大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

小督の悲話(5)嵐山の法輪寺

嵐山の法輪寺は、嵯峨の虚空蔵(こくぞう)さんと呼ばれ、十三まいりや針供養で知られています。
また、今昔物語・枕草子・平家物語などに記述され、智恵、福徳、技芸上達、丑寅年生の守本尊の仏様として奉られています。
その本堂奥の山中に小督塔があるそうですが、残念ながら非公開となっているそうです。

法輪寺

和銅6年(713)行基(ぎょうぎ)菩薩の開基と伝え、古義真言宗(こぎしんごんしゅう)に属する。もと葛井(くずい)寺と称したが、弘法大師の高弟の道昌僧正が貞観10年(868)堂塔をおこして法輪寺と改め、弘法大師の修行の遺跡として有名な境内の葛井(かどのい)に姿を現した虚空蔵菩薩を自ら彫って本尊としたと伝える。  奥州柳井津、伊勢朝熊(あさま)とともに日本三大虚空蔵といわれ、智福技芸の守護仏として信仰されている。天慶年間(938~947)に空也上人が参籠し、勧進によって堂塔を修造した。  本尊は幼年期から成長期に移ろうとする人生の転換期を守護されるというので、毎年4月13日に13才になる男女が参詣する。これを十三詣りという。  本堂は元治元年(1864)の兵火にかかって焼失したのを明治になって再建したもので、堂内には本尊の傍らに持国(じこく)天、多聞天立像二体(重要文化財)を安置する。(案内板より)

下の画像は、数年前の春に撮影したものです。

img_0394c.jpg

多宝塔

img_0395c.jpg

春は桜が見事で、ここから嵐山一帯を眺めることができます。

img_0398c.jpg

意外な穴場かもしれませんね(^_-)

F2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。





スポンサーサイト

コメント

法輪寺! 

櫻の法輪寺!
凄くいいですね!
3月末から5月初めまですごく忙しく、櫻の花見は綾部以外ここ10年間行ったことがないです!
 今年は何とか京都へ1泊2日で花見に行きたいです!

四方さんへ 

この時以来、桜の時期に法輪寺には行ってないのですが
また嵐山に春に行くことがあれば、桜の写真を撮りたいと思っています。

嵯峨の虚空蔵(こくぞう)さん 

しずかさん こんばんは。

法輪寺の本堂奥の山の小督塔は、残念ながら非公開なんですね。
三大虚空蔵(こくぞう)なんですね。
ほんと 桜の季節は 綺麗なんでしょうね。

ではでは☆

晶さんへ 

こんばんは!

小督塔が公開されたら見に行きたいですね。
桜の季節に行けるかな~

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
136位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
24位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

右サイドメニュー