fc2ブログ

大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「どうする家康」「鎌倉殿の13人」「青天を衝け」「麒麟がくる」「いだてん」「西郷どん」「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

中村家住宅 結城秀康の胞衣塚

浜松市雄踏町の中村家住宅の庭に、結城秀康胞衣塚が残されています。
1574年2月8日、家康の次男(幼名・於義丸、後の結城秀康)がこの中村家で生まれました。
母親は家康の側室・お万の方で、出産時の胞衣をこの胞衣塚に埋めたといいます。また、胞衣塚上の梅は家康のお手植えと伝えられ、数代を経ているそうです。
1884年、越前松平一門家が塚の由来を記した胞衣塚碑を建立しました。

中村家住宅

20060701_125893.jpg

胞衣塚

20060701_125894.jpg

家康お手植えの梅

20060701_125895.jpg

胞衣塚がある中村家とは?

1568年、家康が遠江に入国した時、中村家18代正吉は船を出して迎えたり、徳川家に仕え、今切軍船兵糧奉行や代官を勤めていました。
こうした関係から家康の正室・築山御前を恐れたお万の方が、於義丸を浜松城でなく、ここ中村家の屋敷で出産しました。

*中村家初代・中村正範は、源範頼の末裔の武士。

中村家住宅は、1483年に建てられ、平成13年から解体修理、復元されて、現在一般公開されています。


長屋門

20060701_125952.jpg

天井

20060701_125953.jpg

かやぶき屋根

20060701_125956.jpg

主屋の内部

20060701_125957.jpg


(中村家住宅パンフレットより抜粋)

F2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。




スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

大河ドラマに恋して - にほんブログ村

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
6位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析