大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

勝海舟ゆかりの地(8)洗足池

東急池上線洗足池駅から中街道を渡ると洗足池が広がっています。

IMG_0484 B

かつては、千束郷大池と呼ばれていましたが、1282(弘安5)年、日蓮が身延山から常陸の温泉に行く途中、ここで足を洗ったという伝説から洗足池といわれました。

公園の入り口にはボート乗り場があります。

IMG_0470 B

この日は晴天に恵まれ、池の西側から一周してみました。

IMG_0471 B

区指定名勝 洗足池

洗足池は、 武蔵野台地の末端の湧水をせきとめた池で、 昔は千束郷の大池と呼ばれ、灌漑用水としても利用されました。 池畔の風景は優れ、 江戸時代には、初代広重の浮世絵「名所江戸百景」に描かれるなど、江戸近郊における景勝地として知られていました。 昭和3年(1928)に池上線が開通すると、公園として整備され、 同5年には風致地区として指定されました。
面積は、 周辺を含めると約67,000㎡、 水面の広さは約40,000㎡です。 日蓮が足を洗ったので洗足池というとか、袈裟をかけたといわれる袈裟掛けの松のある御松庵など、日蓮にまつわる伝承も残されています。 また池畔には この地を愛した勝海舟の墓や西郷隆盛(南州)の留魂祠・詩碑などがあります。
池の西北部一帯は桜山と称し、桜の名所で、 区内有数の景観に富むところとして貴重です。
           
     大田区教育委員会


かつては、池の東に勝海舟晩年の邸宅「千束軒」がありました。
1864年(慶応4)3月、江戸城明け渡しと徳川慶喜の処分について、三田の薩摩藩蔵屋敷で、西郷隆盛と会見したのちも、海舟は官軍の薩摩勢が本陣をおいた池上本門寺を再三訪ねました。隆盛とともに、洗足池の風光明媚を愛でたことが縁で、明治維新後に海舟が藁葺の別邸を建てましたが、戦災で焼失。

現在は勝夫妻の墓が残っています。

 勝海舟の墓

IMG_0500 B

IMG_0501 B

 大田区文化財
 
 勝海舟夫妻の墓

勝海舟、諱(いみな)は義邦、初め麟太郎、後に安房または、安芳と改め、海舟と号した。文政6年(1823)江戸に生れる。幕臣として万延元年(1860)威臨丸で渡米、海軍奉行となり明治元年(1868)江戸開城に尽力する。
維新後は海軍卿、伯爵、枢密顧問官などを歴任し、漢詩、書を好み、高橋泥舟、山岡鉄舟とともに幕末三舟と称せられた。
洗足池やその周辺の風光を愛し、明治32年(1899)没後遺言によりこの地に葬られた。
別荘千束軒(現在は大森六中)で次の歌をよまれた。
 千束村の別墅に 楓樹数株を植ゑて
 うゑをかば よしや人こそ 訪はずとも
 秋はにしきを 織りいだすらむ
 染めいづる 此の山かげの 紅葉は
 残す心の にしきとも見よ
                  (飛川歌集より)
昭和49年2月2日指定 大田区教育委員会

勝夫妻の墓の隣には「西郷隆盛留魂碑」が建っています。

IMG_0490 B

IMG_0489 B

IMG_0492 B

西郷隆盛留魂祠

隆盛が西南戦争で倒れた二年後の1879(明治12年)葛飾の浄光院に海舟が自費で建てたもので、1913年(大正2年)に荒川の堤防工事に伴い、当地に移建されました。

留 魂 祠
 一、祭神 南洲西郷隆盛先生
 一、例祭 毎年九月二十四日
     
由 緒
 
 明治維新の英傑、西郷南洲(隆盛)勝海舟の両先生は、大政奉還後の江戸城明け渡し交渉によって、江戸の町を戦火より救われ、首都東京の基を築かれたことでも著名ですが勝先生は、晩年、この洗足池畔に洗足軒と呼ぶ別邸を設けられ、南洲先生と日本の将来について歓談されたと伝えられます。南洲先生はその後、明治十(1877)年の西南戦役により、故郷鹿児島において子弟三千余と共に逝去されましたが、これを惜しまれた勝先生は、追慕のため南洲先生の漢詩を建碑されさらに明治十六(1883)年、その魂魄を招祠して留魂祠を建立せられました。留魂祠の名は、漢詩「獄中有感(ごくちゅうかんあり)」の「願留魂魄護皇城(ねがわくはこんぱくをとどめてこうじょうをまもらん)に由来するものです。
 この留魂祠は、もと東京南葛飾郡大木村上木下川(現、葛飾区東四ツ木1-5-9)の薬妙寺境内にありましたが、留魂祠、大正二(1913)年、石碑とともに現在の地へ移されました。右隣には勝先生御夫妻の奥津城(御墓所)があり、維新の両雄は、いまなほ相並んで我国の将来を見守っておられるのです。
                            南洲会

勝海舟と西郷南洲(隆盛)の偉業をたたえた徳富蘇峰の詩碑

IMG_0495 B

IMG_0496 B

IMG_0497 B

他にも隆盛の偉業をたたえた碑があります。

IMG_0499 B

公園は整備されていて、一周1.2kmの池の周りの風光明媚な景色を楽しむことができます。

IMG_0485 B

IMG_0486 B

IMG_0487 B

弁財天

IMG_0488 B

IMG_0472 B

源頼朝の名馬「池月」の像

IMG_0480 B

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。




にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

大田区洗足池! 

大田区洗足池!は素晴らしい所ですね!
来年何とかして行って見たいものです!
東京のノートに記録しました。
ありがとうございました。

四方さんへ 

お天気の良い日は、洗足池の散策お勧めですよ!

アップダウンがないので、軽い運動になります。
  • しずか 
  • URL 
  • 2013年05月31日 21時13分 
  • [編集]
  • [返信]

テンプレート! 

このテンプレートは見やすく、読みやすく、写真も素晴らしくて大変好いですね!

四方さんへ 

旅行記に入る前に、新しくしてみました(#^.^#)

今日から記事を書いていこうと思いますので

また読んでくださいね!

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
18位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

右サイドメニュー