fc2ブログ

大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「光る君へ」「どうする家康」「鎌倉殿の13人」「青天を衝け」「麒麟がくる」「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

木之本めぐり(3)樹徳寺&大澤寺

木之本の樹徳寺には、黒田氏歴代の墓石と、黒田官兵衛の肖像画の掛け軸が収められています。

IMG_5088 kinomoto

樹徳寺は、もともとは木之本町黒田地区にあり、官兵衛の祖先といわれている黒田氏が黒田に居住していた頃の菩提寺でした。

IMG_5087 kinomoto

明治11年に黒田から田居集落に移り、昭和33年に本堂が建てられていました。

黒田氏歴代の墓石

IMG_5089 kinomoto

IMG_5022 kanbe

官兵衛の衣冠束帯姿の肖像画としては日本に唯一のものだそうです。
(木之本地蔵院の書院に展示されていたパネルを撮影したものです。)



木之本町黒田の大澤寺は、神亀元年(724年)、行基によって開基された近江西国霊場三十三カ所十番札所の曹洞宗寺院で、十一面千手観世音菩薩を本尊とします。

IMG_5093 daitakuji

賤ヶ岳の合戦により堂宇は焼失しましたが、本尊は村人により助け出され、その後、菅山寺の中興の法師によって再建されました。

階段を上っていくと鐘堂があります。

IMG_5095 daitakuji

この鐘堂の梵鐘は応永19(1412)年の銘があり、賤ヶ岳の合戦に柴田勝家の家臣・佐久間盛政が敵の羽柴秀吉の軍兵が着陣したことを味方に知らせるために打ち鳴らしたと言われています。

IMG_5100 daitakuji

IMG_5094 daitakuji

さらに上に登ると本堂があります。

IMG_5096 daitakuji

IMG_5097 daitakuji

境内から木之本の街が見渡せます。

IMG_5098 daitakuji

当時、盛政が打ち鳴らした鐘の音が聴こえてくるようでした。

IMG_5099 daitakuji


にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記ランキング
スポンサーサイト



Comment

NoTitle 

おはようございます。
なんというまたままの鐘の風情でしょう。
こんな素朴な鐘楼絵はまた哀愁じみてて、
郷愁もさそいてよろしいんじゃありませんか。
あの黒田氏どころでしょうから肖像画見られて、
なにかと為になるというかで、
木之本訪ねてみたいところですね。🤩


  • posted by マーチャン 
  • URL 
  • 2024.02/28 06:28分 
  • [Edit]

NoTitle 

大河ドラマでは
黒田官兵衛を演じた
岡田准一さんはよかったですねぇ。

彼はもうちょっと身長があったら
海外でも通用するんじゃないかと思うんですが
上背が無いのが残念ですわ。

応援ぽち
  • posted by よっちん 
  • URL 
  • 2024.02/28 11:01分 
  • [Edit]

NoTitle 

黒田氏のお墓があるのですね。
応援ぽち2.
  • posted by みかん農家 
  • URL 
  • 2024.02/28 20:38分 
  • [Edit]

こんばんは 

こんばんは。
黒田家の墓があるのですね。
そして鐘が残っていると言う。
歴史の証人と言う感じがしますよ。
貴重なものですね。
  • posted by 自転車親父 
  • URL 
  • 2024.02/28 21:13分 
  • [Edit]

皆様へ 

こんばんは😊今日もありがとうございました。

「軍師官兵衛」の報道された年は、黒田家と家臣団にゆかりのある地をひたすらまわりました。
たしかこちらのお寺は、公共交通機関ではアクセスが良くなくて、4人でタクシーを乗り合わせて行ったと記憶しています。

  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2024.02/28 22:14分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

大河ドラマに恋して - にほんブログ村

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
13位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析