FC2ブログ

大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

松平定敬と京都所司代上屋敷跡

幕末の京都所司代は、会津藩主・京都守護職の松平容保の弟である松平定敬でした。

松平 定敬

250px-Matudaira_Sadaaki.jpg

松平 定敬(まつだいら さだあき)は、幕末維新期の桑名藩(三重県)藩主、京都所司代。
美濃国高須藩(岐阜県海津市)藩主・松平義建の八男。兄に尾張藩主・徳川慶勝、一橋家当主・一橋茂栄、会津藩主・松平容保などがいる。いわゆる高須四兄弟の末弟である。
文久3年(1863年)の将軍・徳川家茂の上洛の際には、京都警護を勤めるために随行する。
元治元年(1864年)に京都所司代に任命され、実兄で京都守護職の松平容保(会津藩主)、朝廷から新設の禁裏御守衛総督・摂海防禦指揮に任命された元将軍後見職・徳川慶喜(一橋徳川家当主)と連携し、幕府から半ば独立して朝廷を援護する勢力を形成する(近年では一橋・会津・桑名の頭文字をとって一会桑政権と呼ばれる)。同年の禁門の変では会津藩とともに長州藩の兵を撃退し、水戸天狗党の乱でも出兵している。(Wikipediaより抜粋)


京都所司代上屋敷跡

694fef445acaf80720a695b9c0265846.jpg

f34b2f92ea218d9bc71ddb05e9662e43.jpg

ここより西方大宮通り辺までは(北は丸太町通り、南は竹屋町通り)京都所司代上屋敷があった所である。
所司代の名称、役職は、室町幕府の侍所にはじまり、徳川幕府に受け継がれた。
徳川時代の所司代は、関ヶ原合戦の直後設けられ、皇室・公家の監視、京都諸役人の統率、京都町方の取り締まり(町方は、のち京都町奉行がおこなった)
さらに近畿八カ国の訴訟処理、西国33か国の大名の動静監視など強い権限をもつもので、幕府の老中につぐ最重要役職であった。
初代奥平氏のあと、2代、3代は板倉勝重・重宗父子が任じられ、とくに重宗は名所司代のほまれ高く、京都市政の根本法規を制定した。以後、幕末まで58人が任じられた。文久2年(1862)京都守護職が設けられると、所司代はその管轄下に属し、王政復古によって廃止された。
跡地には、明治3年、我が国最初の中学校京都府立京都第一中学校が建てられた。

                       京都市


猪熊通にある所司代屋敷跡

af3e87262d8a540c2fff9c1807599231.jpg

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。






スポンサーサイト



Comment

若き松平定敬の写真! 

>幕末の京都所司代は、会津藩主・京都守護職の松平容保の弟である松平定敬のことは良く知っていましたが、始めてみた若き松平定敬の顔は中々の面構えですね!

四方さんへ 

私も調べていて初めて見ました。

面長のところが、容保公と似てませんか?
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2013.03/16 12:30分 
  • [Edit]

古い写真 

しずかさん こんばんは。

京都所司代は、幕府の老中につぐ最重要役職だったんですね。
松平 定敬は、幕府から半ば独立して朝廷を援護する勢力を形成したんですね。
写真が残っているところが、すごいです (●Д●)驚き!!!
私は、しずかさんと一緒に 蛤御門へ行きたぁいv-345

ではでは☆
  • posted by 晶 
  • URL 
  • 2013.03/16 18:36分 
  • [Edit]

晶さんへ 

学生の頃、歴史の授業で、幕府の役職が出てきた時、漠然と名前を憶えていた気がします。
こうして時代を追ってみると、時代による役職の変遷もわかるようになりますね。

昨年の清盛の時代は、写真など残っていない時代ですので、今年の八重は、より今に近い時代のことをやっているのだなと改めて思いました。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2013.03/16 20:25分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
18位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析