大河ドラマに恋して

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」「真田丸」「花燃ゆ」「軍師官兵衛」「八重の桜」「平清盛」「江」の史跡巡りと歴旅紀行

Entries

官兵衛の妻・光(てる)

Kushihashi_Teru.png

播磨国印南郡(現在の兵庫県加古川市志方町)の志方城主・櫛橋伊定の娘。
小寺政職の従姪であり養女。櫛橋伊則、櫛橋則政、赤松政範室の妹で、井上之房室の姉。本名は光(みつ)。法号は照福院(しょうふくいん)。雅号は幸圓(こうえん)。
1567年(永禄10年)、官兵衛の妻となります。この時、光は15歳、官兵衛は22歳。
櫛橋伊定は、早くから官兵衛の将来性に目をつけていたといい、結婚の一年前に赤合子の兜と胴丸具足を官兵衛に贈っています。

1568年(永禄11年)に黒田長政を、1582年(天正10年)に黒田熊之助を産みます。
側室を持つのが当たり前だった時代に、官兵衛は側室を持たず、生涯ただ一人愛した妻でした。
夫や息子はキリシタンとなりましたが、光は熱心な浄土宗信者で、1602年(慶長7年)に出家し、円応寺(福岡)などの寺院を建立しました。
黒田家譜では「容色麗しく才徳兼備」と称えられています。
光は、小柄な官兵衛に対して、体も大きく、おおらかな女性であったといわれています。

今回のドラマでは、中谷美紀さんが演じます。

※光姫の読み方は「テル姫」が通説であったが、2013年(平成25年)8月、自身が建立した菩提寺である圓應寺(福岡)の蔵書から(ミツ)とルビの記された古文書が発見され、同月26日発表された。(Wikipediaより)



兵庫のお城をめぐるブロガー紀行

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願い致します。




にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

歴女日記ブログランキングに参加しています。
ご協力お願いしますm(__)m


歴女日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

NoTitle 

黒田官兵衛物語が着々と進んでいますね。

志方城には行ってみようと思っています。
  • ラメール 
  • URL 
  • 2014年01月04日 02時07分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

中谷美紀さま、利休の妻役もしてましたよ~
  • シネマ大好き娘 
  • URL 
  • 2014年01月04日 04時00分 
  • [編集]
  • [返信]

黒田官兵衛の妻・光写真! 

黒田官兵衛の妻・光写真!は初めて見ました。
官兵衛亡き後の、仏門に入った姿ですね!
  • willytsuguoshikata 
  • URL 
  • 2014年01月04日 06時29分 
  • [編集]
  • [返信]

ラメールさんへ 

訪問ありがとうございます!

ドラマが始まるまでに、人物相関図を頭に入れておこうと、周りの人物のことを調べています。

志方城の取材よろしくお願いしますm(__)m
  • しずか 
  • URL 
  • 2014年01月04日 12時42分 
  • [編集]
  • [返信]

シネマ大好き娘さんへ 

中谷美紀さん、時代劇では見たことないかも・・・
  • しずか 
  • URL 
  • 2014年01月04日 12時43分 
  • [編集]
  • [返信]

四方さんへ 

私も光さんの肖像画は初めて見ました。

出家前のお姿も見たいですね!
  • しずか 
  • URL 
  • 2014年01月04日 12時45分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

しずか

Author:しずか
毎年の大河ドラマに合わせて旅行、史跡めぐりをしています。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

光 (3)

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
93位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
18位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

右サイドメニュー