大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

三草山の戦い(1)佐保神社と義経手植の松

三草山の戦いは、治承8年/寿永3年2月5日(1184年3月18日)播磨国の三草山における源義経軍と平資盛軍による戦いで、一ノ谷の戦いの前哨戦です。

三草山は標高423.9m播磨と丹波の国境で、古くから軍事上の要塞地でした。

IMG_1681 B

一ノ谷を目指して丹波路を進軍する義経を迎え撃つため、平氏方の平資盛・平有盛・平師盛らが播磨国三草山の西に布陣する。義経は東方に陣をとり、源平両軍が三里ほどの至近距離で対峙する事となる。
丹波との国境に近い三草山は、交通の要所であると同時に険阻な山と深い谷に囲まれた軍事的要衝の地であった。平氏の荘園の地であったと見られ、平氏に地の利があるこの場所が防衛拠点として選ばれたと見られる。

『平家物語』「三草合戦」の段によると、義経は土肥実平を呼び、今晩夜討ちをかけるか、明日の合戦とすべきかを問う。田代冠者信綱が進み出て「明日の合戦となれば、平家の軍勢は増すので、数の上で有利な今、夜討ちをかけるべきです」と進言。義経はそれを受け入れ、夜討ちを決行するべく民家に火を放って進撃した。
夜討ちを予想していなかった平氏軍は武具を解いて休息しており、源氏軍の夜討ちにあわてふためいて敗走し、あっけなく源氏軍の勝利となった。(Wikipediaより)


上三草の五輪塔

三草山の西の上三草に、鎌倉時代前期の五輪塔があります。
中村家五輪塔の説明版には、その記述はありませんが、三草山合戦の戦死者の供養塔かともいわれています。

IMG_1685 B

IMG_1686 B

三草山の麓にある薬師堂は、三草山の合戦で戦死した平家一門の菩提を弔うために、平家の侍・弥平兵衛宗清が建てた阿弥陀堂がありました。
今は、旧街道を隔てた薬師堂に合祀されています。

薬師堂

IMG_1687 B

IMG_1689 B

社町にある佐保神社

伝承によれば、義経は、三草山の合戦後、兵士を当社に集めて、次の作戦を立てたといいます。土肥実平に主力軍を預け、平家軍を追って南下し、一の谷の西の木戸を攻撃するように命じ、自らは少数の兵を率いて、朝光寺から池之内を経て、天神の掎鹿(はしか)寺へ入ったといわれています。(神戸史跡ハンドブックより)

IMG_1665 B

IMG_1668 B

IMG_1670 B

IMG_1669 B

IMG_1667 B

IMG_1672 B

佐保神社由緒
 
 当神社は、第11代垂仁天皇の御代に創建され、延喜式にも所載の古社であります。
初め坂合神社と呼ばれておりましたが、いつの頃からか佐保神社と称されるようになりました。
 鎌倉時代には、朝廷や幕府の崇敬を集め隆盛を誇り、八丁四方に、内の鳥居、一里四方に外の鳥居を造営し、その中の一基(西の内の鳥居)は、現在でも社町鳥居地区に地名となって残っております。
 室町期に入り、度々の騒乱により一時荒廃いたしましたが、江戸時代に到って姫路城主池田輝政公の祈願所として社領十石を寄せられ、さらに幕府より御朱印社領十石を賜るなど、ようやく復興いたしました。
 また明治時代になり、官国幣社に次ぐ近郷唯一の県社の社格を付与されました。なお、社町の名は、往古より「佐保社村」と呼ばれ、当神社の門前町として発展してきたことに由来し、北播磨の雄として栄えてまいりました。
 現在の本殿は、延享四年(1747)に再建されたもので、三間社流造り正面千鳥破風・軒唐破風付銅板葺で、弊殿・拝殿・瑞神門とともに、華麗な彫刻で飾られております。
 御祭神は、東殿(向かって右)天照大御神
      中殿(中央)   天児屋根命
      西殿(向かって左)大己貴命
 この他境内神社には、恵比須神社・諏訪神社・八幡神社・神明神社・愛宕神社神社・金比羅宮・稲荷神社・先宮社・天神社などがあります。
 (佐保神社案内板より) 


鎌倉時代、北条政子が当社を崇敬し、本殿の再建や四方に八基の鳥居を建てさせたりしているそうです。

佐保神社の末社であった山氏神社には、義経手植の松が残っています。

IMG_1677 B

IMG_1679 B

IMG_1678 B

F2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。



スポンサーサイト

コメント

畿内の見学! 

 昨年は元気になり4年ぶりに行きたいと思っていた安芸の宮島や東近江市、伊豆駿河の一部、浜松市、今年は美濃、飛騨、鎌倉、横浜、東京や信濃や近江の琵琶湖周辺など火がついたように見て回りました。
 この記事の佐保神社も素晴らしく、来年は原点に返って畿内を中心にじっくり文化財を見て回ろうかとも思慮しています。
 兵庫県は3年ご無沙汰しています。
ありがとうございました。

四方さんへ 

今年もいろいろなところにお出かけになられましたね。

ここは、ラメールさんの車で、merryさんと三人で行きました。
同名の神社がそばにあって、先にそちらへ行ってしまい、迷った挙句、ようやくここにたどり着きました。
  • しずか 
  • URL 
  • 2012年12月19日 14時53分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
18位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

右サイドメニュー