大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

舎密局跡

京都市バス河原町二条より200メートルほどのところに、舎密局跡があります。

IMG_0083 B

IMG_0082 B

明治2年(1869年)に大阪、翌明治3年(1870年)に京都にそれぞれ設置され、前者を「大阪舎密局」、後者を「京都舎密局」といいます。
京都府顧問となった山本覚馬は、理化学・工業技術の研究・普及を目的とした施設を立ち上げるため、自分の洋学所に通っていた明石博高(ひろたか)を迎え、京都の近代産業を担う人材を育成しました。
ビール・ガラス・石けんなどの製造研究、多くの技術者を養成しましたが、1881年(明治14)勧業政策転換で廃止されました。
現在は、銅駝工芸高校になっており、駒札が立てられています。

舎密局とはオランダ語の「シエミストリ」(化学)のあて字です。

「舎密」とはオランダ語シェミーの訳語で化学のこと。東京遷都により沈滞した京都の産業を振興する目的で、京都府が設立した理化学研究所である。明治三年(一八七〇)明石博高の建議により府知事槙村正直が仮設立、同六年本建築が落成した。広く受講生を募集し、ドイツ人ワグネルら外人学者を招き、京都の伝統産業である陶磁器、織物、染色の改良実験をはじめ、わが国初の石鹸の製造、鉄砲水(ラムネ)、ビール等飲料の製造、七宝、ガラスの製造等、工業化学の研究と普及につとめた。また、本格的な理化学の講義は島津源蔵ら多くの人材を育て、京都の近代産業の発達に大きな役割を果した。明治一四年、槙村知事の転任によって閉鎖、建物も同二八年に焼失し、その後に銅駝校が建てられた。(案内板より)


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。




スポンサーサイト

コメント

舎密局跡 

さすがしずかさん京都のことは大変詳しいですね!
舎密局のことなど始めて知りました。
7月15日から5日間20年振りに高野山や紀州を車で見て廻ります!
しずかさんの記事にあった闘鶏神社も行く予定です!この間隔日で記事を予約しておきました。

四方さんへ 

舎密局のことは、京都検定の勉強で知りました。
が、ここに行ったのは初めてです。
本だけで覚えようとするより、実際自分がその場所に足を運ぶとより頭に入るようになりますね。

明日からの旅、気をつけてお出かけください!
  • しずか 
  • URL 
  • 2013年07月14日 11時44分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
93位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
20位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

右サイドメニュー