大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

茶人「新島宗竹」として

襄の死後、八重は新島邸で、42年の間独居生活をします。

IMG_0005 B

明治27年(1894年)、日清戦争が始まった年、八重は、裏千家の家元・千宗室(円能斎)に入門。
女紅場時代、裏千家の11世家元・玄々斎の長女も茶道師範として勤務していたことが縁でした。
熱心な稽古を続け、円能斎直門の茶道家として茶道教授の資格を取得。
茶名「新島宗竹」を授かりました。

IMG_9896 B

20130515201031709.jpg

その後、八重は女子教育に茶道を取り入れ、自分でも教えるだけでなく、府立第一高等女学校(現・鴨沂高校)、京都市立第一高等女学校(現・堀川高校)に「茶義科」を開かせ、裏千家流を広めることに貢献しました。

新島邸に作った茶室「寂中庵」
IMG_0033 B

大正12年に圓能斎から受けた茶道奥秘大円伝法が飾られています。

IMG_0032 B

茶室に掲げられた扁額は圓能斎の筆

IMG_0035 B

今でこそ、茶道は女性中心のものでありますが、当時は、男性のものでした。
その世界へ八重が進出して行き、女性を取り込むことで、流れを変えたことは、女子教育の普及に尽力したのと重なります。

八重は生涯を通して「革命家」であったといえますね。

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。




にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

NoTitle 

利休の映画観たいけど~遠い映画館で、たぶん観にいけない>_<
  • シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2013年12月14日 05時17分 
  • [編集]
  • [返信]

茶人「新島宗竹」 

茶人・新島宗竹さんとして42年間も独身で生きて活躍した凄いバイタリテーを持っていた八重さんですね!
女性のバイタリテーは凄い!
家内の入院で18日間15年ぶりの独身生活!
3夜で弁当は飽きてきて、トーストやサンドイッチも食べれる様になりましたよ!
  • willytsuguoshikata 
  • URL 
  • 2013年12月14日 08時04分 
  • [編集]
  • [返信]

シネマ大好き娘さんへ 

あれはメジャーな映画だよね~

なのに遠い映画館なんだろうね~?

四方さんへ 

八重さんの生涯凄いですね!
ころころと変わる姿は、八重さん七変化のようでした(^_^;)

奥さま、退院されましたか。
家に女性がいないと大変でしょう。

NoTitle 

八重さん、40年以上もお独りえ過ごされたのですか。
知りませんでした。
まったく、すごい人です。

YUMIさんへ 

襄さんが亡くなられてからも精力的に活動したのは、一人暮らしの寂しさから逃れるためだったのかもしれませんね。
しかし強い女性です!

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
136位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
24位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

右サイドメニュー