fc2ブログ

大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「光る君へ」「どうする家康」「鎌倉殿の13人」「青天を衝け」「麒麟がくる」「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

家康と秀頼の会見が行われた元離宮二条城

元離宮二条城は、慶長8年(1603)徳川家康が京都の守護および上洛じょうらく時の居城として築城した城で、慶長16年(1611)3月28日、家康と豊臣秀頼の会見が行われました。

当初、秀頼はこれを秀忠の征夷大将軍任官の際の要請と同じく拒絶する方向でいましたが、家康は織田有楽や高台院を仲介として上洛を要請し、ついには秀頼を上洛させることに成功しました。

Wikipediaによると、

「前日の27日未明に、福島正則などを留守居役として秀頼は楼船で出立し、織田長益、片桐且元・貞隆兄弟、大野治長、その他30人ほどの番頭や小姓が同行した。家康は、九男・義直(10歳)と十男・頼宣(9歳)を伏見上鳥羽での出迎役とし、浅野幸長、加藤清正、池田輝政、藤堂高虎などが随伴した。淀で一泊をした。

当日
28日、一行は竹田街道を通り京都に入り、片桐且元の京屋敷で秀頼の衣装を整え、隊列を組み直して二条城へ向かい、朝8時頃に到着した。門外で降りた秀頼は、玄関先にまで出迎えた家康に丁寧な挨拶を返す。家康が先に御成の間に上げて対等な立場での会見をしようと提案するものの、秀頼は固辞して家康を先に上げた。「三献の祝い」が行われ、秋元泰朝が媒酌を務め、家康から秀頼に盃に注ぎ、大左文字の刀と脇差が贈られた。秀頼も返杯し、一文字の刀、左文字の脇差を贈った。ここには高台院も臨席して盃を受けた。会見は2時間ほどで終了した。酒や吸い物などの賑やかな昼食があり、随行の将も次の間で饗応を受けたが、加藤清正は饗応の席につかずに秀頼の隣に控えていた。13時より豊国神社を参拝し、同敷地内北側の、慶長伏見地震で倒壊していた再建中の方広寺を監督する。三条より船で帰路に付き、途中に加藤清正の伏見屋敷に入り、大坂城へ戻った。」


二条城は、徳川家光の時に完成し、現在の規模になりました。

唐門
IMG_7446 二条城

二の丸御殿
IMG_7450 二条城

諸大名を集め、大政奉還を発表した二の丸御殿の大広間(一の間)には、等身大の人形でその様子が再現されています。

IMG_2898.jpg

IMG_7452 二条城

IMG_7455 二条城

IMG_2893.jpg

二の丸庭園と二の丸御殿黒書院
IMG_7456 二条城

2 20160407_1403450

天守閣跡
5 20160407_1403465

6 20160407_1403463

4 20160407_1403464

天守閣跡からの眺め
7 20160407_1403462

本丸御殿
8 20160407_1403466

秀頼と対面した家康は、「秀頼は賢い人物である。」と家臣に述べたそうです。


にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記ランキング

スポンサーサイト



Comment

NoTitle 

おはようございます。
夕べもここ二条城出てきましたね。
時代背景からして大河もとうぜんだし、
こうして現場に行かれてきめ細かく取材されて来て、
見せていただけて教えていただけて、
それは嬉しい事でもあります・・。🤩
  • posted by マーチャン 
  • URL 
  • 2023.11/27 06:21分 
  • [Edit]

こんばんは 

こんばんは。
二条城は行ったことがあります。
でもかなり経ったので記憶が。
それでもこうして見せていただくと思い出します。
家康はどんな気持ちで秀頼と会ったのでしょうかね。
  • posted by 自転車親父 
  • URL 
  • 2023.11/27 20:11分 
  • [Edit]

NoTitle 

二条城は何度も訪れていますが
ここが今でも皇居であって
京都は天皇が住む都であり
東京は経済、政治の中心地であればいいのになと
思うんですよねぇ。

応援ぽち
  • posted by よっちん 
  • URL 
  • 2023.11/27 20:43分 
  • [Edit]

NoTitle 

やはり建物も庭もすべてすごいですよねぇ。
応援ぽち2.
  • posted by みかん農家 
  • URL 
  • 2023.11/27 20:47分 
  • [Edit]

皆様へ 

こんばんは!
昨日もコメントありがとうございました。

幾度となく訪ねている二条城ですが、四季折々の美しさのある庭園が素晴らしいですね。
私もよっちんさんの意見に賛成です。二条城が今でも皇居であって、京都は天皇が住む都であると。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2023.11/28 02:22分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

大河ドラマに恋して - にほんブログ村

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
13位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析