大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

黒田家の主君・小寺政職

小寺政職(こでら まさもと)は、播磨御着城主。小寺則職(のりもと)
通称は藤兵衛。

黒田家の主君で、黒田官兵衛が初めに仕えていた人物です。

明石宗和の娘である官兵衛の母は、政職の養女であり、官兵衛の妻はもまた政職の養女で、官兵衛の義理の祖父・岳父に当たります。
政職は、官兵衛の祖父・黒田重隆、父・職隆親子を家老職に引き上げ、姫路城代を任せました。
さらに小寺姓を許し、職隆には自身の1字「職」をも与えました。
官兵衛に自分の姪(櫛橋伊定の娘)を妻にさせるなど、政職が、いかに彼らを厚遇していたかがわかります。

政職は、当初は、播磨の赤松家に従っていましたが、播磨に東から織田信長、西から毛利勢の勢力が迫ってきます。

天正3年(1575年)、どちらにつくか迷っていた政職に、官兵衛は織田への帰属を説得し、政職は官兵衛の進言に従い、織田信長へ巨従を決意。
官兵衛は、自ら使いを立て、巨従を伝え、信長に中国攻めを進言。
信長は、中国地方へ秀吉を差し向けることとし、官兵衛に先導を命じました。

天正5年(1577年)の英賀(あが)の戦いでは、毛利方と戦い、官兵衛の活躍もあって成功します。
この合戦では、5000もの毛利・三木の連合軍をたった500の兵で退けたといいます。
この勝利により、荒木村重を介し、信長から感状を受けています。

今回の「軍師官兵衛」では、片岡鶴太郎さんが小寺政職を演じます。



兵庫のお城をめぐるブロガー紀行

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。




にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

10倍の敵に勝つ秘訣とは、なんでしょうね?!
  • posted by シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2014.01/03 05:54分 
  • [Edit]

5,000人対500人の戦い! 

毛利方は何時でも播磨国を攻めることができる脅しをかける為軍船で5,000名が大坂の石山本願寺と同じ一向宗が守る英賀(あが)城へ来たのであり、本気の戦いではなかった諭旨も伺えます。
  • posted by willytsuguoshikata 
  • URL 
  • 2014.01/03 06:30分 
  • [Edit]

シネマ大好き娘さん、四方さんへ 

10倍の敵に勝つ秘訣とは・・・奇襲攻撃でしょう!

青山の戦いでも、官兵衛は3000の敵に、300の兵で奇襲をかけ、追い返したそうですから!
  • posted by しずか 
  • URL 
  • 2014.01/03 17:16分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
167位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
33位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析