FC2ブログ

大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

大原重徳の墓

谷中霊園には、大原重徳の墓もあります。

大原重徳とは

権中納言・大原重尹の五男として京に生まれる。文化6年(1809年)に光格天皇の侍童となり、文化12年(1815年)に宮中に昇り、孝明天皇に重用される。
安政5年(1858年)には日米修好通商条約の調印のための勅許を求めて老中・堀田正睦が上洛すると、岩倉具視らと反対して謹慎させられる。文久2年(1862年)、薩摩藩の島津久光が藩兵を率いて献策のために上洛すると、赦免された重徳は岩倉の推薦で勅使として薩摩藩兵に警備されて江戸へ赴いた。江戸では、薩摩の軍事的圧力を背景に攘夷の決行や、一橋慶喜(徳川慶喜)を将軍後見職、前福井藩主・松平春嶽を政事総裁職に任命することと両名の幕政参加を老中の板倉勝静や脇坂安宅らに迫り、これを飲ませた(文久の改革)。
京都に戻ると国事御用掛などを務める。翌年には同じく朝廷に献策していた長州藩の薩摩藩を批判する内容の勅書を改竄すると罪を問われて辞職する。元治元年(1864年)に赦免され、慶応2年(1866年)には親幕派の中川宮や二条斉敬らの追放を試みるが失敗して幽門させられる。
後に許されて、明治元年(1868年)には従二位・権中納言に進み、参与・議定など新政府の役職を務め、明治12年(1879年)に薨去、享年79。同年4月3日、贈正二位。(Wikipediaより)

IMG_0179 B

IMG_0178 B

大原重徳墓

 幕末・明治維新期の公卿で、大原重尹の五男として享和元年(1801)10月16日京都に生まれた。 天保2年(1831)従三位右近衛権中将。 天保9年(1838)兄重成の死去により大原家6代の当主となった。嘉永6年(1853)ペリー来航以来攘夷論を主張し、安政%5年(1858)日米修好通商条約の勅許に反対して、水戸藩前藩主徳川斉昭の許に赴こうと密かに出京したが失敗した。文久2年(1862)左衛門督に任ぜられて、勅使として江戸に下り、辰の口くち伝奏屋敷から江戸城に臨み、将軍家茂に幕政を改革し攘夷の方策を整うべしとの勅諭を伝達した。これによって一橋慶喜の将軍後見職、松平慶永(春岳)の政事総裁職就任が実現した。 王政復古派の公卿の一人として活躍し、慶応3年(1867)12月9日の夜小御所で開かれた御前会議(小御所会議)では、山内豊信(容堂)、松平慶永ら公儀政体派と論争し、この会議で徳川慶喜の辞官(内大臣の辞退)、納地(所領の返上)が決定した。
維新後に刑法官知事、議定、集議院長官等に任ぜられたが、明治3年(1970)官を退き、麝香間祇候じゃこうのましこう(非職となった重臣に与えられた称号)を命ぜられた。 明治6年家督を重実に譲り、同年11月麝香間祇候会議の発足にあたり、その発起人のひとりとなった。 明治12年(1879)4月1日79歳で死去した。 贈正二位。 墓域左手に閑院宮載仁親王の篆額による勅撰神道碑がある。

東京都教育委員会

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。




スポンサーサイト



Comment

谷中霊園! 

昨年寛永寺から最後の将軍慶喜のお墓見たかったので歩いて探したのですが、中々見つからないが、多くの有名人のお墓がぞろぞろありました。
係りの方を見つけて場所を聞いてやっと見つけた次第でした!
東京には有名な青山墓地など有名な墓地が4ヶ所あり墓地を見て歩くだけでも面白いというか、勉強に成りますね!

四方さんへ 

ここは迷路のようですね。
慶喜の墓は、案内板に沿って行けましたが、他の人たちは偶然通りかかり見つけたという具合です。

そういえば青山墓地にはまだ行ってません。
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2013.07/11 10:20分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
73位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
17位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析