大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

晩年の川崎尚之助(1)鳥越明神

川崎尚之助は、天保7年(1836年)11月、但馬国において、出石藩の医師・川崎才兵衛の子として生誕生。
後、江戸に出て、坪井為春らに蘭学、舎密術(化学)を学び、会津藩の山本覚馬と出会い、会津藩藩校・日新館の蘭学所において蘭学を教授し、鉄砲・弾薬の製造も指導。

慶応元年(1865年)、山本覚馬の妹・八重(後の新島八重)と結婚。

会津戦争では、八重と共に鶴ヶ城籠城戦に参加。

会津戦争後に、八重と離別したという説もあるが、明治4年(1871)の戸籍に、川崎尚之助妻として、八重の名が記されています。

二人は離縁しなかったという説もありますが、開城を機に、生き別れになったことは確かなことのようです。

会津松平家の家名存続が許され、下北半島に3万石で立藩された斗南藩に移住。
八重は、城下に戻り、八重と尚之助は生き別れになってしまいます。

斗南での生活は苦しく、旧会津藩が飢餓に直面するのを見て奮起し、函館に渡り、藩士たちを救おうと外国商人と大豆や米の取引を行うが、詐欺事件に巻き込まれ、訴訟を起こされてしまいました。語学堪能な尚之助は、勝訴しましたが、莫大な借金を抱えてしまい、藩に迷惑をかけないため、その罪を一身に背負い、裁判にかけられ、東京に送られます。

東京に移送された尚之助は、身元引受人が3回も変わるトラブルや、食事も満足にできない不遇の生活を送ります。

明治5年(1872)から明治6年(1873)まで名越勝治のもとで世話になりますが、地主のトラブルのため、名越は身元引受人を辞めることに。

次に尚之助は、浅草の鳥越明神にある川村三吉の家に身を寄せます。

現在は、鳥越神社となっていますが、この神社の裏通りに住んでいたそうです。

607798c721f81e89ebb3fccdfe9899cc.jpg

f1b8a52b0436292e8df947c138ae7e2a.jpg

鳥越(とりごえ)神社

当神社は、白雉二年(651)の創建。日本武尊、天児屋根命、徳川家康を合祀している。
社伝によると、日本武尊が、東国平定の道すがら、当時白鳥村といったこの地に滞在したが、その威徳を偲び、村民が白鳥明神として奉祀したことを起源とする。後、永承年間(1046〜52)、奥州の阿 倍貞任らの乱(前九年の役)鎮定のため、この地を通った源頼義、義家父子は、名も知らぬ鳥が超えるの を見て、浅瀬を知り、大川(隅田川)を渡ったということから鳥越大明神と名付けた。以後、神社名に鳥 越の名を用いるようになり、この辺りは鳥越の里と呼ばれるようになった、天児屋根命は、武蔵の国司に なった藤原氏がその祖神として祀ったものとされる。また、徳川家康を祀っていた松平神社(現・蔵前 四丁目十六番付近)は、関東大震災で焼失したため大正十四年に当社に合祀された。
例大祭は、毎年六月九日前後の日曜。千貫神輿といわれる大神輿の渡御する「鳥越の夜祭」は盛大に賑い、また正月八日に正月の片付け物を燃やす行事「とんど焼き」も有名である。
由緒書きにはありませんが、こちらの神社も平将門にゆかりのある神社であるという説があります。
将門の首が飛び越していった⇒飛び越え⇒鳥越と転じて、鳥越という地名になり、また神社の名となったとか、将門の遺体は江戸の各地にばらばらに埋葬され、当社には手が祀られているという説があります。


78baf419d540390c4632de39cde5e8a4.jpg

下町のまちしるべ

9427064291ba3ce1b5a5706958bad179.jpg

旧浅草鳥越二丁目

本町名は、鳥越神社にちなんで付けられた。この付近は平安時代後期の頃(1185)まで白鳥村と言われていた。日本武尊が東国平定のため東征するおり、この地にしばらくとどまったことから村の人々はそのご威徳を慕い尊び、白雉二年(651)白鳥山の山上に白鳥大明神を祀った。その後、永承(1046-1053)の頃、源義家親子の率いる軍勢が奥州征伐のため大川を越えようとする時、白い鳥に浅瀬を教えられ無事渡ることができた。義家公はこれ白鳥大明神のご加護とたたえ、鳥越大明神の社号を奉った。


八重と覚馬が、川崎尚之助の噂を聞き、小野組転籍事件で拘留された槇村正直の解放を求め上京した際、川村三吉の自宅を訪れた、という逸話がありますが、それを裏付ける資料はないそうです。

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。




にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

Comment

川崎尚之助! 

>この付近は平安時代後期の頃(1185)まで白鳥村と言われていた。日本武尊が東国平定のため東征するおり、この地にしばらくとどまったことから村の人々はそのご威徳を慕い尊び、白雉二年(651)白鳥山の山上に白鳥大明神を祀った。現在の鳥越神社にちなんで付けられた諭旨。日本武尊の件は知っていましたが今は浅草鳥越神社になっている諭旨は初めて知りました。ありがとうございました。

四方さんへ 

いつもコメントありがとうございますm(__)m

ここは、平将門を追って訪ねたのですが、ここで使えるとはその時思っていませんでした(#^.^#)
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2013.09/04 10:03分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
119位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
23位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析