fc2ブログ

大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「光る君へ」「どうする家康」「鎌倉殿の13人」「青天を衝け」「麒麟がくる」「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

崇伝が住持した南禅寺の塔頭・金地院

以心崇伝(いしん すうでん)は、字は以心、法名が崇伝で、南禅寺金地院に住したため、金地院崇伝(こんちいん すうでん)とも呼ばれています。

800px-Ishin_Sūden

京都南禅寺金地院の慶長10年(1605)の住持となり、徳川家康に仕え、外交事務、方広寺鐘銘事件や寺社行政、寺院法度、禁中並公家諸法度などの起草、キリスト教の禁圧、紫衣事件に関与し、幕府の基礎づくりに貢献しました。黒衣(こくえ)の宰相とも称されましたが、称されましたが、家康の死後は勢力を失いました。

その崇伝ゆかりの金地院を訪ねました。


南禅寺の塔頭である金地院は、応永年間(1394-1428)に足利義持が北山に創建し、1605年(慶長10)崇伝により現在地に移築されました。

IMG_3823 金地院

IMG_5830 金地院

明智門
IMG_5825 金地院

天正10年(1582年)に明智光秀が母の菩提のため寄進した銀により大徳寺方丈に建立されたもので、それまで金地院にあった国宝の唐門が豊国神社に移築されたため、大徳寺から明治19年(1887年)に買得し、現在地に移築しました。

IMG_5828 金地院

IMG_5827 金地院

鶴亀の庭 (特別名勝金地院庭園)
崇伝が徳川家光のために作らせ、小堀遠州が設計、「天下一の石組の名手」とされる賢庭(けんてい)が実際の作業を指揮してとされています。

IMG_5844 金地院

方丈から見て右手に鶴が左手に亀が配されており、鶴の背には常緑樹、亀の背には落葉樹が植えられています。

IMG_5849 金地院

鶴島
IMG_5849 金地院2

亀島
IMG_5848 金地院

また、鶴と亀の間にあるたたみ5畳弱の長方形の巨石は、遥拝石とされ隣接する東照宮を拝むために置かれた石で、造営当時は庭から東照宮が見えたと伝えられています。(Wikipediaより

遥拝石
IMG_5846 金地院 3

金地院の敷地内には、小ぶりながらも東照宮が建てられています。

IMG_5801 金地院

IMG_5836 金地院

重要文化財。小堀遠州の作。

徳川家康の遺言で建てられ家康の遺髪と念持仏を祀っています。

『徳川実紀』によれば、家康は元和2年(1616年)4月2日、側近の以心崇伝、南光坊天海、本多正純を召し、「(遺体は)久能山に納め奉り、御法会は江戸増上寺にて行はれ、霊牌は三州大樹寺に置れ、御周忌終て後下野の国日光山へ小堂を営造して祭奠すべし。京都には南禅寺中金地院へ小堂をいとなみ、所司代はじめ武家の輩進拝せしむべし」と遺言したといういます。
社殿は寛永5年(1628年)に造営され、拝殿は総漆塗り、相の間・本殿は軸部(柱や梁)を丹で、壁や扉は白・黄・緑といった極彩色で彩られています。また拝殿の天井には狩野探幽の筆による「鳴龍」が描かれており、さらにその欄間には土佐光起画・青蓮院宮尊純法親王の書になる「三十六歌仙」額が掲げられています。

IMG_5837 金地院 (2)

開山堂
IMG_5842 金地院

後水尾天皇の勅額を掲げる崇伝の塔所で、両側に十六羅漢像が安置されています。

IMG_5839 金地院 (2)


にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記ランキング
スポンサーサイト



Comment

NoTitle 

おはようございます。
なんにも知らんで以前には入ってた光地院。
最近少しわかったりして紅葉観たさに入ってました。
こうしてくわしくいつもの様に教えられると、
いつもながらの有難さを感じてしまいます。
ここのお庭のモミジ今年もよかったでしょうか・・。
  • posted by マーチャン 
  • URL 
  • 2023.12/01 06:20分 
  • [Edit]

NoTitle 

追伸・・🤩🤩
  • posted by マーチャン 
  • URL 
  • 2023.12/01 06:22分 
  • [Edit]

こんばんは 

こんばんは。
金地院は一度行ったことがあります。
相当昔ですけどね。
鶴亀の庭を見たのは覚えていますよ。
写真を見せていただいて思い出しました。
あまり混雑していなくて素敵な場所でしたね。
  • posted by 自転車親父 
  • URL 
  • 2023.12/01 20:20分 
  • [Edit]

NoTitle 

明智門も趣があってすごくいいですね。
庭はまたすごく立派です。
応援ぽち2.
  • posted by みかん農家 
  • URL 
  • 2023.12/01 20:51分 
  • [Edit]

NoTitle 

先日、金地院に行ったんですよ。
朝一番に行ったので
他に誰もいなかったんです。

いい参拝ができました。

応援ぽち
  • posted by よっちん 
  • URL 
  • 2023.12/01 20:58分 
  • [Edit]

皆様へ 

おはようございます。
昨日もコメントありがとうございました。

金地院へは、「麒麟がくる」の年に行きました。
紅葉🍁の時期、南禅寺はかなりの混雑ぶりですが、金地院は比較的空いている印象を抱いています。が、今年は、家康の影響で人出が多かったのかも。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2023.12/02 08:51分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

大河ドラマに恋して - にほんブログ村

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
13位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析