fc2ブログ

大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「光る君へ」「どうする家康」「鎌倉殿の13人」「青天を衝け」「麒麟がくる」「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

藤原公任ゆかりの遺構がある大沢池(2)

大沢池の池の周りを歩いて行きます。

紀友則詠碑
IMG_0118 大覚寺

ひともとと おもひし菊をおほさわの 池のそこにもたれかうえけん

大沢の池と菊島

大沢池と菊島
IMG_0120 大覚寺

名古曽橋
IMG_0117 大覚寺

IMG_0128 大覚寺 名古曽橋

IMG_0131 大覚寺

心経宝塔
IMG_0115 大覚寺

昭和42年(1967)、嵯峨天皇心経写経1150年を記念して建立されました。基壇内部に「如意宝珠」を納めた真珠の小塔を安置、宝塔内部には秘鍵(弘法)大師尊像を祀っています。

IMG_0130 大覚寺

名古曽の滝跡
IMG_0124 大覚寺 名古曽の滝跡

IMG_0125 大覚寺 名古曽の滝跡

IMG_0127 大覚寺 名古曽の滝跡

名古曽の滝は離宮嵯峨院にあった滝殿庭園内に設けられたもので、『今昔物語』では百済川成が作庭したものと伝わります。

IMG_0126 大覚寺 名古曽の滝跡

藤原公任

滝の音はたえて久しくなりぬれど名こそ流れて尚聞こえけれ

と詠ったように平安時代末期には滝の水が既に枯れていたようです。

IMG_0121 大覚寺

IMG_0123 大覚寺

IMG_0122 大覚寺

Hyakuninisshu_055.jpg

藤原公任
ふじわらのきんとう
966~1041.1.1

平安中期の公卿・歌人・文人。通称は四条大納言。関白頼忠の子。母は代明(よしあきら)親王の女厳子女王。子に定頼ら。正二位大納言に至る。和歌・漢詩・管弦に通じた。私家集「拾遺抄」「金玉集」,秀歌撰「三十六人撰」,歌論書「新撰髄脳(ずいのう)」「和歌九品(わかくほん)」。ほかに「和漢朗詠集」,有職故実書「北山(ほくざん)抄」がある。中古三十六歌仙の1人。「拾遺集」以下の勅撰集に約89首入集。家集「公任集」。(コトバンクより)


にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記ランキング

スポンサーサイト



Comment

NoTitle 

大覚寺が好きで
よく足を運びます。

門跡寺院ならではの
高貴な佇まいが素晴らしいですよねぇ。

応援ぽち
  • posted by よっちん 
  • URL 
  • 2024.04/21 08:25分 
  • [Edit]

NoTitle 

今日も外に出ています。
とってもいい風景です
応援ポチ2
  • posted by みかん農家 
  • URL 
  • 2024.04/21 20:16分 
  • [Edit]

こんばんは 

こんばんは。
水面への映り込みが素晴らしいですね。
桜の季節にこの映り込み。
最高ですね。
行ってみたいですよ。
  • posted by 自転車親父 
  • URL 
  • 2024.04/21 20:30分 
  • [Edit]

皆様へ 

こんばんは😊今日もありがとうございました。
大覚寺は奥まったところにあるので、賑やかな嵐山の街中とは違って、静けさの中で桜や紅葉を愛でることができます。
そういうこともあって、春秋共にここまで足を延ばすのが定番となっています😄
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2024.04/21 21:58分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

大河ドラマに恋して - にほんブログ村

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
41位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
12位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析