fc2ブログ

大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「光る君へ」「どうする家康」「鎌倉殿の13人」「青天を衝け」「麒麟がくる」「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

方広寺の鐘銘事件

京都の東山にある方広寺は、天台宗山門派の寺で、豊臣秀吉により建立されました。

しかし、「方広寺」という寺号は、江戸時代初期の文献には見られず、自然発生的なものとされています。

方広寺大仏を発願した秀吉は、正式な寺号を定めておらず、当時は単に大仏(殿)、新大仏(殿)・京大仏(殿)・東山大仏(殿)・京東大仏(殿)・洛東大仏(殿)などと呼ばれていたそうです。

天正14年(1586年)大仏殿の造営が開始され、文禄4年(1595年)に完成。

大仏は、奈良の東大寺の大仏よりも大きく、18mの高さであったといいます。


しかし慶長元年(1596年)の地震により倒壊。

その後、豊臣秀頼により再建されましたが、寛政10年(1798年)に落雷による火災で焼失。

天保14年(1843年)に再建された4代目大仏は、昭和48年(1973年)まで存続していましたが、失火により焼失。

大仏殿、大仏は今はなく、当時を偲ばせるものとしては、巨大な石を組んだ門前の石垣、そして徳川家康が豊臣家を滅ぼす口実とした「国家安泰の鐘」が残されています。

IMG_6431 方広寺

豊臣家の威信回復のため、慶長12年(1607)には、豊臣秀頼により、片桐且元を奉行として、再び大仏および大仏殿の再建工事がなされることになりました。

慶長17年(1612年)中に大仏殿はほぼ完成し、鐘が鋳造されることになりましたが、その銘文が問題となります。

片桐且元は、銘文の筆者として、南禅寺の文英清韓を選定し、清韓は以下のような鐘銘文を書きました。


欽惟 豊国神君 昔年 掌普天之下

前文 外施仁政 前征夷大将軍従一位右僕射源朝臣家康公 天子万歳 台齢千秋

銘曰 洛陽東麓 舎那道場 聳空瓊殿 横虹画梁 参差萬瓦 崔嵬長廊 玲瓏八面 焜燿十方 境象兜夜 刹甲支桑 新鐘高掛 商音永煌 響応遠近 律中宮商 十八声縵 百八声忙 夜禅昼誦 夕燈晨香 上界聞竺 遠寺知湘 東迎素月 西送斜陽 玉筍堀池 豊山降霜 告怪於漢 救苦於唐 霊異惟夥 功用無量 所庶幾者 国家安康 四海施化 万歳伝芳 君臣豊楽 子孫殷昌 佛門柱礎 法社金湯 英檀之徳 山高水長

慶長十九年甲寅歳孟夏十六日 大檀那正二位右大臣豊臣朝臣秀頼公 奉行片桐東市正豊臣且元 冶工名護屋越前少掾菅原三昌

前住東福後住南禅文英叟清韓謹書


IMG_6433 方広寺

鐘をアップにしてみると、白い線に囲まれた「国家安泰 君臣豊楽」の銘文がはっきりとわかります。

方広寺の鐘

家康は、五山の僧や林羅山に、梵鐘の銘文を解読させ、「国家安康」「君臣豊楽」は、徳川家康の家と康を分断し、豊臣を君主として、家康および徳川家を冒涜するものだと、銘文に言いがかりをつけました。

羅山は銘文に家康呪詛の意図があると断じたとされるが、一方で五山の答申は概ね、諱を犯したことは手落ちとしたものの、呪詛意図までは認めず、相国寺のように「武家はともかく、五山では諱を避けない」との指摘を付記するものもあった。また、銘文を選定した清韓自身は、家康に対する祝意として意図的に諱を「かくし題」として織り込んだと弁明している。(Wikipediaより)

慶長19年(1614年)8月、豊臣家は鐘銘問題の弁明のため、片桐且元を駿府へ派遣.。
しかし、且元は、

・秀頼を江戸に参勤させる
・淀殿を人質として江戸に置く
・秀頼が国替えに応じ大坂城を退去する

のどれかを選ぶように迫られます。
この案は豊臣方にとって受け入れられるものではなく、且元は大野治房はじめ、他の重臣からも家康との内通を疑われるようになりました。
また、織田信雄から暗殺計画の存在を知らされた且元は、身の危険を感じ、大坂城から退去。

方広寺の鐘銘事件がきっかけとなり、大阪の陣で豊臣家を滅亡に追いやることになるのでした。

この鐘は、重要文化財に指定されており、東大寺、知恩院の鐘と並んで、日本三大名鐘のひとつとされています。

IMG_0279 B

IMG_6432 方広寺

国家安康の銘鐘

慶長十九年(一六一四年)豊臣秀頼が、亡き父秀吉の追善の為造った鐘である。秀吉追善の為と表向きにはなっているが、豊臣家の財カの消耗が狙いで徳川家康が秀頼に勧めて造らせたものである。
撞木を挟み、この鐘の上部には東福寺の僧清韓の書いた銘文が刻まれており、その銘文の中の「国家安康」と「君臣豊楽」の八文字が徳川家康の怒りをかった。家康の文字を二分し呪誼をはかり、豊臣家の幸福を祈念するものだ。という
主張であった。勿論そういった意味は無く「国家安康」は国家の安泰を願ったもので、「君臣豊楽」は君主も臣下も皆豊かで楽しく、といった意味である。これに対し片桐且元はこの問題を解決すべく、家康のもとへ向かったが、面会すらさせてもらえず、状況は亜心化し、大坂冬の陣へと向かっていった。全ては家康が豊臣家を滅亡させようととった策略であり、その裏では家康の政僧というべき
天海と金地院崇伝と深い関係があったようだ。
大坂夏の陣での豊臣家滅亡の後、鐘は徳川家より呪いの鐘とされ、地面に置き鳴らなくされてしまい、明治十七年に寄進で鐘楼が建て直されるまで雨ざらしであった。その際現在の鐘楼の天井画が移築された。この天井画は元々伏見城の女性の化粧室の天井画であった。

鐘の寸法
高さ: 4.2 メートル
外径: 2.8 メートル
厚さ: 27 センチ
重さ; 82.7 トン


IMG_6436 方広寺 天井画


本堂
IMG_6428 方広寺本堂

本堂では、大仏の眉間に埋め込まれていた眉間籠り仏や大仏の台座の一部が拝観できます。

また大黒天堂には、秀吉の念持仏だった大黒天像が祀られています。

IMG_6429 大黒天堂


にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記ランキング

スポンサーサイト



Comment

NoTitle 

おはようございます。
ここのこの鐘一度だけですが見たことありました。
そしてお参りもしたことあります。
このようにして詳しくわかると助かります。
そうですってね大きな大仏があったとか・・。
けさも、ありがとうございました。🤩
  • posted by マーチャン 
  • URL 
  • 2023.11/28 06:39分 
  • [Edit]

こんばんは 

こんばんは。
しかし、凄い言いがかりですよね。
何と言っても豊臣を討つ。
これだけの目的で粗捜しなのでしょうか。
凄いですよね。
怖い時代です。
  • posted by 自転車親父 
  • URL 
  • 2023.11/28 20:04分 
  • [Edit]

NoTitle 

この鐘の話は、言いがかりがすごいですよねぇ。
そんな大きな大仏もあったなんて、知らなかったです。
応援ぽち2.
  • posted by みかん農家 
  • URL 
  • 2023.11/28 20:26分 
  • [Edit]

NoTitle 

国家安康 君臣豊楽…

この話は有名ですよねぇ。
大阪の陣で豊臣家は滅ぼされますが
大阪は商人の街として発展しました。

それでよかったのかなぁと思いますわ。

応援ぽち
  • posted by よっちん 
  • URL 
  • 2023.11/28 20:31分 
  • [Edit]

皆様へ 

こんばんは!
昨日もコメントありがとうございました。

ここは数回いったことがあるのですが、その時の画像のディスクが見つからないので、改めて行ってきました。

国家安康 君臣豊楽・・・凄い言いがかりですよね(..;)
よくもまあ思いついたものです。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2023.11/29 02:55分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

大河ドラマに恋して - にほんブログ村

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
13位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析