fc2ブログ

大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「光る君へ」「どうする家康」「鎌倉殿の13人」「青天を衝け」「麒麟がくる」「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

藤原兼家を祀る大将軍神社

京都市東山区にある大将軍神社は、素盞嗚尊を主神とし、相殿に関白藤原兼家を祀る神社です。

IMG_7887 大将軍神社

この辺りに、藤原兼家の東三条殿はこの周辺にあったといわれています。

IMG_7888 大将軍神社

藤原兼家
Fujiwara_no_Kaneie_20240403123334060.jpg


平安中期の公卿。右大臣師輔の三男。母は武蔵守藤原経邦の女盛子。968年(安和1)兄兼通を越えて従三位に昇り,翌年蔵人頭を兼ねたまま中納言に進んだ。左大臣源高明が失脚した安和の変が起きたのはその1ヵ月後で,兼家もこれに重要な役割を果たしたものと思われる。その後,順調に昇進して,972年(天禄3)長兄の摂政伊尹(これただ)が没したときは,すでに大納言兼右大将に進み,次兄の権中納言兼通との間に大きく距離をあけていたので,世人は兼家を伊尹の後継者とみなしていた。しかし兼通は妹の故中宮安子(村上皇后,冷泉・円融母)の遺命を円融天皇に申し立て,逆転に成功して内大臣に昇り,ついで関白となった。その後も兼通は弟の昇進を阻止し,臨終に及んでも弟の関白就任を阻んで,従兄の頼忠に関白を譲った。こうして兼家は十数年の雌伏を余儀なくされたが,984年(永観2)女の詮子(東三条院)の生んだ皇子(のちの一条天皇)が花山天皇の皇太子となるに及び,ようやく前途が開けた。しかも兼家は座して幸運を待つような人物ではなく,986年(寛和2)花山天皇の退位出家を演出し,外孫の皇太子を皇位につけて,待望久しい摂政の座に就くことに成功した。しかも彼は摂政就任後まもなく右大臣を辞したので,朝廷は准三宮の宣旨をたまい,太政大臣以下三公の上に列すべきことを宣下した。いわゆる〈一座の宣旨〉で,ここに摂政ないし関白の朝廷における独自至上の地位が確立するに至った。ついで989年(永祚1)天皇元服の加冠奉仕のため太政大臣に任ぜられ,元服後,摂政・太政大臣を辞して関白に補されたが,まもなく病により辞官出家して如実と称し,990年7月2日,東三条邸において没した。法興院,大入道殿,東三条殿などと称された。(コトバンクより)

IMG_7899 大将軍神社

御祭神 素盞嗚尊
 相殿関白太政大臣藤原兼家公神像

由緒
 人皇五十代桓武天皇平安遷都の初め王城四隅に素戔嗚尊を鎮祭四方の和魂を天王と称し四隅の荒魂を大将軍と称された当地は其の東南隅の大将軍である。永祚【えいそ】(989~990年)の初め関白太政大臣藤原兼家公は此所に館を建てられた。東三条殿是である。
 其の後御子関白太政大臣藤原道長公父君の神像を画しこれを合祀し東三条殿の鎮守となされた。館舎は保元応仁の乱にて廃壊し旧録社記は散失したが社殿は此所の旧地に往年より鎮座の儘である。

IMG_7891 大将軍神社

素戔嗚尊を主祭神とし、藤原兼家を配祀する。794年(延暦13年)平安京造営の際、桓武天皇が大内裏鎮護のために都の四方に祭祀した大将軍神社の東南方角の一つ。特にこの地は京の七口の一つ、三条口の要地に当るため、邪霊の侵入を防ぐ意を以って重要視されてきた。藤原兼家の東三条殿はこの周辺にあったが応仁の乱で荒廃、現在では当社境内に東三条社として名跡を留めている。(Wikipediaより)

IMG_7902 大将軍神社

大将軍神社
素盞嗚尊を主神とし、相殿に関白藤原兼家を祀る。
桓武天皇が平安京を造営した際、大内裏鎮護のため四方四隅に祀られた大将神社のうち、東南隅の一つである。
 特に平安京東のこの地は、三条口の要地にあたり邪霊の進入を防ぐ意を以て重要視されてきた。
 このあたりに建てられた藤原兼家邸は、応仁の乱で廃懐したが、境内に東三条社として名跡を留めている。又、樹齢800年と伝える銀杏の大樹があり、かつては鵺(ぬえ)の森とも呼ばれ、源頼政の鵺退治の伝説を偲ばせる。

京都市

IMG_7900 大将軍神社

IMG_7901 大将軍神社

神馬象
IMG_7897 大将軍神社

天満宮
IMG_7889 天満宮

荒熊稲荷社
IMG_7893 荒熊稲荷社

白龍辨財天社
IMG_7890 白龍辨財天社

隼社
IMG_7898 隼社


にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記ランキング
スポンサーサイト



Comment

NoTitle 

奈良の春日大社をはじめ
藤原氏ゆかりの神社って
数多くあるのですが
藤原氏ってろくでも無いやつも多く
神として祀るにふさわしくない人物も
結構いますね。

応援ぽち
  • posted by よっちん 
  • URL 
  • 2024.04/07 14:51分 
  • [Edit]

こんばんは 

こんばんは。
大将軍神社ですか。
凄いネーミングですね。
まずそのことに驚きます。
それが許されることも驚きですよ。
ですから私は神社の類はほとんど信用していません。(笑)
  • posted by 自転車親父 
  • URL 
  • 2024.04/07 19:01分 
  • [Edit]

NoTitle 

当時のものも応仁の乱で無くなったものもあるのですね。
応援ぽち2.
  • posted by みかん農家 
  • URL 
  • 2024.04/07 20:00分 
  • [Edit]

皆様へ 

こんばんは😊今日もありがとうございました。
大将軍は陰陽道において方位の吉凶を司る八将神(はっしょうじん)の一つで、大将軍と名のつく神社は、京都には複数あるそうです。

今回の大河ドラマで、藤原一族について調べていますが。新たに知ることが多く、勉強になっています。

  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2024.04/07 21:46分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

大河ドラマに恋して - にほんブログ村

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
41位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
12位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析