大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

兵庫の歴史ぐるり旅(27)諏訪神社~神戸教会~花隈城跡

さて、いよいよ三泊四日の旅の最終日になりました!

4日目 11/2(土)

中埠頭(ポートライナー)⇒三ノ宮( バス)⇒諏訪山公園下⇒諏訪神社⇒(徒歩)神戸教会⇒福徳寺⇒花隈城址(徒歩)⇒三ノ宮バスターミナル(高速バス)⇒有馬温泉⇒温泉寺・極楽寺・念仏寺・太閤の湯殿館・善福寺(高速バス)⇒三ノ宮バスターミナル⇒ミント神戸 Pizza&Italian Dining Grill燦(ランチ)三ノ宮(シティループ)⇒北野坂⇒北野異人館(シティループ)⇒新神戸ロープウェー(布引ハーブ館前)⇒神戸布引ハーブ園 (シティループ)新神戸ロープウェー(布引ハーブ館前)⇒三ノ宮⇒三ノ宮センター街⇒元町商店街 パティスリーグレゴリーコレ(徒歩)⇒ハーバーランド駅(地下鉄)⇒中央市場前⇒兵庫城跡⇒中央市場前(地下鉄)⇒ハーバーランド駅⇒神戸ハーバーランドumie 神戸プレミアムブランドステーキBEKO⇒JR元町⇒新大阪⇒(新幹線)浜松

この日もぎりぎりまで精力的に回ります

ポートライナーで三ノ宮に出て、市バスで諏訪山公園下で下車。

そこから坂道をのぼって諏訪神社

IMG_3354 B

この坂、なだらかそうに見えますが、歩いてみるとキツイ

次の鳥居

IMG_3357 B

またまた次の鳥居

IMG_3359 B

え~~~まだ階段~~

見下ろすとこんな感じ

IMG_3368 B

でも、その先にはこんなに立派な門と社殿が待っていますよ

IMG_3367 C

IMG_3362 C

諏訪山にある諏訪神社は、古来より当地の大氏神として皇室、武門武将の崇敬篤い古社として知られています。

IMG_3364 C

あの源義経さまも、源平合戦の折に武運を祈ったと伝わっているとのことで、ぜひ一度参拝しなくては!と前々から思っていました。

そして、今年当ブログでテーマとしている新島八重さん、新島襄さんにも関係があったからです。

明治21年4月、新島襄は東京で倒れ、八重は神戸から船で鎌倉で療養する襄のもとに駆けつけました。
医師から襄の心臓病は治らないと告げられ、八重は悲しみに暮れましたが、12月になると、神戸の諏訪山公園の近くに二人で家を借ります。

こういうところにも、何事にもめげない八重の前向きな姿勢を感じますね。

当時、諏訪山公園は、和楽園と呼ばれており、ここで約一年保養生活を送りました。
夫妻は、ともに空気銃で遊んだり、神戸での生活を楽しんでいたようです。

同志社大学設立運動の募金活動を通じて交流があった広瀬宰平(幕末明治期に住友財閥と大阪財界発展の基礎を築いた実業家)は、襄を見舞いに訪れ、夫妻を同じ諏訪山にあった広瀬家別邸の晩餐に招待したそうです。
諏訪山に住んだのは、襄の療養の他、大学設立のための寄付金集めや、神戸教会などとの交流も目的であったとされています。

その神戸教会は、この諏訪神社から坂を下った花隈町にあります。

IMG_3371 B

IMG_3374 B

明治10年(1877)11月、神戸教会の献堂式に新島夫婦で出席。
海水浴や保養を度々楽しんだそう。

神戸教会は、襄が所属するアメリカンボードが創建した西日本最初のプロテスタント派教会。
現在の建物は、昭和7(1932年)に再建されたものです。

激動の時代をくぐり抜けてきた二人が、落ち着いた時間を過ごせたのは神戸だったのですね。

神戸教会を過ぎ、花隈駅に向かう途中に花隈城跡があります。

IMG_3400 花隈公園 正面

IMG_3399 花隈公園

正面の石垣
IMG_3401 石垣 正面

IMG_3398 石垣 正面

JR元町と高速鉄道花隈駅の中間に花隈公園があり、この公園の中にあるのが、花隈城跡なのですが、花隈公園は、城の一部にすぎず、実際の城は、東西約350m、南北約200mの範囲だったと推定されています。

地下は駐車場となっています。

IMG_3395 駐車場

IMG_3397 駐車場

花隈城は、中国地方に勢力を伸ばすため、織田信長荒木村重に1574年に修築、一年程度で完成させたとされています。
築城には近江の「穴太衆」を呼び出し、かなりの石垣を使用したそうです。

東側石垣
IMG_3402 花隈公園 東側

北側入り口
IMG_3379 花隈

階段を上がると公園になっています。

IMG_3380 花隈

IMG_3381 花隈

花隈城は、台地の先端に建ち、要塞の地でした。

後に村重は、信長に突如謀反を起こし、有岡城の戦いで有岡城を失い、尼崎城も追われ、花隈城に逃げ込み、本願寺勢力とともに信長軍と戦いますが、池田恒興(信輝)・輝政父子に攻められ、花隈城も落城。
その功により、信長より兵庫の地を与えられ、摂津国の大守になった池田恒興は、花隈城を廃城とし、兵庫津に兵庫城を築きました。築城の際、花隈城の落城後の部材を使用したといいます。

現在、花隈公園には、兵庫県南部地震の時崩壊した碑を模造して復旧した「花隈城址」の碑が建っています。
池田輝政公の子孫・池田宣政公爵が昭和3年(1928)に建立。

IMG_3385 花隈

IMG_3383 花隈

IMG_3384 花隈C
 
花隈城跡 

花隈城は、永禄10年(1567)織田信長が中国へ勢力を伸ばす手段として、この土地に、摂津の有力な武将荒木村重に命じて築かせた城である。のち天正6年(1578)村重が信長にそむいたとき、花隈城は池田信輝らに攻められて、天正8年(1580)8月2日ついに落城した。城の地点は海に面して突き出たハナクマの名の通りの台地で、海陸の要害地である。城の規模は古図によると、本丸の西北隅に天守、東南隅に櫓を設け、二の丸、三の丸と北に続き、その東に侍町と足軽町があり、近世城郭の形態を完備した偉容を示していたと伝えられるが、建物の構造などは詳しくわからない。城の西には花隈町があった。現在の地形では大体東は県庁、西は善福寺(モダン寺)、南は国鉄高架線、北は市電山手線の区域で、東西約350メートル、南北約200メートルであったと思われる。          昭和44年3月


模擬天守台
IMG_3387 復興天守台

IMG_3388 花隈

復興天守台からの眺望
IMG_3389 復興天守台からの眺望

IMG_3390 天守台

石垣の北側にはお地蔵さまが祀られています。

IMG_3393 石垣

IMG_3391 地蔵尊

IMG_3392 地蔵尊

これらの石仏は、お地蔵さまと共に、荒木一族の子孫により祀られているとのことです。

花隈公園の西側にある福徳寺は、花隈城の天守閣があった場所とされています。

IMG_3376 福徳寺

現在は、門前に石碑が残るのみです。

IMG_3377 石碑

さて、歩いて三ノ宮へ戻ります。




兵庫のお城をめぐるブロガー紀行

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。




にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

今日の行動も半端じゃないですね。
遠方から来られて、迷わずこれだけ廻れるのは、
才能と体力、
地元の私でもこれだけは、まわれません。

ただただ、スパー猛烈歴女に敬服です。
四日間、お疲れさんでした。
  • posted by ラメール 
  • URL 
  • 2013.11/29 01:20分 
  • [Edit]

NoTitle 

神戸教会で、結婚式がいいなあ~
  • posted by シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2013.11/29 05:01分 
  • [Edit]

諏訪神社~神戸教会~花隈城跡! 

諏訪神社~神戸教会~花隈城跡!
見事な撮影と写真です!
此処は行ったことが無いので是非行こうと思慮しています!
ありがとうございました!
  • posted by willytsuguoshikata 
  • URL 
  • 2013.11/29 05:08分 
  • [Edit]

NoTitle 

この階段を登られたのですか?
すごい。
階段だけでなく、行動範囲が本当にすごいです。
また京都でもたくさんまわられるのでしょうね。
  • posted by YUMI 
  • URL 
  • 2013.11/29 06:37分 
  • [Edit]

ラメールさんへ 

大阪のホテルに到着しました!

コメントありがとうございます。
最終日まで執念で日程を何とかこなしました。
階段、坂の連続で健脚になれたようです(笑)
  • posted by  
  • URL 
  • 2013.11/29 21:22分 
  • [Edit]

シネマ大好き娘さんへ 

シネマ姉さんは、教会結婚式が良いの?
  • posted by  
  • URL 
  • 2013.11/29 21:23分 
  • [Edit]

四方さんへ 

神戸の新旧、和と洋・・・いろいろな顔を見ることができました!
諏訪神社は特にお勧めです!
  • posted by  
  • URL 
  • 2013.11/29 21:24分 
  • [Edit]

神戸 

八重と新島襄は1年間も神戸にいたのですね。
ドラマでは、その部分はパスされていますね。
ただただ大学設立のため、命を削ってでも懸命に働く襄の姿が強調されています。

花隈城址。思ったより広くて、整備されているのですね。
諏訪神社と神戸教会、そして花隈城址が近いとは、ラッキーでしたね。
  • posted by merry 
  • URL 
  • 2013.11/30 20:57分 
  • [Edit]

merryさんへ 

神戸に滞在したところも描いて欲しかったですね!

諏訪神社から下ってくるコース、自分でもよく組めたと思っています(笑)
  • posted by  
  • URL 
  • 2013.11/30 21:13分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
103位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
18位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析