fc2ブログ

大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「光る君へ」「どうする家康」「鎌倉殿の13人」「青天を衝け」「麒麟がくる」「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

平安京の内裏跡と周辺史跡(20)平安宮内裏凝華舎(梅壺)跡・飛香舎(藤壺)跡

土屋町通に平安宮内裏凝華舎(ぎょうかしゃ)(梅壺)跡・飛香舎(ひぎょうしゃ)(藤壺)跡の案内板があります。

IMG_5306 平安宮内裏梅壺藤壺跡

IMG_5305 平安宮内裏梅壺藤壺跡

内裏の後宮七殿五舎の一つ。南庭(壺)に紅白の梅を植えていたので梅壺と呼ばれた。東宮(皇太子)の居所に使われたこともある。 母屋は東西五間、南北二間で四方に庇、東西は孫庇を持ち、周囲は簀子(すのこ)がめぐっていた。 梅壺女御としては円融天皇妃で一条天皇生母の藤原詮子(東三条院、藤原道長の姉)が有名。『源氏物語』では弘徽殿大后(こきでんたいごう)、秋好中宮(あきこのむちゅうぐう)がいる。 梅壺の南が飛香舎。壺に藤を植えていたので藤壺と呼ばれた。母屋は東西五間、南北二間。東側簀子から天皇の居所の清涼殿に行くことができ、後宮の中でも弘徽殿とともに重要な位置を占めた。『源氏物語』執筆当初の藤壺女御は、紫式部が仕えた一条天皇中宮の藤原彰子(上東門院)、道長の娘)であり、『源氏物語』での藤壺(桐壺帝の女御、後に中宮)が重要人物であることに影響を与えている。 光源氏は、亡き母に似ている継母の藤壺への恋慕から、里に下がっていた藤壺に逢瀬を迫り、その結果、男児(冷泉帝)が誕生する。

平成20年3月 京都市

IMG_5305 平安宮内裏梅壺藤壺跡3

IMG_5305 平安宮内裏梅壺藤壺跡2


凝花舎(ぎょうかしゃ)とは、平安御所の後宮の七殿五舎のうちの一つ。女御などが居住した他、清涼殿に近いことからしばしば東宮御所や摂政・関白の直廬(詰め所)ともされた。

庭に紅白の梅が植えてあったところから、梅壺(うめつぼ)ともいう。清涼殿からは北西。飛香舎(藤壺)の北。襲芳舎(雷鳴壷)の南。

凝花舎を賜っていた内で最も有名なのは、円融天皇の女御で、一条天皇の母である東三条院詮子(藤原兼家女)である。

その他に凝花舎を賜っていたのが知られるのは、

後朱雀天皇女御・藤原生子(藤原教通女)
後三条天皇女御・源基子(源基平女)
後白河天皇女御・三条琮子



飛香舎(ひぎょうしゃ)は、平安御所の後宮の七殿五舎のうちの一つ。初めは七殿に比べ格が低かったらしいが、清涼殿の北西に隣り合った位置であることなどから、平安中期以降中宮や有力な女御の局になった。現在、京都御所に復元されている。

庭に藤が植えられていたことから藤壺(ふじつぼ)の別名があり、この舎で藤や菊を愛でる宴が行われた。

藤原道長の娘で一条天皇中宮・藤原彰子が住んだことで有名。その後も、

三条天皇中宮・藤原妍子 - 彰子の妹
後一条天皇中宮・藤原威子 - 彰子・妍子の妹
後冷泉天皇中宮・章子内親王 - 威子の娘
など、御堂関白家の后妃が続けて住んだ。

その他に飛香舎を賜っていたのが知られるのは、

村上天皇中宮・藤原安子(藤原師輔女)
鳥羽天皇女御(橘俊綱女)
二条天皇中宮・藤原育子(藤原実能女)

なお『源氏物語』でも、藤壺中宮が飛香舎を局としたことで知られる。(Wikipediaより)



にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記ランキング
スポンサーサイト



Comment

しずかさんへ 

おはようございます。
  • posted by マーチャン 
  • URL 
  • 2024.02/20 05:32分 
  • [Edit]

NoTitle 

いまテストで入れて見ました。
きょうはコメ入りますからよろしいですね。
いつも難しいですが、
つぎつぎと続けての平安京等々のお話。
見せていただいて聞かせていただいています。
いつもありがとうございます。🤩
  • posted by マーチャン 
  • URL 
  • 2024.02/20 05:36分 
  • [Edit]

NoTitle 

日曜日に大河ドラマを見ることが出来なかったので
昨日、TVerで見たのですが
打毬というものに興味を感じました。

平安貴族が馬を巧みに乗りこなしていたことが
私には意外でした。

応援ぽち
  • posted by よっちん 
  • URL 
  • 2024.02/20 09:20分 
  • [Edit]

こんばんは 

こんばんは。
内裏復元イラストが面白いですね。
これは相当な広さとなるのでしょうね。
いわゆる屋根が付いた部分の広さでも相当でしょう。
何千坪かの床面積でしょう。
きっと中で迷子になる広さですかね。(笑)
  • posted by 自転車親父 
  • URL 
  • 2024.02/20 20:30分 
  • [Edit]

NoTitle 

それぞれの庭で、植えられているものが色々あって
それぞれの名の由来となっているのですね。
応援ぽち2.
  • posted by みかん農家 
  • URL 
  • 2024.02/20 20:30分 
  • [Edit]

皆様へ 

こんばんは😊今日もありがとうございました。

内裏復元イラストでは、全体図がわかりますが、いざ自分が代内裏の中に降り立ったら、間違いなく迷子になるでしょう(^0^;)
現在地を示した案内図が必須ですよ(^^ゞ
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2024.02/20 22:11分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

大河ドラマに恋して - にほんブログ村

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
13位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析