大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

瀬戸内紀行(20)忠海の耳無地蔵

広島県竹原市は安芸の小京都といわれ、古来、瀬戸内海の交通の要衝として栄えました。

IMG_8062 B

IMG_8063 B

IMG_8065 B

竹原から呉線で瀬戸内の海の景色を楽しみながら忠海

IMG_8047 B

この沖で、清盛の父・平忠盛は海賊を退治しました。

後にこの辺りの海は「忠海(ただのうみ)」と呼ばれ、今もその地名が残っています。

IMG_8059 B

1135年(保元元年)日宋貿易の航路である瀬戸内海の忠浦沖(当時は「浦」)で海賊を捕えた功績として忠盛の二文字を分け、「浦」を忠海と、対岸の島である大三島を盛村と名づけたと伝えられている。

また、この地には清盛ゆかりの耳無地蔵があります。

厳島神社に向かう途中に立ち寄った清盛が、娘・徳子の安産のためにつくった地蔵と伝わります。

さて、駅からプリントアウトした地図を頼りに、てくてくと歩いていったのですが、地図に記された目印が少なすぎて、どう歩いたらいいのやら。

線路沿いの道をひたすら歩いていたら、コンビニを発見!
地図を見せて聞いてみたところ、方角は合っているらしい。

またしばらく歩いていると住宅地に入りました。
通りを歩いている人の姿がないので、仕方なく民家をピンポンして道を尋ねてみました。
しかし、その地蔵のことは知らないと言われorz

さらに数百メートル歩いたところで、向こうからお婆さんが歩いて来ました。
このお婆さんが、耳無地蔵を知っていて、このまま坂を上って行ったら、下に下がる表示があるよと言われ、
歩いて行くと、綺麗にお祀りされているお堂に辿りつきました!

IMG_8048 B

IMG_8049 B

IMG_8054 B

IMG_8050 B

IMG_8053 B

IMG_8060 B

1178年春、平清盛は,高倉天皇に入内させた徳子(清盛の子)の安産祈願のため,厳島神社に向かった。
しかし、船旅の途中、激しい風に遭い、徳子の出産に胸騒ぎがした清盛は、安産を祈るため、石工に地蔵を彫るように命じた。
石工が耳を完成させる前に、徳子が元気な男の子(安徳天皇)を出産したため、耳がついていない地蔵をそのままの姿で祁った。
その地蔵が忠海の辻地蔵似心堂にある「清水の耳なし地蔵」といわれている。

なるほど耳がありませんね。

IMG_8051 B

村の人々に大切にお祀りされているのがわかりますね。

この土地の人と話したところ、ここら辺では「清盛」と呼び捨てにする人はいないと。
必ず「清盛さん」と言うのだそうです。

帰りは走りながら駅に向かいました(^_^;)
一時間に一本なので、必死です(苦笑)

忠海のフェリー乗り場が見えたら駅まであともう少し!

IMG_8056 B

駅に到着\(^o^)/

IMG_8058 B

電車が出るまであと5分!
どうにか時間に間に合いました!

場所を知っていれば、片道25分ぐらいで行けるかな?
私は往復55分かかりました。
今後行かれる予定の方は、次の電車に乗るには、のんびり歩きでは間に合いませんのでご注意を!

F2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。



スポンサーサイト

コメント

広島県竹原市は安芸の小京都! 

広島県竹原市は安芸の小京都!

素晴らしい瀬戸内海の景色と見所一杯ですね!

間に合った 

しずかさん こんにちは。

この沖で、清盛の父・平忠盛は海賊を退治したので、忠海という地名があるんですね。
耳無地蔵は、厳島神社に向かう途中に立ち寄った清盛が、娘・徳子の安産のためにつくった地蔵なんですか。
近所の人もなかなか知らない所で、見つけられて良かったですね。
安徳天皇が障子に穴を開けられ 清盛がその穴すら喜んだ有名な逸話は、大河ドラマでも 再現されてました。
しずかさんは 電車に間に合って、良かったですね。
私も、不思議と電車に乗り遅れたことが あまりありません。

ではでは☆

四方さん、明さんへ 

こんばんは!
コメントありがとうございます。
本当、時間に間に合って良かったです。
この時は、急ぎ足でこの史蹟のみ見ただけですので、
次回機会があれば、見晴らしの良い展望台にも
行ってみたいです。
  •  
  • URL 
  • 2012年12月02日 21時58分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
151位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
24位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

右サイドメニュー