大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

晩年の川崎尚之助(2)称福寺

貧しい食生活、心労がたたっのか、慢性肺炎を患い、3人目の身元引受人・根津親徳が東京医学校病院(現・東京大学病院)に入院させましたが、明治8年(1875)裁判中の東京で肺炎のため死去したとされています。

八重が、新島襄と婚約したのは、奇しくも尚之助の亡くなった年でした。

川崎尚之助の遺体は、根津親徳に引き取られ、東京都台東区今戸の称福寺に埋葬されといいます。

IMG_0231 B

IMG_0232 B

IMG_0233 B

しかし、今では尚之助の墓の跡もなく、詳細は不明です。

逸話では、覚馬と八重が東京の尚之助を訪ねた際、ともに京都で暮らし、復興に協力して欲しいと頼んだのですが、裁判があって、東京をj離れることができない尚之助は、裁判のことは告げずに、塾の教師としての仕事があるから行けないと、その申し出を断ったといいます。

最後まで会津を、そして八重のことを思い、自らが犠牲になっていった尚之助を不憫に思います。

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。




にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

川崎尚之助! 

>川崎尚之助の遺体は、身元引受人の根津親徳に引き取られ、東京都台東区今戸の称福寺に埋葬されといいます。
>逸話では、東京に尚之助がいるとの噂を聞き、覚馬と八重が訪ねて行き、ともに京都で暮らし、復興に協力して欲しいと頼んだのですが、裁判があって、東京をj離れることができない尚之助は、裁判のことは告げずに、塾の教師としての仕事があるから行けないと、その申し出を断ったといいます。
そのような事があったのですか!
  • willytsuguoshikata 
  • URL 
  • 2013年08月04日 06時17分 
  • [編集]
  • [返信]

四方さんへ 

この人の晩年についてはまだわからないことが多いですね。
八重との離縁、今晩のドラマではどのように描かれるのか楽しみです。
  • しずか 
  • URL 
  • 2013年08月04日 10時43分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

こんにちは。
お久しぶりです。
うちの母は、最近大河見ていなかったのですが、会津の戦争のあたりから見はじめて、今ではすっかりファンに。
今夜も楽しみにしているようです。
これから徐々に「新島八重」になっていくのですね。
  • YUMI 
  • URL 
  • 2013年08月04日 13時18分 
  • [編集]
  • [返信]

YUMIさんへ 

YUMIさん、お久し振りです!
ご無沙汰していました。

今年の大河は、人気があるのかないのか微妙なところですね(^_^;)
家では、ちょうど日曜の夕食時に、家族そろって見ています。
これから舞台が京都になれば、少しは記事が書き易くなるのですが(*^_^*)
  • しずか 
  • URL 
  • 2013年08月04日 17時20分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
136位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
24位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

右サイドメニュー