大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

佐久間象山を祀る象山神社

佐久間象山 (1811-1864 )

Shozan_Sakuma.jpg

文化8年2月28日、長野生まれ。父は松代藩の祐筆、妻は勝海舟の妹。
天保4年(1833)に江戸へ出て佐藤一斎の私塾に入るが、3年後には松代に帰る。
10年(1839)江戸に塾を開く。
老中となった藩主真田幸貫(ゆきつら)より海外事情の研究を命じられ13年(1842)に「海防八策」を提出。江川英竜(ひでたつ)に西洋砲術を学び、勝海舟らに教えた。
安政元年(1854)吉田松陰の事件に連座して松代に蟄居。
文久2年(1862)赦免。 元治元年(1864)幕府の命を受けて上洛し、公武合体、開国論を主張したが、元治元年7月11日京都で尊皇攘夷派によって暗殺される。

長野市の象山神社は、1913年(大正2年)の象山殉難五十年祭を機に、地元松代町出身の大審院長・横田秀雄を中心に神社建立が計画され、1938年(昭和13年)に創建されました。

社地は旧佐久間象山邸であり、境内には象山ゆかりの建物が松代町内や京都から移築されています。
なお、佐久間象山の名は一般的には「しょうざん」と読まれますが、地元では「ぞうざん」と呼ばれ、神社の名も「ぞうざんじんじゃ」と読むそうです。

佐久間象山騎馬像

61 B

境内には高義亭があり、隣りには象山宅跡があります。

大鳥居

63 B

省侃録(せいけんろく)の碑石

65 B

象山、聚遠楼にて執筆

66 B

象山が吉田松陰の海外密航事件に連座して、幕府に捕らえられ、獄中記を出獄後に筆録したものが「省侃録」です。省侃録とは「過ちを顧みる記録」という意味で、自己の行為の道徳的・思想的正当性を主張したもの。
明治4年に勝海舟によって世に発表されたそうです。  

64 B

昭和13年に建立された総桧材桃山式流造の社殿

67 B

拝殿横からのぞく本殿

72 B

奉納の大釜

68 B

69 B

高義亭

70 B

象山神社の境内にあります。

71 B

安政元年(1854年)象山は吉田松陰の渡航事件に連座し、9年間国元蟄居を命ぜられ、松代藩御安町にある江戸詰家老望月主水の下屋敷に住むことになりました。
父・国善が卜伝流剣術の達人で道場を開いていたため、比較的裕福な幼少時代を過ごしていたとのこと。 その屋敷を聚遠楼と称していましたが、その一角にあった別棟を書斎として客間に当てていたのがこの高義亭で、象山がここで様々な志士と密談を交わしたと言われています。

象山神社に佐久間象山生誕之地が隣接し、「象山先生誕生地」の石碑が建てられています。

佐久間象山宅跡

6249.jpg
(画像:長野市HPよりお借りしました)

象山が住居した頃は、四方に土塀を回し、南面中央よりやや東寄りに表門、西面中央に裏門がありました。この内にかやぶきの母屋、井戸、学問所、槍剣術道場、真田幸貫の休憩所、硝石製造原土置場、長屋2棟があったそうです。
象山が2度目の江戸留学となる天保10年(1839年)まで、この地で過ごしました。
しかし、元治元年(1864年)、佐久間象山が京都で暗殺されると、佐久間家は断絶となり、居宅は藩に取り上げられました。
廃藩後には所有者も変わりましたが、大正2年(1913)年、有志によって松代町に寄付されました。現在は敷地内に井戸が残るのみとなっています。

月桂樹

73 B

1989年、奈良県の橿原神宮から種が植えられたそうです。

※画像は、綾部のブロガー四方氏に提供していただきました。また、現地情報もありがとうございました。

綾部の文化財日誌 http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/

参考資料:長野市HP、象山神社HP

F2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。











スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
93位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
20位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

右サイドメニュー