大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

官兵衛の父・黒田職隆(1)

黒田重隆の死後、家督を継いだのは、職隆(もとたか)でした。

父と姫路に来た当初、土豪の争乱が絶えない状況において、職隆の温和で慈愛に満ちた人となりで、武勇もあったことで、自然と主君として仰がれるようになったといいます。

後に職隆は、御着城主の小寺政職(まさもと)に仕え、天文12年(1543年)には政職の敵であった香山重道を討ち取ったり数多くの軍功をあげました。それらの功績から天文14年(1545年)政職は、明石宗和(正風)の娘を養女とし、職隆に嫁がせました。職隆は、小寺の姓と、「職」の一字を与えられ、「小寺職隆」と改称。
父・重隆とともに家老に加えられ、姫路城の城代になり、姫山に永禄新城を築いたといわれています。
そして、貧しい人々のために、大きな長屋を二つつくり、食事や衣服を与えていたそうです。

姫路城の城主に抜擢された翌年の天文15年11月29日(1546年)、姫路城で黒田勘兵衛が誕生するのでした。


にしても、登場人物の名前の読み方が難しいですね

ふりがな必要だわ



兵庫のお城をめぐるブロガー紀行

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。




にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

NoTitle 

ほんまや~

漢字はむずかしいにゃ~ん
  • シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2013年12月25日 04時35分 
  • [編集]
  • [返信]

姓名には振り仮名を! 

ブログではルビが付けられないので(  )書きでふりがなが必要ですね!
  • willytsuguoshikata 
  • URL 
  • 2013年12月25日 09時23分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

ホント、日本史やっててもこれは読めないわ。
生徒たちは、難しいのは読みは関係なく、漢字で覚えているみたいです。
  • YUMI 
  • URL 
  • 2013年12月25日 11時30分 
  • [編集]
  • [返信]

シネマ大好き娘さん、四方さん、YUMIさんへ 

人の名前、地名など、漢字の読み方は何通りもありますものね(^_^;)
黒田家特に読みにくいです!
たしかに、漢字で記憶する方が頭に入りますね。

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
136位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
24位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

右サイドメニュー