲院

IMG_6043 洞雲院

寺伝によれば、平安時代、天暦2年(948)に菅原道真公の孫である菅原雅規〈まさのり〉が開基となり、天台宗の久松寺 (洞雲院の前身)を創建したと言われる。
雅規の幼名は久松麿と言い、後に英比丸、英比殿とも称された。英比殿は天性朴質、極めて聡明、仁恵に厚く善政を敷いた。没後、 いつの頃からか人々はその徳を追慕し、英比殿夫妻の木像を彫刻し、厨子に奉安して英比荘の民家1戸1日の割で廻送し、供養を怠らなかった。 世に「廻り地頭信仰〈まわりじとうしんこう〉」と言われた。
この民俗信仰は明治維新とともに途絶え、現在、木像と厨子は、当山霊廟に安置され、学問上達信仰として祭られている。
室町時代、明應3年(1494)雅規の後裔、久松定益が曹洞宗の洞雲院として再建し、七堂伽藍と四つの塔頭を整備した。 開山には加木屋普済寺在室岱存〈たいぞん〉大和尚を迎えた。
天文16年(1547)久松俊勝のもとに徳川家康の生母於大の方が再嫁された。阿久比城 (坂部城)に在城の15年間に三男四女の計7人の子女を出生。俊勝の子は松平姓に改められ、後に桑名城主、 松山城主をはじめ多くの大名、 旗本として世に出した。
当山の境内墓地には、英比殿をはじめ於大の方等13基の墓がある。また、 例年3月16日には於大の方が女性の幸福招来を願って始まった観音懺法会〈かんのんせんぽうえ〉、通称「おせんぼ」が行われる。 阿久比町教育委員会

境内墓地には、於大の方をはじめ、久松松平家の墓があります。

IMG_6047 洞雲院

久松・松平家墓地
IMG_6048 洞雲院

IMG_6049 洞雲院

IMG_6050 洞雲院

洞雲院 久松定益
IMG_6054 洞雲院

定義の父。

安龍院 久松定義
IMG_6053 安龍院

俊勝の父。

陽光院 久松俊勝
IMG_6052 陽光院

於大の方が再嫁した夫

伝通院 於大の方
IMG_6051 伝通院

於大の方の遺髪が埋葬されているそうです。

大鏡院 松平定綱
IMG_6055 大鏡院

 於大の方と俊勝の間に生れた松平定勝の三男

ここから坂部城はすぐ近くです。


にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記ランキング

スポンサーサイト



Comment

NoTitle 

おはようございます。
ここはあること知ってましたが、
なにしろ行ったことございませんから、
こうして見せていただくがいいところでした。
いつもの様にきめ細かく見せていただくと、
なにかとそれはよく分かりますから。
ありがとうございます。🤩
  • posted by マーチャン 
  • URL 
  • 2023.11/25 05:44分 
  • [Edit]

NoTitle 

今日はこれからソロキャンプに行くので
訪問だけで失礼します。
二日続きの訪問だけになってしまい
申し訳ありません。

応援ぽち
  • posted by よっちん 
  • URL 
  • 2023.11/25 10:03分 
  • [Edit]

こんにちは 

こんにちは。
お於大の方の菩提寺ですか。
再嫁されたのですよね。
と言うことは、家康の異父兄弟がたくさんいると言うことですね。
しかし菅原道真が出て来るとはびっくりです。
  • posted by 自転車親父 
  • URL 
  • 2023.11/25 14:52分 
  • [Edit]

NoTitle 

お墓に石の門もあって、すごいですね。
応援ぽち2.
  • posted by みかん農家 
  • URL 
  • 2023.11/25 20:20分 
  • [Edit]

皆様へ 

こんばんは!
今日もコメントありがとうございました。

ここは、岡崎城のついでに行く予定でしたが、時間が足らず後回しにしておいたところです。於大が亡くなる回が近いと聞いて、慌てて行きました。
昔は側室がいるのが当たり前の時代でしたから、異母兄弟も当然の如くいるわけで、家康に関しては、於大が再嫁したことにより、異父兄弟までいて、さらに複雑な兄弟関係になったのですね(^_^;
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2023.11/25 22:37分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

大河ドラマに恋して - にほんブログ村

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
13位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析