大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

兵庫の歴史ぐるり旅(28)官兵衛や秀吉が傷を癒した有馬温泉

有馬温泉といえば、日本三古湯のひとつに数えられる日本を代表する名泉の一つでです。

三ノ宮からの移動手段を調べたら、便利なことに高速バスが出ているのですね。

IMG_3405 JRバス

これに乗れば、乗り換えもなく、わずか30分ほどで到着できます。

私は今回初訪問でしたが、お目当ては温泉に入ることでなく・・・
黒田官兵衛太閤秀吉ゆかりの地だからでありますヽ(^o^)丿

有岡城に約1年もの間幽閉された官兵衛は左足が不自由になり、有馬温泉で湯治したといわれています。

読売新聞の記事によると、

官兵衛が死の4か月前に、湯治をしていた有馬温泉から福岡の息子の長政に自らの病状を語った書状が見つかったそうです。

書状は、如水、長政が出したほかの6通とともに巻物に仕立てられており、福岡市博物館が昨年、京都の古書店で見つけ、購入したそうです。

また秀吉は、天正11(1583)年、初めて傷を癒しに有馬を訪れ、その後もねねを同伴し、再三有馬を訪れており
慶長2年(1597年)には、伏見地震で被害を受けた有馬温泉の大規模な改修工事を行いました。

バスを降りるとすぐに見えてくるのが

太閤橋

IMG_3406 太閤橋

IMG_3408 太閤橋

秀吉は、天下統一前に初めて有馬温泉を訪ね、体を癒したといいます。

その後も再三有馬を訪れ、建物の改修工事を行ったそうです。

IMG_3407 太閤橋

今日の有馬温泉の発展には、秀吉の尽力があったというわけですね。

そしてねね橋には、ねねの像が立っています。

IMG_3416 ねね像

太閤通から阪急バスの案内所前の階段を上がると、善福寺の山門が見えてきます。

IMG_3417 太閤通り

善福寺は、行基が開基、その後、仁西上人が再興しました。

IMG_3517 善福寺

本尊は、一光三尊阿弥陀如来像。もとは新羅王から聖徳太子に贈られ、後に源満仲の念持仏として川辺郡多田院に安置させたものが、1333年に移されて善福寺の本尊となりました。
聖徳太子南無仏像は、鎌倉時代中期の作で国の重要文化財に指定されています。

また、阿弥陀堂釜は、阿弥陀堂住職の頭の形を面白がった秀吉が千利休に命じ、その形に似せて、天下一の釜師といわれた与次郎に作らせたという茶釜です。

秀吉は千利休とともに度々茶会を開いており、毎年11月2日には太閤を偲んで有馬大茶会の献茶式が行われます。
そう、まさにこの日がそうだったのです
境内には、利休の供養塔があります。

IMG_3518 利休供養塔

このように、善福寺は、有馬温泉を愛した秀吉にゆかりの深い寺で、住僧は、湯山代官の一人で、「一の湯」の灯明を献ずる寺「灯明坊主」として、秀吉から扶持米が給されていたといいます。

境内の枝垂れ桜は、糸桜と呼ばれ、神戸市の木に指定されているそうです。
桜の時期にまた訪ねてみたいものです!

善福寺から湯本坂を上り、温泉寺

IMG_3424 温泉寺

724(神亀元)年、行基が有馬温泉を開いたとき、みずから薬師如来像をつくり、堂を建てて安置したのが始まりと伝えられ、鎌倉時代、仁西が再興し、中輿の祖としています。

薬師堂
IMG_3430 温泉寺

1576(天正4)年火災で焼失しましたが、秀吉によって改修が行われ、薬師堂は、北政所によって再建されました。その後、再び火災に遭い、1782年に現在の薬師堂が建てられましたが、明治の廃仏毀釈によって、温泉寺は廃寺となり、薬師堂だけが残されました。

温泉寺境内には池之坊満月城遭難者慰霊塔があります。

1968年(昭和43年)の老舗旅館・池之坊満月城火災により、246人の宿泊客のうち30人が死亡、44人が負傷する大惨事であったそうです。

池之坊満月城遭難者慰霊塔
IMG_3429 池之坊慰霊塔

薬師堂の両脇に鎌倉時代末の作と言われる五輪塔が二基ありますが、平清盛と慈心坊尊恵の塔と伝えられています。

鎌倉時代末の作とされる五輪塔が2基あり、向かって左側のが清盛の石塔、右側のが慈心坊尊恵という僧の石塔とされています。

この二人の伝承はこちらをお読みください。

        
IMG_3425 五輪塔

清盛の五輪塔
IMG_3427 五輪塔

慈心坊尊恵の五輪塔
IMG_3426 五輪塔

清盛は有馬温泉に来たという正式な記録は残ってないそうですが、このような五輪塔があると、もしかしたらあるのかもしれませんね~

温泉寺の本堂右側の階段を上がると、湯泉神社があります。

IMG_3432 湯泉神社

ひえ~~またもや階段が

IMG_3433 湯泉神社

妙見堂
IMG_3434 妙見堂

温泉守護神として崇敬されている湯泉神社は、大己貴命・少彦名命・熊野久須美命の三神をお祀りしています。
『日本書記』には舒明天皇、孝徳天皇、白河法皇の参拝も記録されています。

子宝・子授けの神としても有名で、子宝に恵まれない人は、有馬の湯に浴し、当社で祈願すれば子宝に恵まれると伝えられています。

IMG_3435 湯泉神社

ここには、秀吉時代の野面積の石垣が見られます。

IMG_3438 石垣・帯曲輪

IMG_3437 石垣・帯曲輪

IMG_3439 石垣

豊太閤の碑
IMG_3440 豊太閤之塔

続いては念仏寺です。
 
念仏寺の創建は1538年(天文7)で、本尊は阿弥陀如来立像(快慶作)。

IMG_3447 念仏寺

IMG_3448 念仏寺

ここに秀吉が、北政所のために別荘を建てたといいます。

秀吉・政所館跡
IMG_3449 秀吉・政所館跡

1703年(元禄16)の有馬大火災により焼失、1712年(正徳2)に再興。 

有馬温泉レポ続きます



兵庫のお城をめぐるブロガー紀行

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。




にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comment

温泉寺! 

ねねの像は撮影してブログに掲載しました。
有馬温泉3回も泊まっているのにこの温泉寺は参拝したことが無いです!
来年春行こうと思っています!
  • posted by willytsuguoshikata 
  • URL 
  • 2013.12/01 07:08分 
  • [Edit]

NoTitle 

有馬温泉は行きたいと思っているので、参考になりました。
  • posted by YUMI 
  • URL 
  • 2013.12/01 07:40分 
  • [Edit]

NoTitle 

新婚旅行は有馬温泉にするね~
  • posted by シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2013.12/01 08:28分 
  • [Edit]

四方さんへ 

さすがですね!
三回も行かれているのですね!
私も一度ぐらいは温泉に浸かってみたいです(笑)
  • posted by  
  • URL 
  • 2013.12/02 07:35分 
  • [Edit]

YUMIさんへ 

参考になれば嬉しいのですが、何しろ温泉には入ってないので(苦笑)
今度はのんびり旅を心がけてみます!
  • posted by  
  • URL 
  • 2013.12/02 07:36分 
  • [Edit]

シネマ大好き娘さんへ 

それが良いね!

ぜひぜひお奨めです!
  • posted by  
  • URL 
  • 2013.12/02 07:38分 
  • [Edit]

有馬温泉 

私も有馬温泉には何度か行ってますが、ロープウェイ、タクシー、有馬電鉄、バスの4つの交通手段を使っています。
やっぱり一番良かったのがバスですね(笑)

秀吉ゆかりの地とは知っていましたが、官兵衛や清盛ゆかりの地でもあるのですね。
これは一挙両得ですね(笑)

  • posted by merry 
  • URL 
  • 2013.12/04 20:55分 
  • [Edit]

merryさんへ 

そんなに何度も行かれているのですか!
行く前にもっといろいろ聞いておけば良かったかな?
そうそう、まさか清盛さんまでここに行っているとは思いませんでした!
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2013.12/05 01:54分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
103位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
18位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析