大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

京都守護職屋敷正門と橋本左内寓居跡

京都国際ホテルに京都守護職屋敷正門が残されていると聞き、見に行って来ました。

正面にはそれらしきものはなく・・・

まず目に飛び込んできたのは、「橋本左内寓居跡」の石碑でした。

IMG_0073 B

IMG_0074 B

橋本左内(さない)は福井藩士で幕末の志士。安政5年(1858)2月から4月まで、この地にあった福井藩邸に居住して、活躍した。  左内の号は景岳(けいがく)。福井城下に生まれ、大阪、江戸で洋学、医学を学び、藩主松平慶永(よしなが)に認められて藩学明道館の幹事となった。  1857年の藩政改革には由利公正らと手腕を振るった。折から幕府の将軍継嗣(けいし)問題が起こり、藩主を先頭に、一橋慶喜(ひとつばしよしのぶ)を立てる運動を展開。左内は藩命を帯びて江戸より京都に来て、桃井亮太郎又は桃井伊織の変名の下に、ここを根拠にして盛んに活躍した。しかし、井伊大老の就任によってこの運動は失敗し、それのみか、左内は牢舎に入れられ、1859年安政の大獄によって死刑に処せられた。時に年26才。

肝心な門の場所がわからないので、ホテルの人に尋ねてみると、裏の駐車場にあるとのこと。
ロビーを通って裏側に出ると、京都守護職屋敷から移築された門がありました。

IMG_0077 B

IMG_0078 B

IMG_0080 B

ホテルの一部として使われているのは、歴史を残すという点で、良いことですね。
ただ、ここにも案内板が欲しいものです。
何だか知らずに、駐車場を通り過ぎる人も多いのでは?

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。



スポンサーサイト

コメント

京都守護職屋敷正門! 

>京都国際ホテルに京都守護職屋敷正門が残されていると聞いて見にいきました。
小生まだ24歳の独身の時にこの京都国際ホテルが出来、JTBのブース(外人の世話用)で一人で初代駐在員で1年間毎日此処のロビーのブースにいました!門を見た覚えがあります!
当時はそれほど、気にしていなかったですよね。

四方さんへ 

このホテルは、過去に宿泊したことがあります。

その時は、表からしか出入りしなかったのもあり、この門の存在を知らずにいました。
  • しずか 
  • URL 
  • 2013年04月15日 10時42分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
135位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
23位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

右サイドメニュー