大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

山本覚馬の墓

2 2013051422400107e

会津藩の砲術師範であった父・権八・母・佐久の長男として誕生。幼少から優秀で、藩校日新館で学びました。
22歳、25歳の二度にわたり、江戸に出て、佐久間象山の塾で西洋砲術を学び、28歳の時会津に戻り、藩校日新館の教授となって、蘭学所を開設。教授として、出石藩医の子・川崎尚之助を招へいしました。
蘭学所開設と前後して、覚馬はうらと結婚。

文久2年(1862)、京都守護職に就任した会津藩主・松平容保に従って、京に上り、寺の一角で洋学所を主宰。
しかし、京では、8月18日の政変、池田屋事件、禁門の変などが起き、会津藩は、長州藩らから恨まれるようになります。この頃から覚馬は眼病を患い、視力を失い始めました。

1868年、鳥羽伏見の戦いが勃発。
覚馬は、戦いを止めさせるため、京から大阪に向かいましたが、途中で薩摩兵に捕えられてしまいます。

薩摩藩邸に幽閉されていた山本覚馬は、新政府首脳陣・西郷隆盛や岩倉具視らにより建白書「管見」を高く評価され釈放。
明治3年(1870年)、京都府顧問として登用されました。

当時、権大参事として府政の実権を握っていた槇村正直の顧問として、小中学校・女学校・病院・医学校などの設立に尽力し、京都鉄道の敷設願書を当局に提出するなど、京都の近代化に貢献しました。

当時、覚馬は、槇村正直の屋敷の隣りに住んでいたとされ、その場所は、今の河原町交差点辺りといわれています。

明治4年には、覚馬の邸に八重、母の佐久、娘のみねが米沢からやって来て、覚馬の側女の小田時栄も同居するという奇妙な生活が始まりました。この時、覚馬は44歳、八重は26歳、そして時栄は、なんと18歳だったといいます。
覚馬は、うらと離婚。時栄との間に久栄が誕生。時栄と結婚します。

IMG_9949 B

向かい側には、京都ホテルオークラがあります。

IMG_9950 B

1875年にアメリカ人宣教師M.L.ゴードンを通して、キリスト教を学び、日本を変えるには、キリスト教の力が必要だと信じるようになりました。
そして、ゴードンの紹介で知り合った新島襄の計画を知り、自分が幽閉されていた薩摩藩邸の敷地を学校用地として襄に安価で譲渡し、同志社英学校設立に協力しました。

3 201305142315557fe

4 201305142315562d7

明治10年(1877年)に、京都府顧問を免職されましたが、2年後の京都府会選挙で選出され、初代議長に。

明治18年(1885年)には、京都商工会議所会頭に就任。この年、妻・時栄、娘・久栄とともにキリスト教徒になりました。

覚馬と新島襄はともに大学設立に奔走し、襄の死後、後を受け、同志社臨時社長に就任。同志社の発展に尽力しました。

明治25年(1892)12月28日、自宅で永眠しました。享年65。

覚馬は、襄、八重、娘の久栄らとともに同志社墓地に眠っています。

山本覚馬の墓
IMG_0132 山本覚馬の墓

山本久栄の墓
IMG_0134 山本久栄の墓

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。




にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

なんか、日本のお墓はスタイリッシュではないですね~

外国のお墓がいいにゃ~ん
  • posted by シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2013.12/09 17:57分 
  • [Edit]

シネマ大好き娘さんへ 

たしかに日本と外国の墓地は雰囲気がまるで違いますね!
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2013.12/09 22:11分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
167位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
33位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析