大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

坂本龍馬ゆかりの地(2)角屋

花街の面影を残す島原を歩いてみました。

20100331_749291.jpg

島原大門は、江戸時代に幕府公認の花街としして栄えた島原の正門です。

坂本龍馬、西郷隆盛、桂小五郎、新選組も遊んだと伝わる揚屋(料亭)の角屋(すみや)

20100331_749303.jpg

20100331_749293.jpg

一階の台所や網代の間、松の間、美術品を展示する展示館が角屋もてなしの文化美術館として公開されています。

遊宴だけでなく、お茶会、句会の場所としても使われ、文化サロン的な役割を果たしていたそうです。

20100331_749302.jpg

島原は、我国最初の廓で、当初は二条柳馬場に開かれ、その後六条三筋町に移転し、さらに寛永18年(1641)にこの地に移された。急な移転騒動が、当時の九州で起こった島原の乱に似ていたことから、島原と呼ばれている。  島原には、揚屋と置屋があり、揚屋は太夫芸妓などを一切かかえず、置屋から太夫等を呼んで宴会を催す場である。この角屋は島原開基以来連綿と家督を維持守成してきた揚屋である。  角屋の建物は、揚屋建築唯一の遺構として昭和27年、国の重要文化財に指定された。また、絵などは応挙・蕪村など、当時一流の画人の作品で、特に蕪村の「紅白梅図」の大作は重要文化財に指定されている。 江戸中期の島原には、俳壇が形成されており、中でも角屋の6代目・7代目の当主は、蕪村・太祇らを師として俳壇の中核として活躍していた。  幕末には西郷隆盛・久坂玄瑞などの勤皇志士たちが、軍用金調達のため時の豪商を角屋へ招いて会議を行ったところであり、また彼等を探し求めた新撰組が乱舞した場所でもあった。  このように角屋は、江戸時代の社交遊宴文化の余香を今に伝える。

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。




スポンサーサイト

Comment

島原の角屋! 

40年前はアメリカ人達を連れてこの角屋で島原太夫の芸事など一緒に楽しみました。
今はどうなっているのでしょうか?

四方さんへ 

>40年前はアメリカ人達を連れてこの角屋で島原太夫の芸事など一緒に楽しみました。

それは良い経験をされていますね!

>今はどうなっているのでしょうか?

今は、文化美術館として公開されているとのことですよ。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2013.06/08 10:56分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
167位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
33位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析