大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

祇王寺(往生寺

祇王寺(往生寺)

祇王は、平家の家人・江部九郎時久の娘として、近江国祇王村(現・滋賀県野洲市)に生まれ、母の刀自、妹の妓女とともに、京都で有名な白拍子となり、平清盛に寵愛されました。
やがて清盛の寵愛は、自らがとりなした仏御前にその座を奪われ、祇王は、母と妹の祇女とともに出家し、嵯峨の庵に移り住みました。後に、祇王と同じような運命をたどることを恐れた仏御前もこの寺に出家し、4人で共に余生を送りました。
祇王寺の本堂には、祇王、祇女、母刀自、仏御前、清盛の像が安置され、境内には清盛供養塔、祇王らの墓があります。
仏御前に追い出されることになった祇王は清盛邸の襖に涙ながらに歌を書き残しました。

萌え出づる枯るるも同じ野辺の草 いづれか秋にあはで果つべき
(いずれは清盛に「飽きられる」と秋が掛けられています)

20080903_521332.jpg

往生院祇王寺と号する真言宗の寺である。寺伝によれば、この地は、平安時代に法然上人の弟子、念仏房良鎮が往生院を開創し、後に祇王寺と呼ばれるようになったと伝えられている。
平家物語によれば、祇王は、平清盛に仕えた白拍子であったが、仏御前の出現により清盛の心が離れてしまったので、母刀自、妹祇女と共に出家し、当地に移り住んだ。後には、仏御前も加わり念仏三昧の余生を送ったと伝えられている。
現在の本堂は、明治28年(1895)に再建されたもので、堂内には本尊大日如来像をはじめ、平清盛と祇王ら四人の尼僧像を安置している。境内には、祇王姉妹の墓と伝える宝筐院塔および平清盛の供養塔などがある。
(案内板より)

20080903_521334.jpg

20080903_521335.jpg

20080903_521338.jpg

20080903_521343.jpg

20080903_521344.jpg

夏はまばゆばかりの苔、秋は紅葉が美しいお寺です。

 F2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。








スポンサーサイト

コメント

NoTitle 

苔、若葉、竹林、ホント美しいですね。
秋には行ったことありません。
きれいでしょうね。
でも、混むでしょうね(+_+)
  • YUMI 
  • URL 
  • 2012年11月03日 06時03分 
  • [編集]
  • [返信]

YUMIさんへ 

こんばんは!
さきほど広島旅行から帰りました。

秋の祇王寺もお奨めですよ。
ぜひ一度訪ねてみてください!
  • しずか 
  • URL 
  • 2012年11月05日 23時16分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
151位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
24位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

右サイドメニュー