大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

神戸の源平史跡を訪ねて(42)平忠度の腕塚堂(平忠度塚)

神戸市長田区にある平忠度の腕塚堂(平忠度塚)

IMG_5842 B

IMG_5843 B

 腕塚堂(平忠度塚)

 平忠度
は、平清盛の末弟で、歌道にもすぐれた豪勇で知られた武将でした。
源平一の谷合戦(1184年)のとき、平忠度は一の谷陣の大将でしたが、敗れて駒ヶ森指して落ちていく途中、源氏の武将岡部六弥太忠澄と戦い、首を討ち取ろうとしたところを、忠澄の家臣に後ろから右腕を切り落とされてしまいました。忠度はついに静かに念仏して討たれ、そのエビラ(矢を入れて背に負う道具)には、「行きくれて木の下かげを宿とせば花やこよひの主ならまし」という歌が書かれた紙片が結ばれていたといわれています。
 この腕塚は、忠度の切り落とされた腕を埋めたところと伝えられ、腕、足、腰の痛みが治ると人々から信仰されています。(案内板)

IMG_5844 B

IMG_5845 B

IMG_5847 B

IMG_5850 B

忠度の立派な祭壇があります。

IMG_5849 B

この十三重塔はこの忠度を祀る石塔と伝えられています。

IMG_5846 B

ここから東に約300メートル離れたところに平忠度胴塚がありますが、どちらも非常にわかりにくいところにあります。

F2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。



スポンサーサイト

コメント

神戸の史蹟も凄い! 

本当にいろいろな史蹟があるのですね!
神戸市立博物館の国宝の銅鐸14口、銅矛7口も3度もチャレンジしてもまだ見れていません!

四方さんへ 

本当に、神戸のあちこちに史跡があり過ぎて、一度では回り切れませんでした。
数年にわたっての取材です。
  • しずか 
  • URL 
  • 2012年10月28日 12時00分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
135位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
23位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

右サイドメニュー