fc2ブログ

大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「光る君へ」「どうする家康」「鎌倉殿の13人」「青天を衝け」「麒麟がくる」「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

木之本めぐり(1)木之本の街並み

滋賀県長浜市の北国街道の宿場町・木之本町は、良質な生糸の産地であり、三味線や琴などの和楽器糸の生産が盛んな地域として知られています。

源氏物語』では、琵琶を演奏する場面がしばしば登場し、貴族たちに愛されていたのがわかります。

琵琶の歴史を辿ってみると、7、8世紀頃、中国大陸から日本に入り、雅楽に用いられ(楽琵琶)、のち盲僧琵琶・平家琵琶・薩摩琵琶・筑前琵琶などの種類が生まれました。

1920px-Genji_emaki_Yadorigi.jpg
琵琶を奏でる匂宮(『源氏物語絵巻 宿木』


以前、歴史ブロガーさん三人と木之本町めぐりをしたことがあります。

IMG_4983 kinomoto

駅の中には、黒田家発祥の地・木之本と官兵衛ゆかりの地の案内があります。

IMG_5110 kinomoto

IMG_5113 kinomoto

駅前の景色

IMG_5091 kinomoto

木之本の町を散策する前にまずは腹ごしらえ。

IMG_4984 kinomoto

駅近くの寿司懐石料理「丸忠」さんを、滋賀在住の友人が予約しておいてくれました。

IMG_4985 kinomoto tate

ワンプレートランチ
IMG_4986 kinomoto tate

一日10食の限定メニューです。

木之本は、木之本地蔵の門前町、また北国街道の本陣を持つ宿場町として栄えました。



旧本陣 竹内五左衛門家 漢方の本陣薬局
IMG_5051 kinomoto

当主は日本で第1号の薬剤師なのだそう。古い薬の看板が今も残されています。

IMG_5050 旧本陣

旧本陣 竹内五左衛門家

 京都、江戸、北陸を結ぶ宿場の本陣跡。 藩政時代には、大名などが、絶えず宿泊した宿札や記録が数多く残っている。また、将軍の息女、溶姫一行が滞在したときは、三千人分の寝具などを、助郷から集めたと記されている。 先々代の当主は、明治二十六年全国で日本薬剤師第一号の免状を取得されている。
軒下柱の馬繋ぎ金具に宿場の面影を残す。(案内板より)

「七本槍」蔵元 冨田酒造 
IMG_5052 kinomoto

杉玉
IMG_5054 tomita

酒屋の軒先に看板として吊るされます。
真新しい緑の酒林は新酒が出来た事のしるしです。

IMG_5053 tomita

富田八郎家

 先祖は昔北近江を治めていた近江源氏佐々木京極。下剋上で浅井氏が台頭し、天文二年(1533)当地へ移り住む。爾来造り酒屋を営む傍ら庄屋を務め、教育、産業、福祉等地域発展に尽くした。明治天皇北陸巡幸の際、岩倉具視が宿泊。母屋は延享元年(1744)建。軒下柱馬繋ぎ金具に宿場の面影を残す。
(案内板より)

IMG_5055 tomita

この日は店内で甘酒をいただきました。

IMG_5057 tomita

こんな濃厚な甘酒を飲んだのは初めてでした!

IMG_5056 tomita

こちらで販売されている「七本槍」というお酒。
「賤ヶ岳の戦い」で活躍した「賤ヶ岳の七本鎗」にちなんで名づけたそう。

この晩居酒屋さんで飲んでみました。

IMG_5134 七本槍

辛口でコクがあり、ずしっとした重みを感じます。
日本酒好きにはたたまらない味わいですよ!

白木屋醤油店
IMG_5058 白木屋

かえる堂
IMG_5070 かえる堂

木之本みやげのお店です。

室町時代に始まったと言われる牛馬市では、地元の近江を始め但馬、丹波、伊勢、美濃、越前、若狭、尾張などから牛馬や商人が集まり売買していました。

IMG_5072 馬宿

IMG_5073 馬宿

IMG_5075 kinomoto


木之本牛馬市

 室町時代から昭和の初期まで、毎年2回この地区20軒程の民家を宿として伝統の牛馬市が開かれた。 藩の保護監督もあり地元近江を始め但馬、丹波、伊勢、美濃、越前、若狭などから数百頭以上の牛馬が集まり盛況を極めた。 商いの方法は買い手が売り手の袖の中に手を入れ、双方が指を握って駆け引きをし、商談が成立すると両者が手を打ち周囲に居合わせた人達も拍手をして成約を祝った。この牛馬市へは、良い牛馬が集まるようになり、牛は荷車引、農耕用にと、馬は主に武士たちが買い求めた。 中でも摺墨の名馬は、山内一豊の妻が夫のために、何かの時にと備えていた金子で馬を買い求め与えた事は、「妻の鏡」と言われている。
一豊は、この馬で手柄をたて主君秀吉公より伊香の郡黒田村、大音村、西山村などの地を拝領し、この地を知行した。 後に土佐二十万石の城主になった。
摺墨の名馬は、江州木ノ本村「馬宿平四郎」から出たと古から当家に言い伝えられている。                                              江州木ノ本村 馬宿平四郎(案内板より)

IMG_5074 kazutoyo

山内一豊が名馬を購入した馬宿平四郎

 織田信長に仕え始めたころの一豊は非常に貧しかった。ある時一豊が一目惚れするような名馬を商人が売りに来たが台所事情は厳しく、高価な馬を買う余裕などなかった。その話を聞いた千代が自分の鏡箱の中から差し出した黄金10両で名馬を購入した一豊は馬揃えの場で信長の目にとまり「貧しくとも武士のたしなみを忘れない心構えはすばらしい」と褒められ一豊の名は天下に知れ渡った。
(案内板より)

IMG_5071 馬宿

2006年の大河ドラマ「功名が辻」でもこの場面がありましたね。


※施設情報・料金等の最新情報は直接ご確認ください。


にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記ランキング
スポンサーサイト



Comment

NoTitle 

いいですね!!メリーさんと、冷酒で乾杯!!!!
  • posted by シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2024.02/26 03:04分 
  • [Edit]

NoTitle 

おはようございます。
楽器の琵琶は滋賀の木之本でしたか。
木之本へは自然風景撮影に訪れたことありましたが、
よくは知らないところですから。北国街道は、
何度も行き来してましたから中にはこんなお店もありで、
いいお食事の時間もだ来たんでしたか。
よかったはありませんか・・。🤩

  • posted by マーチャン 
  • URL 
  • 2024.02/26 05:56分 
  • [Edit]

NoTitle 

私も数年前に木ノ本を訪ね
町を散策したのですが
一軒あった本屋さんに
滋賀県の地理、歴史、文化などにちなんだ書籍が
すごくたくさん置いてあったんですよ。
一冊本を買って帰ったのですが
こういう本屋さんがこれからも健在であってほしいです。

応援ぽち
  • posted by よっちん 
  • URL 
  • 2024.02/26 10:39分 
  • [Edit]

NoTitle 

土産物屋さんなど、いろいろ回ってみたいです。
応援ぽち2.
  • posted by みかん農家 
  • URL 
  • 2024.02/26 20:34分 
  • [Edit]

皆様へ 

こんばんは😃🌃
今日もありがとうございました。

木ノ本へ行ったのは、だいぶ前のことですが、この通りを回ったことをよく覚えています。
歴史ブロガー4人の旅で、歴史話に花が咲きました。
当時とお店が変わってしまったかもしれませんが、また機会があれば、ゆっくり散策してみたいです。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2024.02/26 23:17分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

大河ドラマに恋して - にほんブログ村

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
13位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析