fc2ブログ

大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「光る君へ」「どうする家康」「鎌倉殿の13人」「青天を衝け」「麒麟がくる」「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

桑名の旅(10)多度大社 その弐

多度大社の境内を進んで行きます。

IMG_0788 多度大社

白馬舎
IMG_0790 多度大社 白馬舎

古くから伝わる白馬伝説に因んだ白馬が納められています。

こちらは本物の馬ではありません。

馬は非常に歯の丈夫な動物と言うことで、これにあやかった『歯ぎしり除けの豆』が頒布されていいす。

IMG_0791 多度大社 白馬舎

IMG_0792 多度大社

招魂社 
IMG_0794 多度大社

西南の役以降の国内外の出征、戦歿された桑名郡市・員弁郡市・四日市市・三重郡・岐阜県下出身の御英霊を奉斎。

美御前社
IMG_0796 多度大社 美御前社

IMG_0795 多度大社 美御前社

於葺門(おぶきもん)
IMG_0797 多度大社 於葺門

この門を境にして本殿の神域に入ります。

末社 神明社
IMG_0801 多度大社 神明社

IMG_0799 多度大社 神明社

御祭神 天照大御神

本宮
IMG_0803 多度大社 本宮

御祭神 天津彦根命

別宮
IMG_0805 多度大社 別宮

御祭神 天目一箇神(あめのまひとつのみこと)

IMG_0800 多度大社

本宮祭神の天津彦根命は、天照大神の第3子とされる神で、天津彦根命は当地の豪族・桑名首(くわなのおびと)の祖神である。天津彦根命が天照大神の御子神であることや参詣のための街道沿いにあることから伊勢神宮との関係が深く、「お伊勢参らばお多度もかけよ、お多度かけねば片参り」とも詠われた。また俗に、北伊勢大神宮・多度大神宮などとも云われた。本宮と別宮は合わせて「多度両宮」と称される。(Wikipediaより)


にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記ランキング
スポンサーサイト



Comment

NoTitle 

おはようございます。
多度大社の事は何度となくテレビでやってて、
案外知ってるつもりなんですが、
お伊勢さんとまた関係あるということは驚き。
こうして絵を食い入るように見せていただいて、
行った時の記憶を蘇らせているところです‥。
けさもありがとうございました。🤩
  • posted by マーチャン 
  • URL 
  • 2024.01/11 06:08分 
  • [Edit]

NoTitle 

お多度さんというのは、初めて知りました。
親子だったのですね。
応援ぽち2.
  • posted by みかん農家 
  • URL 
  • 2024.01/11 19:53分 
  • [Edit]

こんばんは 

こんばんは。
美御前社ですか。
これは人気が出そうですね。
女性が多かったですか?
  • posted by 自転車親父 
  • URL 
  • 2024.01/11 20:04分 
  • [Edit]

NoTitle 

ここで伊勢神宮のお札を
買うことができるんですか^^

伊勢に行かずともご利益がもらえるならいいなぁと思うのか、
この神社の商魂の逞しさがすごいと思うのか
人それぞれでしょうな。

応援ぽち
  • posted by よっちん 
  • URL 
  • 2024.01/11 21:22分 
  • [Edit]

皆様へ 

こんばんは!
今日もコメントありがとうございました。

私が行った日は、女性同士やカップルが多かったです。
女性は、美御前社が目的かな?
男性だけの姿はあまり見かけなかったような気がします。

伊勢に行かずとも・・・は考えようですね。
私は行かないと気が済まない方です(^0^;)
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2024.01/11 23:05分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

大河ドラマに恋して - にほんブログ村

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
41位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
12位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析